Top

山好きなへっぽこ歳の差夫婦が通りますよ。(ただいまお山に行くペースが著しく低下中)
by mumaro_2
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
日々のことやお山のことをぼんやりと書いております。



へっぽこ山登りの記録

■南アルプス
 ・鳳凰三山
 ・烏帽子岳・小河内岳
 ・仙丈ヶ岳
 ・尾高山
 ・日向山
■中央アルプス
 ・木曽駒ヶ岳
 ・越百山(7合目まで)
■八ヶ岳
 ・天狗岳
 ・編笠山・権現岳
 ・北横岳
 ・麦草峠~白駒池
 ・北八ヶ岳(麦草峠~坪庭~雨池)
 ・車山(夏期)
 ・車山(冬期)
 ・坪庭(冬期)
 ・美ヶ原
■奥秩父
 ・瑞牆山
 ・金峰山
 ・大菩薩嶺
■南信州
 ・大川入山
 ・南沢山(冬期)
 ・蛇峠山(無雪期)
 ・蛇峠山(冬期)
■静岡の山
 ・八紘嶺
 ・秋葉山
 ・蕎麦粒山
 ・竜ヶ石山
 ・尉ヶ峰
 ・枯山
 ・越前岳
 ・獅子ヶ鼻トレッキングコース
■愛知の山
 ・岩古谷山
 ・明神山
 ・乳岩峡
 ・鳳来寺山
 ・石巻山
 ・獅子岩
■関西の山
 ・御在所岳
 ・国見岳
 ・鎌ヶ岳
 ・霊仙山
 ・倶留尊山・曽爾高原
■丹沢
 ・鍋割山

≪山ごはん・外ごはん≫



お気に入りリンク

a journey
酔っ払ライダーのブログ
KEN’S NEWS Iターン梨農家の日々
浜松のんびりブログ
のらりくらりと。
light * airy
気ままにのんびり
ぱんだ屋の朝焼け!夕焼け!パンを焼け!
Colors of the Wind
つくねは「たれ」、こころは「しお」


フォロー中のブログ
マルコの気ままな日記
日菓のあれこれ
ピラタスの丘ペンション村ブログ
かぎしっぽ通り
SCRAPBOOK*|エ...
Animal Skin ...
山日和 -今日も いぃ天気-
sousouka
ファブリック帯目線なキモ...
山へ行こうよ クマと一緒に!
山おんなBiyori
inondo 山梨県富士...
お山歩日記
女一人放浪の旅からハ-フ...
light*airy
ひねもすのたり。
カテゴリ
日常
山登り
アウトドア
お出掛け
星撮り
美味しいもの
レシピのような
山道具
移住のはなし
検索
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
more...
その他のジャンル
タグ
(16)
記事ランキング
ブログパーツ
ブログジャンル
ライフログ
"WD-Lazycat1" Skin by
Animal Skin
仙丈ケ岳 その1。 北沢峠~仙丈小屋
こんばんは、嫁っこです。


8月3、4日と、山小屋一泊で仙丈ケ岳に行ってきました!

標高3,033m、「南アルプスの女王」と称される山で

私たち夫婦の(特に私の)憧れの山。。。

念願叶ってこの度ようやく登れることにっ。

更に、今回は初の3,000m越え、初の山小屋泊ということで

楽しみがたくさんあるわけであります。



さてさて。

浜松在住の私たちは、夜中12時過ぎに家を出発。

伊那市の仙流荘に到着したのは5時少し前だったかな?

始発のバスが出る6時まで、少しだけ仮眠・・・・・・・。



そして。

d0071563_21105679.jpg


5時半過ぎ、支度をして外に出る。

ぬおぉ・・・ て、天気が・・・・・。

不安に思いつつも、バス停には既に20人近くの登山客がいたので、私たちも慌てて並ぶ。

と、その前に乗車券を買わねば。

北沢峠まで片道一人1,100円、更に手荷物代として200円。

そうこうしてる内にバスが到着!私たちはギリギリ乗れたけど、

乗り切れなかった人が数人・・・。

すると、すぐ臨時のバスが後ろに来ていました。

うぅ・・・あっちの方が空いてる・・・。

でもこればっかりは仕方がない。

自分のザックに押しつぶされそうになりながら、座席におさまって

北沢峠までドンドコドンドコ山道を行きました。



d0071563_21154768.jpg


北沢峠の長衛荘に到着。標高2,036m。

既にガスが。かなり空気がひんやりしていたので、レインジャケットを着込みました。

他にもたくさんの登山客がいました。

バスを降りてから少しだけお話したおじさまは、鋸に行くとか言っていたなぁ・・・。

かなりの山を登られてるようでした。



d0071563_21165814.jpg


そうそう、今回はこのお方を連れてきました。

おかか先生。

おかか with 朝めし。

登る前にちょっと腹ごしらえなのです。





さて、少しお腹が落ち着いたら行きましょうかね!

私たちが行くのは小仙丈コース。

そして山頂直下の仙丈小屋に泊まるから、時間的にはかなり余裕があります。

だって、7時半に出発して、ゆ~っくり登って5時間かかっても

1時前には小屋に着ける!!

もし天気がよければ、山頂にも行ってこようねと話しながら出発します。



d0071563_21204925.jpg


ガスガスだけど、頑張って行きましょう。



d0071563_2121166.jpg


今回私のザックの重さは10kg。

一体何が入ってるんだ?とオットが不思議そうにしていました。

いやぁ・・・余分なものは入れてないんだけどな・・・。

まぁ、今後色々検討してみなければ。




d0071563_21221349.jpg


ここは、1合目、2合目・・・と、ちゃんと標識があってわかりやすい。

静かな森林の中を歩きます。

この辺りはすごく歩きやすい。




d0071563_21225649.jpg


マルバダケブキ、というお花。

途中の斜面にたくさん咲いていました。




d0071563_2124724.jpg


大滝の頭まで来た!

ここが分岐になってるのね。

まっすぐ行けば小仙丈、右に行けば馬の背ヒュッテの方へ行くのね。

私たちはまっすぐ行きますよー。



d0071563_21271980.jpg


途中、急坂もあり・・・ ちょっと開けた場所に出た!

しかーし真っ白。



d0071563_213143100.jpg


甲斐駒も・・・鋸も・・・ 中央アルプスも北アルプスも、

何も見えず。



d0071563_21321512.jpg


でも、植物たちが可愛い。



d0071563_21323395.jpg


しずくがぷちぷち、この葉っぱはウラジロナナカマド。だと思う。



d0071563_2134444.jpg


こちらはチングルマ・・・で合ってるのか?



d0071563_22393080.jpg


ハクサンフウロも、可愛い。



d0071563_22395161.jpg


おや、あの人だかり。

そうか、ようやくあそこが・・・・・



d0071563_22402324.jpg


小仙丈!!

おかか with 小仙丈。

そしてやはりガス。



いろんな方のブログを見て、この辺りまで来ると

甲斐駒やら北岳やら富士山(天気がよければ)やら、

あちこちの山がどどーんと見えて大迫力!と想像していたけど・・・

いや、きっと晴れてればそうなんだろうけど・・・




d0071563_2242731.jpg


天気のことは仕方がない。

小仙丈についてお昼ごはんを食べていたら、団体さんが去っていって

私たち2人だけになってしまった。

寒い・・・やたら寒い!鼻水が!!




なので、ちゃっと先に進もうか。




d0071563_22432366.jpg


てってけてー。

この稜線にはちょっとした岩場がありました。

でも全体的に登りやすい登山道です。

とはいえ、私たちはへっぽこ登山隊なので・・・

この辺りまで来るともう体力が・・・・・。


ちょっと登って、休んで、でまた登って・・・の繰り返し。

d0071563_22453718.jpg





そして。

d0071563_22455698.jpg


あっ、小屋への分岐だ!!!


ここをまっすぐ行くと山頂。

でもこの辺りで雨が降り出し、もうとにかく小屋へ行こう、ということで

先を急ぎます。



d0071563_22473533.jpg


おー、ガスの中に小屋が見えてきた!



d0071563_2249668.jpg


12時半、仙丈小屋に到着しました~。

元気なご主人、スタッフさんに迎えられ、ほっとしました。




さてさて・・・・・かなり長くなってしまったので、次回に続きます!



※お花の名前、もしかしたら違ってるかも・・・参考にならずスミマセン^^;


d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2010-08-06 22:51 | 山登り
<< 仙丈ヶ岳 その2。 仙丈小屋にて | ページトップ | 編笠山のつもりが・・・。 >>