Top

山好きなへっぽこ歳の差夫婦が通りますよ。(ただいまお山に行くペースが著しく低下中)
by mumaro_2
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
日々のことやお山のことをぼんやりと書いております。



へっぽこ山登りの記録

■南アルプス
 ・鳳凰三山
 ・烏帽子岳・小河内岳
 ・仙丈ヶ岳
 ・尾高山
 ・日向山
■中央アルプス
 ・木曽駒ヶ岳
 ・越百山(7合目まで)
■八ヶ岳
 ・天狗岳
 ・編笠山・権現岳
 ・北横岳
 ・麦草峠~白駒池
 ・北八ヶ岳(麦草峠~坪庭~雨池)
 ・車山(夏期)
 ・車山(冬期)
 ・坪庭(冬期)
 ・美ヶ原
■奥秩父
 ・瑞牆山
 ・金峰山
 ・大菩薩嶺
■南信州
 ・大川入山
 ・南沢山(冬期)
 ・蛇峠山(無雪期)
 ・蛇峠山(冬期)
■静岡の山
 ・八紘嶺
 ・秋葉山
 ・蕎麦粒山
 ・竜ヶ石山
 ・尉ヶ峰
 ・枯山
 ・越前岳
 ・獅子ヶ鼻トレッキングコース
■愛知の山
 ・岩古谷山
 ・明神山
 ・乳岩峡
 ・鳳来寺山
 ・石巻山
 ・獅子岩
■関西の山
 ・御在所岳
 ・国見岳
 ・鎌ヶ岳
 ・霊仙山
 ・倶留尊山・曽爾高原
■丹沢
 ・鍋割山

≪山ごはん・外ごはん≫



お気に入りリンク

a journey
酔っ払ライダーのブログ
KEN’S NEWS Iターン梨農家の日々
浜松のんびりブログ
のらりくらりと。
light * airy
気ままにのんびり
ぱんだ屋の朝焼け!夕焼け!パンを焼け!
Colors of the Wind
つくねは「たれ」、こころは「しお」


お気に入りブログ
マルコの気ままな日記
日菓のあれこれ
ピラタスの丘ペンション村ブログ
かぎしっぽ通り
SCRAPBOOK*|エ...
Animal Skin ...
山日和 -今日も いぃ天気-
sousouka
ファブリック帯目線なキモ...
山へ行こうよ クマと一緒に!
山おんなBiyori
inondo 山梨県富士...
お山歩日記
女一人放浪の旅からハ-フ...
light*airy
ひねもすのたり。
カテゴリ
日常
山登り
アウトドア
お出掛け
星撮り
美味しいもの
レシピのような
山道具
移住のはなし
検索
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
more...
人気ジャンル
タグ
(16)
記事ランキング
ブログパーツ
ブログジャンル
ライフログ
"WD-Lazycat1" Skin by
Animal Skin
タグ:鳳来寺山 ( 3 ) タグの人気記事
Top▲ |
鳳来寺山(684m) 2012年1月5日 初詣ハイク【3】


しとしと雨。寒いけれどすこしうるおいますな。

こんばんは、嫁っこです。初詣レポようやく完結編でござい。。。



≪鳳来寺山(684m) 2012年1月5日 初詣ハイク【1】 はこちら≫

≪鳳来寺山(684m) 2012年1月5日 初詣ハイク【2】 はこちら≫



d0071563_21285734.jpg

鳳来寺山山頂から、瑠璃山へ。


遠く、南アルプスの白い山々をぼんやりと眺めたあとは・・・



d0071563_2129265.jpg

別ルートでの下山となります。

東照宮があるところに出て、そこから本堂に戻り、

登りで通った石段を下りていく予定。




下りの途中、「天狗岩」というところに東屋があるので

そこでお昼ごはんにしよう~ という、我らの計画。

そして。

d0071563_21291727.jpg


d0071563_21292142.jpg

やって参りました天狗岩♪

・・・でも、どこをどう見たら天狗に見える??

もっと遠くからじゃなきゃわからんのかな~リサーチ不足(´ε`;)

まぁそれはそれとして。肝心の東屋は・・・



d0071563_2129399.jpg

滅びすぎ(゚Д゚)

えぇ、近くでみると、結構・・・。




いや、滅びすぎなのも別に良いのだけど ここはものすっごく風が通る。

・・・ので!

もう少し先へ進んだところに、ちょうどよい場所があったのでそこでお昼にしました。



d0071563_2129559.jpg

ココ♪

風はやや強いけど、ちょうどこの場所の裏を通っていくので あまり寒くない。

それどころか。

d0071563_21293392.jpg

雲は多いけれどわりと陽がさしてぽかぽかとね。ありがたいです。



d0071563_21301397.jpg

さてごはんに取り掛かりましょうかね~。

今日の食材・・・

鴨肉と白ネギ(どちらも切れっ端)、三つ葉、うどん、もち



d0071563_21301687.jpg

いつもと同様、材料を入れてぐつぐつするだけ・・・

あ、ちなみに鴨肉と白ネギは家でチンして火を通してきました。

味付けは粉末のうどんだし~ 簡単。そして美味しい!!



どれだけ美味しかったかというと



d0071563_2136428.jpg

もう、こんな感じ。鴨のだしがきいてうま~い。



実はね・・・ 今回、いつも持ってきているスポークを家に忘れてきまして・・・

更に、オットがいつも持ってくるコーヒーセットの中に、ドリップの時使用するお箸が入ってるんだけど

今回は珍しくコーヒーをいれなかったので、それも無く・・・



どうする!?どうする!? 木の枝削るしかない?? なんてアワアワしてたんだけど

私のザックの片隅から、なーんと 未使用の割り箸みっけたーーーー!!

ヽ(・∀・)ノ テッテレー!!!




・・・・・・・・・・。




まぁ割り箸はひとつしかなかったので、オットと代わりばんこで使ったわけだけどね。

それでも本当に助かった~~~。ありがとう割り箸様。




さぁ、お腹もいっぱいになったところで、再び歩きだします。
d0071563_213661.jpg



d0071563_2136886.jpg

小さなアップダウンを繰り返しながら。

よく整備されてサクサク歩けるハイキングコース。


d0071563_21361525.jpg

木の橋も渡ったり・・・・・。

こうしてぐんぐん下っていくと、やがて見えてくるのは

d0071563_21361714.jpg

やって参りました東照宮。

日光・久能山と並ぶ三大東照宮の1社を称している・・・とのこと。すごいところなのね!


d0071563_21361867.jpg

千社札もたくさん。(ついじっくり眺めてしまう)

そして苔むした歴史ある趣。のんびりとした時間が流れてゆきます。

お参りをし、ちゃっかり「商売繁盛」のお守りを買いました(´▽`)

ふふふ・・・



d0071563_2215257.jpg

さぁ、そうしたら、あとは再び石段を下っていくだけ・・・

1,425段あると言われているこの石段。

なんとオットが 「数えてみる!」 と・・・ 何やら張り切っている(;・∀・)



d0071563_22165672.jpg

いや、さすがに無理でしょ~・・・ 途中で飽きるだろうな。

なんて思っていたのですが。

なんとなんとオットはずっと石段を数え続け、



d0071563_22174134.jpg

登山口まで無事下りきったのでありました・・・!!(;゚Д゚)



で、えっと、何段って言ってたんだっけ?(笑)

13・・・・・ いくつか。

1,425段には満たなかった様子。

ん~、本堂から上の方まで含めるのかな?それとも数え方がおかしかったかね~。

まぁ!何はともかく、初詣ハイク 無事に行って参りました。

感謝感謝です☆



鳳来寺山、なかなか見所も多く、そして景色も良く、楽しいお山でした。

またトレーニングがてら登りに行こう。



今回も へっぽこレポを読んで下さった皆々様、ありがとうございました♪






【  主にオットが書く 身麻呂 in はまぞうブログ(浜松・静岡情報サイト) は コチラ~】





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2012-01-17 21:54 | 山登り
鳳来寺山(684m) 2012年1月5日 初詣ハイク【2】


どうも、嫁っこです。早速今回の冬山レポを書きたいところだけど・・・

途中になっている初詣レポの続きをば。


≪鳳来寺山(684m) 2012年1月5日 初詣ハイク【1】 はこちら≫


約1400段の石段を登り、本堂に到着した私たち。

なんとなくどんよりしていた天気だったけど・・・ここへ来て

d0071563_1946309.jpg

青空が顔を出してくれました♪

本堂へお参りをしたら、さぁ、山頂へ向けていってみましょうか。

d0071563_1946413.jpg

更に石段は続く・・・。

d0071563_19463530.jpg

そう、ここは東海自然歩道。故に、とてもきちんと整備がされています。

以前どなたかのブログで、ゴツゴツとした痩せ尾根の写真を見た気がするんだけど・・・

d0071563_19464521.jpg

あ、あれ? どこもかしこも(というのは大げさかもしれんが)ちゃんと階段が付けられているのね。

逆に、歩きにくいという・・・(^^ゞ あ、あんまり文句言っちゃいかんか(汗



それでも、登山道らしき道に入ると 木漏れ日が優しく

d0071563_19464917.jpg

気持ちいい山散歩♪♪



d0071563_19471289.jpg

道中出くわすこちらは、勝岳(しょうがく)不動。

来寺の開祖である利修仙人は自分の寿命を悟り、お供の三匹の鬼に

「ともに死んで鳳来寺の守り神になる」ことを約束させました。

利修仙人は鬼の首を本堂の下に埋めた後、この勝岳不動で亡くなったと伝えられています。



・・・とのこと。



d0071563_19471667.jpg

ここから更に先へ進むと・・・



d0071563_19472221.jpg

奥の院がありました。山頂まで、あとちょっとだねー。


d0071563_19472780.jpg

絶妙なバランスで積まれたケルンの上で、ポンちん記念撮影。


そして奥の院の裏へ回ると、絶景ポイント発見。

d0071563_19473245.jpg


d0071563_19473638.jpg

岩場の上はとても気持ちがいい。しかし、あまりに風が強い・・・(´ε`;)

低山といえど、馬鹿には出来ないですね。気温もなかなかに低いのでは。



d0071563_19474490.jpg

奥の院の近くにたまっていた水も、ガッチガチに凍りついて。

ポンちんとおかかペアのアイスダンスショーヽ(´ー`)ノ



d0071563_1947474.jpg

ここから山頂までは、あっという間。



d0071563_19475028.jpg

鳳来寺山山頂、到着!でも、樹林帯の中で展望がない・・・

ここでオットから

「少し先の瑠璃山まで行ってみる?景色がいいはずだよ」

という提案。

おぉ、それはいい。行ってみよう。



d0071563_19475395.jpg

更に少し進み、こちらが瑠璃山。

山・・・というのか、岩の塊がぽこっとある感じ。この上に登ったら確かに景色が良さそうだなー。

d0071563_19491914.jpg


最初、上には私たちより先に行ったカップルがいらしたので、私たちは待機。

(狭そうな山頂だからね)

そしてカップルが降りてきたら、交代で私たちが山頂へ~。

岩の裏側を、よじよじと登っていきます。

そして。


d0071563_19482454.jpg

わ。パッと視界が開けました。

気持ちいい場所だね~~~。


d0071563_1948399.jpg

おそらくあちらは明神山?

そしてその奥には南アルプスの白い山々が見えましたよ~。

あぁ、望遠レンズも持ってくればよかった・・・。

※写真を見て気付いた。私、ザックのコードがぶらんと出ててスミマセン。



d0071563_19484711.jpg

少し先を見ると、さっきまでここにいたカップルさんが今度はあちらの岩場に。



そしてこのあと、瑠璃山から降りた時にちょうどカップルさんと再び出くわし

「あっちの岩場もいいですよー」と教えて下さったので、私たちも行ってみることに。



し・・・しかし!!



d0071563_1949081.jpg

寒い!すごい強風!鼻水が~~~~!!

・・・ということで、 「あっちが○○かな~」とか何とか指さしながら言っているオットをよそに

私は一人そそくさと樹林帯の中に戻って息をひそめていたのでありました・・・(;・∀・)




さてあとはぐるりと回って下りながら、途中でごはんを・・・。

長くなるので続きはまた改めて☆

ではでは(´▽`)  




【  主にオットが書く 身麻呂 in はまぞうブログ(浜松・静岡情報サイト) は コチラ~】








[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2012-01-16 22:49 | 山登り
鳳来寺山(684m) 2012年1月5日 初詣ハイク【1】


こんばんは 嫁っこです。

さて一昨日の鳳来寺山ハイク、詳細レポを書きますよ( ..)φ


浜松北部の我が家から愛知県新城市の鳳来寺山までは

車で約30分ほど・・・ そう、近いのです。

いや、だからというわけではないんだけど・・・

朝9時出発予定のはずが、気付けば9時半に。

そして現地に着き、歩き始めたのが10時・・・(´ε`;)

d0071563_16522840.jpg

歌碑の案内がある、麓の駐車場からスタート。

お手洗いもあり。

d0071563_16523751.jpg

風情ある門前町を進む・・・ 途中硯屋さんの中で作業中の方を見かけました。

「あれって、ものすんごく力がいるんだってね」 とオット。

そうなのか・・・ 結構高齢な職人さんだったけど、すごいな、現役で頑張ってらっしゃるんだなぁ。



そうそう、鳳来寺山はかなり歴史のある場所のようで あちこちに古い石碑があるのですよ。

あと 多くの歌も残されているのかなぁ、歌碑もたくさんありまして。

d0071563_16525198.jpg

ちなみにこちらは若山牧水。おもしろい像だなぁ~。

お酒と自然を愛した方のようです。



色々眺めたり写真を撮ったりしながらなので、まだ入山してない内からスローペース・・・



あ、でもようやく

d0071563_1653154.jpg

登山口にやって参りました(^^ゞ

さぁここから続く石段が長いそうです。えーと、確か1425段あるそうな。

天気はややどんよりしてるけど・・・ 頑張って行ってみましょ!



d0071563_16539100.jpg

石段というのはつくづく登るにえらい思いをするなぁと思いつつも

なんだかとても赴きのある登山道に、心が和む・・・。



d0071563_1653152.jpg

ちょっと息が切れかかると、オットがすかさず

「出羽三山神社はさ、2500段くらいもあるんだから!」 と。

(オットは二度訪れたことがあるらしい。)

ハイ・・・ 頑張ります(`・ω・´)シャキーン



d0071563_16532241.jpg

おやや、立派な門が。

こちらは徳川家光が建立した仁王門だそうな。

迫力ある金剛力士にご挨拶して、先へ進みます。



d0071563_16532771.jpg

門を過ぎてすぐのところには、「傘すぎ」が。

こちらは樹齢800年なんですって。新日本名木百選に選ばれたとか。



d0071563_16533372.jpg

たくさんのお地蔵さんに見守られながら道中をゆきます・・・

てけてけ。



d0071563_16533917.jpg

そうそう、ここのお地蔵さんたち、みんなほ~んとうに良いお顔をされているんです。

優しいというか、人間らしい表情に見えたなぁ。

その土地により、お地蔵さんの姿って全然違いますよね。

以前とある場所を歩いた時は、ちょっと意地悪そうなお顔のお地蔵さんが多かったなぁ・・・(;・∀・)



d0071563_16535187.jpg

よそ様のブログでも読んだけど、「上に行くにつれ石段が急になる気がする」 と・・・

うん、確かにそうヽ(´Д`;)ノ だんだんとしんどくなる。



でも、


d0071563_16535827.jpg

あ・・・ 青空が見えた!!

わー良かったヽ(´▽`)ノ♪ 俄然やる気が湧いてきます。



d0071563_1653444.jpg

同行したおかか先生も励まして下さいますよ。




そして

d0071563_1654686.jpg

石段の途中にも、歌碑がところどころに。

こちらは若山牧水。

「仏法僧仏法僧と鳴く鳥の声をまねつつ飲める酒かも」

若山牧水が鳳来寺を訪れた時に残した歌だそうな。

ちなみに仏法僧(ブッポウソウ)とは鳥の名。

でも実際に「ブッポーソー」と鳴くのは仏法僧じゃなくてコノハズクだったんだね。

昭和10年にここ鳳来寺山で、ブッポーソーという鳴き声の実況中継をラジオで行なったとか。

うーんなんだか面白そうな話。。。




さてさて、ここから更に登り・・・

気が付けば

d0071563_1654269.jpg

本堂に到着♪

石段はちょっとしんどいけど、意外とあっという間だったかも?

さぁここからもうひと頑張りで、山頂を目指すわけです。



・・・と、続きはまた次回(^^ゞ

今日のところは おやすみなさい☆彡





【  主にオットが書く 身麻呂 in はまぞうブログ(浜松・静岡情報サイト) は コチラ~】








[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2012-01-07 23:14 | 山登り
| ページトップ |