Top

山好きなへっぽこ歳の差夫婦が通りますよ。(ただいまお山に行くペースが著しく低下中)
by mumaro_2
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
日々のことやお山のことをぼんやりと書いております。



へっぽこ山登りの記録

■南アルプス
 ・鳳凰三山
 ・烏帽子岳・小河内岳
 ・仙丈ヶ岳
 ・尾高山
 ・日向山
■中央アルプス
 ・木曽駒ヶ岳
 ・越百山(7合目まで)
■八ヶ岳
 ・天狗岳
 ・編笠山・権現岳
 ・北横岳
 ・麦草峠~白駒池
 ・北八ヶ岳(麦草峠~坪庭~雨池)
 ・車山(夏期)
 ・車山(冬期)
 ・坪庭(冬期)
 ・美ヶ原
■奥秩父
 ・瑞牆山
 ・金峰山
 ・大菩薩嶺
■南信州
 ・大川入山
 ・南沢山(冬期)
 ・蛇峠山(無雪期)
 ・蛇峠山(冬期)
■静岡の山
 ・八紘嶺
 ・秋葉山
 ・蕎麦粒山
 ・竜ヶ石山
 ・尉ヶ峰
 ・枯山
 ・越前岳
 ・獅子ヶ鼻トレッキングコース
■愛知の山
 ・岩古谷山
 ・明神山
 ・乳岩峡
 ・鳳来寺山
 ・石巻山
 ・獅子岩
■関西の山
 ・御在所岳
 ・国見岳
 ・鎌ヶ岳
 ・霊仙山
 ・倶留尊山・曽爾高原
■丹沢
 ・鍋割山

≪山ごはん・外ごはん≫



お気に入りリンク

a journey
酔っ払ライダーのブログ
KEN’S NEWS Iターン梨農家の日々
浜松のんびりブログ
のらりくらりと。
light * airy
気ままにのんびり
ぱんだ屋の朝焼け!夕焼け!パンを焼け!
Colors of the Wind
つくねは「たれ」、こころは「しお」


フォロー中のブログ
マルコの気ままな日記
日菓のあれこれ
ピラタスの丘ペンション村ブログ
かぎしっぽ通り
SCRAPBOOK*|エ...
Animal Skin ...
山日和 -今日も いぃ天気-
sousouka
ファブリック帯目線なキモ...
山へ行こうよ クマと一緒に!
山おんなBiyori
inondo 山梨県富士...
お山歩日記
女一人放浪の旅からハ-フ...
light*airy
ひねもすのたり。
カテゴリ
日常
山登り
アウトドア
お出掛け
星撮り
美味しいもの
レシピのような
山道具
移住のはなし
検索
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
more...
その他のジャンル
タグ
(16)
記事ランキング
ブログパーツ
ブログジャンル
ライフログ
"WD-Lazycat1" Skin by
Animal Skin
タグ:日向山 ( 3 ) タグの人気記事
Top▲ |
日向山ハイキング♪その3
こんばんは、嫁っこです。

今日は宮口で花の舞酒造の蔵開きがありましたね~。

(我が身麻呂は、このイベントの関係で今日はお休みを頂いております♪)

夜になって雨が降り始めましたが、昼間は曇りにとどまっていたので

またすごい人手だったのかな?毎年数千人規模ですから・・・^^;





さてさて。

ようやく、日向山レポも最後です~☆

日帰りなのにやたら引っ張ってしまってスミマセン><





d0071563_20214738.jpg


雁ヶ原を過ぎ・・・ さぁ、これから一気に下っていきますよ~。

色づいたカラマツ、綺麗だなぁ♪



※おっと、私のデジイチは雁ヶ原で力尽きたので、ここからの写真はオットの携帯で撮ったものになります。

(ちなみに私の携帯は車の中に忘れてきたという・・・なんともマヌケな。)

人が写りこんだ状態のものばかりで見苦しいですが、ご勘弁を~^^;




d0071563_20263195.jpg


ここから「錦滝」という滝がある場所を目指します。

所要時間は約20分・・・

登りで通ったコースは、よく整備された緩やかな登山道だったのですが

こちらはなかなか急勾配!!

あちこちに張り出した木の根っこ。

足場が悪い箇所が多いので、写真もほとんど撮らず下ってきました。




私は、いつまで経っても下りが苦手です。

頑張って下ろうとして、「だすっ だすっ」と足をつけてしまう。

ヒザにかなり負担きてるな・・・ と頭ではわかっているんだけど

ずーっと先を歩いてるオットに追いつこうと思うと、ついつい焦ってしまう。

未だ、上手な歩き方が出来ない・・・。





でも、今回は自分としては頑張って下ったかなと思います。

オットのペースになんとかついていけました~^^;

ひたすら歩きながら、





オットの普通のペースは、私にとってのハイペース。

ではオットがハイスペースで歩いたら、私は一体どうなってしまうんだろう??





・・・なんてことをひたすら考えていた私でした。

いや、実際はオットは所々で止まって待っていてくれるのですが。

ただ単純に、私って、超鈍足だなぁ・・・と思って。






そんなことを考えつつ、歩いていたら・・・

d0071563_20354449.jpg


急なハシゴがある箇所までやって来ました。

ここまで来たら、滝はもう近くのはず・・・

水音もだんだんと大きくなってきた!!






d0071563_20365575.jpg


ほんの少し、鎖やロープが張られているような場所もありましたが

難所はないので安心です。

さぁ、もうちょっとだ・・・・・。





d0071563_20374952.jpg


おぉ~・・・ 滝が見えた!!





d0071563_20381341.jpg


錦滝に到着です♪

滝の近くには東屋があって、ベンチもあるので休憩を取るのに最適^^

私たちもザックを降ろして、少し休憩~。





d0071563_20391814.jpg


沢で手を洗って、 「おぉ、冷たし」 の図。





そうそう、この東屋には一冊のノートが置いてありまして・・・

立ち寄った人のいろんなメッセージが残されていました。

私たちも書こうかな~と思ったんだけど、今回はメモ&ペンを持ってこなかったんだよね^^;

だから、眺めるだけにしましたが・・・

これがまた、なかなかにおもしろい(笑)





「砂に気を付けろ!!」





・・・って(笑)

確かにね!! って思ったり。





家族、恋人、友達・・・ いろんな人が、大事な人と登ってるんだなぁ。

そうだよね、せっかくの山登り、好きな人と楽しく行きたいよね。

皆さんの楽しそうなメッセージを読んで、なんだかほっこりしてしまいました^^





さてさて。

ここから矢立石の駐車場までは、ずーっと林道を歩いていきます。

(40分ほどだったかな??)

d0071563_2052474.jpg


ほぼ平坦な道・・・ あとは楽々だね~。

ということで、ここでちょっと、オットの重い荷物を試しに背負って歩いてみようかと。

オットの荷物は今回12~13kgくらい。

(日帰りだけど、トレーニングのためテントやシュラフなどが入っています)

私は仙丈ヶ岳の時、10kgの荷物を背負って登ったけど、

それだけでもうヘロヘロになったような記憶が・・・。

でも来年からはテント泊に挑戦する(予定の)私たち。

少しでも重い荷物を背負うのにも慣れておかないと・・・ということで、トレーニング中なのです^^;





d0071563_20522938.jpg


うん、確かに重い・・・ ぬおぉ。

でも、常々思うのですが、山用のザックってやっぱりすごい。

腰のベルトでガッチリ締めるから、そこまで重さを感じないんですよね。

よく出来ているなぁ・・・。

背負っているときよりも、背負う瞬間が一番重いですな^^;

「どりゃっ」って持ち上げにゃいかん。





・・・とはいっても、歩いている内に、肩にずーんと重さがくるわけでして・・・

途中でザックを交換しました^^; すみません、何分へっぽこなものですから;






でも、テント泊で縦走するような方々は、20kgほどの重さを

背負って登ってるわけですよね・・・。

(もっと重い荷物の方もいますし)

私たちもいつか・・・ テントで2泊以上するようなことがあるんだろうか。

憧れはすごくあるのですが、憧れだけでは到底無理な世界。

ひとまずは、今の自分たちに合った山を楽しまねばね。







さてさて、まだ初心者の私たち、


d0071563_2102512.jpg


あれこれと話をしたり、葉っぱで遊んだりしながら




d0071563_210537.jpg


ひたすらと林道を歩き・・・・・






d0071563_2111582.jpg


無事、矢立石の登山口に戻ってきたわけでありました^^

朝7時出発、そして昼12時下山。

実に5時間もかけていたのです。(標準コースタイムは確か3時間半くらいだったような)

でも、日程に余裕があるときは、景色を楽しんだり、写真を撮ったり。

少しぼんやりしたり。

せっかく山に行くんだから、山頂を目指すだけじゃなくって

めいっぱい山を楽しもうじゃないか。




・・・で、毎回コースタイムを大幅オーバーしている私たちです(苦笑)

まぁ、計画を練る段階で、自分たちの体力・技術・経験を考えて

無理なコース選びはしないようにしているからまだいいのかな^^;





でも私の方は、まだまだ課題ばかりだなぁ・・・。

(主に下りの遅さ。今回はまだちょっとマシだったけどね)

いつになったら克服できるのか!?

サッパリわからないけど、これからもトレーニングをかねて

お山を楽しみたいと思います☆





d0071563_2175747.jpg


今回も長らくお付き合い頂き、ありがとうございました!!

またよかったら、へっぽこ山レポ、読んで下さいね♪




d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2010-10-24 20:59 | 山登り
日向山ハイキング♪その2
こんばんは、嫁っこです。

日向山ハイキングの続きを書きます^^




d0071563_22451215.jpg

矢立石の駐車場から、樹林帯をずんずん進み・・・

黄色がかった優しい色合いの中を、サクサク歩いていきます。

9合目には雨量観測所があるのですが

この辺りからほぼ平らな道になります。歩きやすい・・・。




d0071563_22471972.jpg

この道、実際歩いてみると

なんだか メルヘン です。

いわゆる「森の動物たち」がひょっこり出てきそうな。

そんな道。

・・・実際は熊鈴ジャリンジャリンいわせて歩いてるんですけどね^^;




もう、そろそろかな?

もうちょっとで 「あの光景」 が見られるのかな??




な~んて思いながら、歩いていると・・・・・




d0071563_22492564.jpg


あれ?

向こう側に木がなくなったよ??

なんだか開けてきた・・・




まさかここが!?




d0071563_22495935.jpg

オット 「ちょっと・・・ 早く来てみなよ!!」




d0071563_22502339.jpg


おぉ~ッ!!



d0071563_22504857.jpg


山の上に、砂浜!!??

海なのか?ここはっ。



d0071563_22514833.jpg


噂には聞いていたけど・・・ すごいっ!

日向山、すごいぞ~~~!!

標識のあたりにある木も、流木のようで、海というか浜モード満点。




この砂地は、花崗岩が風化して出来たもので、雁ヶ原(がんがわら)という場所だそうです。

花崗岩といえば・・・甲斐駒ケ岳ですな。

実はここから、甲斐駒や八ヶ岳がドドーンと見えるはずなのですが、

この時はもうガスガスで展望まったくナシ;;

でも・・・ いいのだ。この景色が見られただけで嬉しいのだ。





d0071563_22513490.jpg


一生懸命写真を撮ってしまう。

でも・・・私のデジイチは、ここで力尽きた~ッ。

いやはや・・・フル充電ではなかったけど、朝出る時は

電池レベル3まであったんだよ・・・。

気付いたら、あれよあれよと電池がなくなっていき・・・。

そして予備バッテリーは車の中に置き去り・・・。ぬお~、悲しすぎる。





d0071563_22573566.jpg


本当は、スキッと晴れた空の青と、砂の白のコントラストを楽しみたかったんだけど、

ガスはガスで、これもまた幻想的で・・・。

オットが白の中に吸い込まれていくわ・・・。




d0071563_2259185.jpg


真ん中の、ちっさく写ってるのが私。

わかりますか??

雁ヶ原周辺、す~~っごく、広いです。

ここにいるのは私たち二人だけ。う~む、贅沢な時間♪




d0071563_2301123.jpg


うっかり落っこちでもしたら、ずーっと下まで ズザザーッ って

行ってしまうだろうね・・・。

そして二度と戻ってこれないような・・・ 気がする。




d0071563_231856.jpg


林縁にもお花がいましたよ♪

こちらはビランジだけど・・・ タカネビランジというのかな?




d0071563_2322958.jpg


こちらはオヤマボクチというらしい。

トゲトゲです。

「アザミみたいだね~」と話していたのですが、どうやらアザミの仲間だそうです。

やはりか・・・。




d0071563_2333251.jpg


こちらはノコンギク?

(毎度のことですが、お花の名前違ってたらゴメンナサイ)

やっぱりキクの花はかわいいなぁ~。

このようなところに、よくぞ咲いていたのぅ。

強く生きていくのだよ。





d0071563_2353665.jpg


さてさて、山頂でしばしごはん休憩を取ります☆

といってもコンビニのおにぎりたちと、お菓子ですが・・・^^;

でも、コーヒーはこだわってますよ~!

いつもお世話になってる 香茶屋さん の豆を、ミルでガリガリ挽いて・・・

モンベルのアウトドア用ドリッパーで淹れる。

贅沢なコーヒーと、贅沢な時間です。

む~ん、幸せだ~~~。





さぁさぁ、のんびりしてお腹も落ち着いたところで・・・

先に進みますか。



d0071563_2312724.jpg


まるで雪渓の中を進んでいるようなオットの後ろ姿・・・




d0071563_23132673.jpg


そして来た道を振り返る。すごいトラバースルート^^;

ガスに包まれた奇岩群、少しだけゾッとする。





d0071563_2314428.jpg


さて、私は何をしているのでしょう・・・。

えっと、実は 飛行機バランスをやっているところで

自分では 80%くらいの力を出したつもり だったのですが

全然ですね・・・・・!!(゚д゚;)

オットに、「落っこちないでね」と真顔で心配された残念な私でした。





d0071563_23431975.jpg


でも、気にしないっ。




d0071563_23343130.jpg


気を取り直して! 砂地をどんどん下ります。

すごい。。。 足が ずずっ と進む!!

まるで滑るように下りていく~~~~~。




d0071563_23353774.jpg


勢いづいて止まらなくなる私、

対照的に、落ち着いて淡々と下り続けるオット。

なんだ、この夫婦・・・。

でもなんだか楽しくて、ヒャアヒャア言いながら一気に下ったのでありました。





d0071563_23371873.jpg


雁ヶ原、最高の景色でした。

次は晴れた日に・・・ 是非登りたい!!





さてさて今日はこんな時間になってしまったので・・・

また明日に続きます。

長くなってしまうけども、もしよろしければお付き合い下さいませ♪

それではっ。




d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2010-10-23 23:38 | 山登り
日向山ハイキング♪その1
こんばんは、嫁っこです。

10月19日(火)のお山レポです。

山梨県北杜市の 日向山(ひなたやま)1660m に行ってきました♪

コースタイムは3時間半くらい、かな?

気軽に楽しめるハイキングコースだそうです。

天気は残念ながら曇りのようだけど・・・安全に楽しもう♪




今回は、夜中2時過ぎに浜松市内の自宅を出発。

いつも申し訳ないと思いつつ、今回もオットの運転。

そしていつもいつも申し訳ないと思いつつ、私は途中で爆睡・・・(・ω・;)




途中で休憩を鋏みつつ、

矢立石の登山口駐車場に着いたのは確か6時過ぎだったかな?

(ちゃんとした駐車場ではなくて、路肩に停めるような感じです)

他にも車停まってるかなーと思ったけど、私たちが一番乗りでした。

時間が早いせいかな?



d0071563_216395.jpg


さて、準備をして・・・と。

朝方はやっぱり冷える。

というわけで、先日も書きましたが

モンベルのTRラップスカートに、同じくモンベルのサーマラップスカートを重ね履き。

サーマラップスカートはリバーシブル。

私のは、黄色と紫色。

どっちにしようかな~・・・と少々悩んだけど、

まぁ、行きと帰りとで逆にして行けばいっか。と^^

薄くて軽いんだけど、確かにあったかい!!

これは使えるかも・・・。





d0071563_2113570.jpg


なんかもうブレブレですみません;

駐車スペースからほんの少し歩いたところに、登山口があります。




d0071563_21134717.jpg


静かな樹林帯を歩いていきます・・・。

紅葉はまだまだだけど、緑がすごくキレイです。

空気もひんやりして、頭が冴えるーっ。




d0071563_21151382.jpg


登山道は、落ち葉でふかふか♪

本当に、良く整備されたハイキングコースといった感じで

サクサク歩けます。

アップダウンも少ないし・・・。




d0071563_2118872.jpg


あっ、トリカブト発見!!

去年、南アルプス方面の尾高山でも見たなぁ。

あの時は白いトリカブトも咲いてたっけ。

毒・・・ヒイィ(゚д゚;) と、恐れおののいてしまうけど、

色はキレイなんですよね・・・このお花。優しい青。





d0071563_21193394.jpg


ギャッ、これは・・・マムシ草か~っ。

数年前にオットに教えてもらって以来、やたら目についてしまう。

(というよりこんな派手なの、イヤでも視界に入りますよね^^;)

ぷちぷちがこんなふうに取れていくの?

これは一体どういう状態だ??

もちろん、ぷちぷちが上までついた、真っ赤な状態のもたくさんあったけど・・・。

とりあえず、気持ちわるぅ。





d0071563_21213991.jpg


あっ、ようやく可愛らしいお花発見です♪

こちらはシロヨメナ?? 違ってたらごめんなさい。

登山道のあちこちに咲いていました。

キク科のお花って、可愛くて大好き。

子供の頃は「キク=お墓」のイメージで、あまり好きじゃなかったんだけどね(苦笑)





d0071563_2123790.jpg


ん、看板発見。

パッと見た瞬間・・・



「 上り ゴミ  優先 ポッケ 」



と読んでしまった私。

ここまで来ても残念っぷりは変わらず・・・むぅ。

でもほんと、ゴミを見つけたらポッケにね。

いや、それ以前に、ゴミは捨てないでねっ!!





d0071563_2125234.jpg


おや・・・・・

あちこち眺めて遊んでいるうちに、オットはもうあんなところにいるではないか・・・。

サクサク歩いて、頑張って追いつけ。追い越せ。





d0071563_2126899.jpg


あ、これ・・・

木にこうやって切れ目を入れてるのをよく見かけるけど

私はこれを見るとどうしても



パリッと焼けたウインナー


を思い出すのだよ。

前回の天狗岳では、確かオットに 「お腹空いてるんじゃない?」

と言われたっけ。

確かに。お腹は空いているよ。

シャウエッセン♪




d0071563_21313457.jpg


おや、プリッとツヤッとした、栗発見♪♪




d0071563_2132431.jpg


栗のイガイガはあちこちに落ちてるんだけど、どれも中身がなかったんだよね。

既に食べられてるのか??

中身をようやく発見できてなんだか嬉しい・・・。

といっても、別に食べるわけではないのですが。

でもこのコロン、とした感じが、可愛らしいじゃないですか。

秋だねぇ・・・。




栗♪ 栗♪ 栗ごはん♪

甘栗モンブラン♪



・・・って、ウゴウゴルーガ??






d0071563_21335272.jpg


上を見上げれば、優しい色合いの木々。





d0071563_21343076.jpg


足元は秋の色。

静かだなぁ・・・。

私たち二人、サクサクとひたすら歩きます。

話もあまりせず。

歩きながら随分といろんなことを考えていたような気もするけど

今となっては思い出せない。

本当に取り留めのないことをぼんやりと考えて・・・・・





d0071563_2135593.jpg


山に来ると毎回そんな感じかも。

生活のことだとか将来のことだとか、

非現実的なことまでも。

色々考える。

・・・・・・で、忘れる。






d0071563_21362635.jpg


あ、ちょっと色づいてきたかな??

くすんだ色味が落ち着くなぁ^^






d0071563_213878.jpg


お~う・・・木々の向こうにお山がちらりと見えているけど。

やはり真っ白だな・・・。

今年はどうしても ガス夫婦 だなぁ。

・・・なんだか微妙だね、ガス夫婦って(苦笑)

去年は晴れ夫婦だったのに~。





d0071563_21395031.jpg


このお花、オットが見つけたんだけど・・・

名前が分からず;リンドウのような感じだけど、何というのだろう?

やぁ、キミ、名はなんというのだね・・・。





d0071563_21404016.jpg


アザミ発見。

トネアザミ?





d0071563_2142648.jpg


ほんの一部だけ、赤く色づいた木もあるな~。

なんて思いながら歩いていると、






d0071563_21423638.jpg


オットの視線の先に、なんだかキレイな木を発見^^






d0071563_2143313.jpg


おぉっ、素敵な色~♪

紅葉の最盛期は、そりゃあもうキレイだろうけど

今回みたいにぽちぽちと紅葉に出会えるというのも

なかなかオツなものです。

ちょっと宝探し気分?

「あっ、あの木いいね!」って。





d0071563_21453479.jpg


しばし木の下で記念撮影。

・・・いつもこんなことばっかりしてるから、

コースタイム大幅オーバーしちゃうんだよなぁ~^^;

でもせっかく来たんだから、たくさん楽しみたいではないですか。

日程にも余裕があることだし♪





d0071563_21463988.jpg


思い出がたくさん出来る。

素晴らしいことではないですか。





d0071563_2147123.jpg


さて8合目(ということでいいのかな?)あたりに来たところで・・・

長くなってしまったので、その2へ続きますねっ。





よろしければまたお付き合い下さいね^^





d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2010-10-21 21:27 | 山登り
| ページトップ |