Top

山好きなへっぽこ歳の差夫婦が通りますよ。(ただいまお山に行くペースが著しく低下中)
by mumaro_2
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
日々のことやお山のことをぼんやりと書いております。



へっぽこ山登りの記録

■南アルプス
 ・鳳凰三山
 ・烏帽子岳・小河内岳
 ・仙丈ヶ岳
 ・尾高山
 ・日向山
■中央アルプス
 ・木曽駒ヶ岳
 ・越百山(7合目まで)
■八ヶ岳
 ・天狗岳
 ・編笠山・権現岳
 ・北横岳
 ・麦草峠~白駒池
 ・北八ヶ岳(麦草峠~坪庭~雨池)
 ・車山(夏期)
 ・車山(冬期)
 ・坪庭(冬期)
 ・美ヶ原
■奥秩父
 ・瑞牆山
 ・金峰山
 ・大菩薩嶺
■南信州
 ・大川入山
 ・南沢山(冬期)
 ・蛇峠山(無雪期)
 ・蛇峠山(冬期)
■静岡の山
 ・八紘嶺
 ・秋葉山
 ・蕎麦粒山
 ・竜ヶ石山
 ・尉ヶ峰
 ・枯山
 ・越前岳
 ・獅子ヶ鼻トレッキングコース
■愛知の山
 ・岩古谷山
 ・明神山
 ・乳岩峡
 ・鳳来寺山
 ・石巻山
 ・獅子岩
■関西の山
 ・御在所岳
 ・国見岳
 ・鎌ヶ岳
 ・霊仙山
 ・倶留尊山・曽爾高原
■丹沢
 ・鍋割山

≪山ごはん・外ごはん≫



お気に入りリンク

a journey
酔っ払ライダーのブログ
KEN’S NEWS Iターン梨農家の日々
浜松のんびりブログ
のらりくらりと。
light * airy
気ままにのんびり
ぱんだ屋の朝焼け!夕焼け!パンを焼け!
Colors of the Wind
つくねは「たれ」、こころは「しお」


フォロー中のブログ
マルコの気ままな日記
日菓のあれこれ
ピラタスの丘ペンション村ブログ
かぎしっぽ通り
SCRAPBOOK*|エ...
Animal Skin ...
山日和 -今日も いぃ天気-
sousouka
ファブリック帯目線なキモ...
山へ行こうよ クマと一緒に!
山おんなBiyori
inondo 山梨県富士...
お山歩日記
女一人放浪の旅からハ-フ...
light*airy
ひねもすのたり。
カテゴリ
日常
山登り
アウトドア
お出掛け
星撮り
美味しいもの
レシピのような
山道具
移住のはなし
検索
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
more...
その他のジャンル
タグ
(16)
記事ランキング
ブログパーツ
ブログジャンル
ライフログ
"WD-Lazycat1" Skin by
Animal Skin
タグ:御在所岳 ( 14 ) タグの人気記事
Top▲ |
御在所岳(1,212m) 2012年10月9日 【4】


御在所へっぽこレポ その4。ようやく完結ですん。



【その1 はこちら。】

【その2 はこちら。】

【その3 はこちら。】



お昼ご飯を食べ、珈琲も飲み、さて・・・ゲザーンいたしますか。

d0071563_2124381.jpg

雨乞岳方面を眺め、「向こうも登ってみたいねぇ」と話しつつ

山頂をあとにします。

下山は、武平峠経由のルートを選びました。今年の初夏にも通ったところ。



d0071563_2124974.jpg

下りは・・・ いつまで経っても苦手です。

写真もあまり撮らず、黙々と下る・・・ んだけど、

帰宅してから写真確認したら、お友達やオットの後ろ姿はたくさん撮ってたみたい(^^ゞ


d0071563_21241349.jpg

私の場合、ザレた下りが特に苦手(´;ω;`)

「びびって腰がひけるから余計すべるんだよー」

と、オットにいつも注意されるんだけど・・・ うう。


d0071563_21241773.jpg

鎌ヶ岳さんよ・・・ あなたのとこの、あの急斜面でズザザーと滑ってから

どうにも恐ろしゅうて恐ろしゅうて。


d0071563_21242471.jpg

・・・なんて、甘えたことも言っていられないんだけどね。


d0071563_21243078.jpg

ざくざくと下れば、わりとあっという間に武平峠に到着!

この近くの駐車場に停めて登るのが一番楽なのだよね。

鎌さんに登った時も、「武平峠から来たよ~」という方が多かったっけ。

初心者の方にはおすすめルートですな(n‘∀‘)η

( ( ´∀`)オマエモナー と言われそうだ・・・)



d0071563_21243379.jpg

武平峠までは、ザレた斜面や少々の岩場があったけど

峠を過ぎたらあとは比較的ゆるやかに樹林帯を下っていきます。

道路に沿うようにして、登山道があるのよね。



d0071563_21243918.jpg

そういえば・・・ 前回来た時は、「ズルして道路歩いちゃう?」と言って

途中でぴょこっと道路に出て歩いてみたっけ。

そうしたら、道路はもうぐねんぐねんのカーブで、かなり距離が伸びるんですよね(;´Д`)

遠回りでシッパイの巻。

今回はちゃんと、下まで登山道歩いていきましょ~。



d0071563_21244420.jpg

途中、トンネルの近くで道路を横切る・・・・・

その傍らには、

d0071563_21245115.jpg

可愛い。ノコンギク?

キクの花って子供の頃はあまり好きではなかったんだけど

最近はとても可愛いなと思うようになりました。

11月の誕生花なんですよね。  11月生まれ→(・∀・)ノ



d0071563_21245643.jpg

ここからの道は、比較的歩きやすい道がゆるゆると続きます・・・

ちと、大きな岩に阻まれてますが。



d0071563_21251774.jpg

ふと振り返った時の、緑のきれいなこと。

はっとさせられます。

前だけ向いて歩いちゃいかんね、たまには振り返ってみんと。

そう思ってしまうほど、優しい光の風景。



d0071563_21252195.jpg

遠く近く、幾重にもなった葉は いつまでも眺めていたくなりますな。



d0071563_21253100.jpg

秋の風景。ススキたちにも見送られながら・・・・・



d0071563_2125890.jpg

どれだけ人の後ろ姿撮るんだ・・・ 

って、その内怒られそうなヽ(´Д`;)ノ



でも、ついつい カメラを向けてしまうのですよね。ふふ



d0071563_21255367.jpg

自分で言うのもなんだけど・・・

写真だけ見ると、静かに、自然と向き合って過ごしているような気がする。

でも実際は、おもしろ荘やら細かすぎて伝わらないモノマネやら、あとは地元ラジオの話とか

そんな話ばかりをしてヒャアヒャア言いながらテクテク歩いていましたよ。

「ッシャオラァ!!」 (←ずんのやす)

あー、帰ったら久々にyoutubeで見よ~~~、って、歩きながら何度思ったことか。笑

騒がしくて、すみません。

オットと二人の時はわりと静かなんだけど。(会話のない夫婦か?



d0071563_212647.jpg

趣味が合って、マニアックな話も出来るお友達は貴重です(・∀・)フハハ




・・・さぁ、そんな楽しい時間は過ぎてゆき・・・

d0071563_21261414.jpg

駐車場に、到 着 です!おつかれさまでした~~~ヽ(´ー`)ノ

朝6時にここへ来た時は、私たちが一番乗りだったけど・・・

予想通り、下山する頃には車がびっしり!

あらら、人少ないな~と思ったけど、後から登ってくる人は結構多かったのね。




御在所さん、今回もお世話になりました。

やはり何度訪れても楽しいお山です。

お友達にも、楽しいと言ってもらえて良かった!

次は、また来年 アカヤシオが咲く頃に登りたいな~



毎度のことながら、内容のないへっぽこレポを読んで下さった皆さまにも

感謝感謝です。いつもありがとうございます。



あっ、そうそう、下山してお風呂に入ったあとのお楽しみは・・・

d0071563_2232769.jpg

ハンバーーーーーーーグ!!

御在所SA内のカキヤスにて。黒毛和牛入りの。ね。



いや、実は 登山口から高速乗るまでの間に、ちと気になるお店がありまして・・・

本当はそちらに寄ろうと思ったんだけど、この日はお休みでした~(´;ω;`)

(ちなみに松坂牛のハンバーグが食べられるというお店)

でもSAで食べたハンバーグも美味でしたよん。

これから、鈴鹿に行った帰りはハンバーグかな~( ´∀`)



フハハハハハ。





人気ブログランキングへ

↑ランキング参加してます♪よろしければポチッと!



【  主にオットが書く 身麻呂 in はまぞうブログ(浜松・静岡情報サイト) は コチラ~】






[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2012-10-18 22:39 | 山登り
御在所岳(1,212m) 2012年10月9日 【3】


御在所へっぽこレポ その3 ですん。


【その1 はこちら。】

【その2 はこちら。】



富士見台に着いたあと・・・ お友達が初御在所ということもあり

d0071563_19511524.jpg

ロープウェイの山上公園駅がある、朝陽台広場を通ってから山頂へ。

「こんなところです」 と、ぐるり一回り。



そうそう・・・以前ここへ来た時、オットがトイレピンチに陥ってて、

ロープウェイの駅まで行けばトイレがあるから!と慌てて駆け込んだら

午前9時前でまだ扉が開いてなくて



なんですとーーーーー(;゚Д゚)!!!!



な事態になったことがあったっけ・・・・・・

まぁ、8時50分くらいだったので・・・ およそ10分、我慢して事なきを得ましたよ。

ありがたいですね、トイレ・・・・・。

(こんな、観光地化した場所でキジ撃ちもね・・・アレだもんね・・・



d0071563_19514979.jpg

目指す山頂は、あちら。 あともうちょっと。



d0071563_19515314.jpg

お隣には、昨年立ち寄った国見岳が。

ザレた斜面が見えております。あちらも奇岩が多く、とても楽しい山だったなぁ。





山頂への道中、アゼリアの前のお手洗いを借りて小休止。

その時・・・

なんとなんと、

私の大好きな あのお方が~~~~~


d0071563_1952344.jpg

アサギマダラ(n‘∀‘)η

私たちの周りをひ~らひらと優雅に飛び回り、

オットのザックや、オットのグローブにとまり・・・(なぜオットのとこばかり?

いやぁ、嬉しい出逢いでした。相変わらず、可愛らしい。



d0071563_1952126.jpg

さて、テンションが上がったまま、山頂まであとちょっと。

登っていきましょうか・・・



d0071563_19522215.jpg

山頂へは、舗装の道もあるんだけど・・・

やっぱりこの道が気持ちいいね。




緩い傾斜をじわじわと登っていく・・・・・



d0071563_19522863.jpg

青空が近い。雲に手が届きそう。


でも、実際・・・・・

(暑い・・・ そして地味に疲れる・・・)



(;´Д`)ぜへー



d0071563_19523375.jpg

あれ、調子こいて写真何枚も撮ってたら、完全に置いてかれてる。



d0071563_1952456.jpg

えいやっと、追いついて、さぁ 山頂です!!

いやぁ、お疲れ様でした~~~( ^∀^)♪



d0071563_19523896.jpg

山上公園駅から、リフトでこちらへ来る方はちらほら。

何度も言うようだけど、三連休の直後はやはり静かです。

今まで来た中で、一番お客さんが少ない。



d0071563_201540100.jpg

おぉ、おじさま、良い場所におりますな。

あちらは確か、望湖台。琵琶湖が見えるんだけど・・・

ちょっとこの日は霞んでて期待薄だったので、あちらには行きませんでした。

でも、なんだか気持ちよさそうだね(・∀・)あの佇まい。




下りは武平峠経由のルートなので、もう少し先へ進んだところでお昼にしよう。
d0071563_19525827.jpg

そうそう、この道・・・

今まで塩害にやられたようなかわいそうな木々が多かったけど

ここで、真っ赤に色づいた美しい木に出会いました。


d0071563_1953531.jpg

おぉ、これは・・・



d0071563_1953103.jpg

鮮やかだなぁ~ やはり奥まった場所の木は無事なんだね。

今年は紅葉の当たり年と聞くし、時期が良ければ綺麗なんだろうなぁ。

この日はここで、ほんの少しだけだけど 一日分の紅葉を見させてもらいました♪




さて、少し進んだ先の東屋で ごはんにしますよ~~~。

ザックやウエストポーチ、カメラなどを下ろして

ふう、と一息つく・・・・・



・・・と、この時 ポケットにしまい込んでいたドングリを思い出しました(^^ゞ

d0071563_19534727.jpg

帽子つき。登りの途中、足元に転がっていたのをぱっと拾っていたのでした。

いやぁ、懐かしい。コロンとした形、可愛いね。



d0071563_19535966.jpg

さて、今回の山ごはんは・・・・・


ブッ。 THE 手抜き ! !


へへ。下山後にお楽しみが待っているので・・・

あまりお腹いっぱいにしないように。あと時間短縮のため。

・・・なんて言っておきながら、ちゃっかりスーパーカップを持参した私です。

あ、あとやきいも味のきのこの山ね。(割引シール?お気になさらず・・・



d0071563_1954736.jpg

フハハハハハハ。

「やぁ、ククサ風呂だよ。」 byおかか。



d0071563_19533768.jpg

そんなこんな、食べたり遊んだりしている内に・・・

気付けば雲がもくもくと。

あとは下るだけなので、頑張っていきまそー!!




・・・次回へ続きますっ。

(いつものことだが長々スミマセン





人気ブログランキングへ

↑ランキング参加してます♪よろしければポチッと!



【  主にオットが書く 身麻呂 in はまぞうブログ(浜松・静岡情報サイト) は コチラ~】






[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2012-10-17 20:34 | 山登り
御在所岳(1,212m) 2012年10月9日 【2】


御在所岳へっぽこ山登り その2 ですん。


【その1 はこちら。】


d0071563_2226191.jpg

木漏れ日に目を細めながら、のんびりペースの山登り。



d0071563_22262547.jpg

お友達と一緒なら、おしゃべりも楽しみつつ。

御在所は、所々で視界が開けるのがとても気持ちいいですね。

見所が多いし、何度登っても全然飽きない。

そして毎度の好天、本当にありがとう。



d0071563_22262910.jpg

さぁ 次の見所は・・・・・



d0071563_22263411.jpg

出ましたッ、 地蔵岩 です。

何度見ても、本当にどえらい奇岩ですよ・・・ 自然の不思議。

数年前、NHKの「さわやか自然百景」でこの映像を見て、

「ここ!ここに行きたい!!」 って思った記憶(^^ゞ

相変わらずの、絶妙バランスでした☆



d0071563_2226383.jpg

そうそう、景色のいいところで少し休憩していたら、

おばれ石のところで出会った単独女性と再び会い、しばし雑談。

その方は、この日が記念すべき初登山!とのこと。

「初めての山登りで、一人で御在所行くなんて~」 とお友達に心配されたそうだけど

あらら、本当に初めて?と言いたくなるくらい、サクサク歩いてました(;・∀・)

元々なにか運動されてたのかな~。

でも、帰りの時間の都合で、下りはロープウェイを使うつもり、と言ってたっけ。

そうだ。ここはいざとなったらロープウェイが使えるから、

山を始めたばかりの人は安心でありますなぁ。うむ。



d0071563_22264323.jpg

地蔵岩からひと登りで、キレットに着きます。 ※おそらくここが一番の難所



d0071563_2226476.jpg

初めて訪れた時は・・・ 事前にいろんな方のブログを拝見して

「うわ、こんなとこ下りるの・・・ 私大丈夫だろうか」 とかなり心配したのだけど

実際その場に行ってみると、「あれ、意外と大丈夫」でした。



d0071563_22265191.jpg

初御在所のお友達も、最初は不安だったようだけど 難なく通過!



「明神山(三ツ瀬コース)の岩場の方が怖かった!!」

そう言っていたけど、・・・同感!(´ε`;)



d0071563_22265649.jpg

下から上を見上げる。あ、気付いたら人が増えてる。



d0071563_222762.jpg

鎖場を過ぎて、また緑の中を歩いたり、開けた場所に出たり、を繰り返しながら

テクテクと進んでゆきます。



d0071563_2227121.jpg

少しずつ、紅葉・・・のような塩害のような、茶色くなった葉が増えてきたかな。



d0071563_22272544.jpg

海風が当たる場所は、やはりどうしてもね・・・

奥まったところの木々は、無事だろうか。



d0071563_22271799.jpg

あ、月。



・・・そうそう 山でよくこの言葉を口にしてしまうわ。



「あ、月。」



昼の月を見つけた瞬間って、なんだか不思議な嬉しさがあるのですよね。

真っ青な空に、真っ白な月。ただそれだけが、いいんですよ。



d0071563_22272119.jpg

富士見台まで、あともうちょっと という辺りの景色。

眼下に見渡す街々・・・ 何もかもが小さいね。

私たちも、いつもはああいうところでちまちましているのだよ。



d0071563_22275235.jpg

この岩の上。とても眺めが良い場所。

私たち夫婦が「飛ぶ」定番の場所。

※あ、飛び降りるわけじゃないスよ・・・ジャンプの意ね(当たり前か

でも今回は飛ばず。せっかくなのでお友達にここからの眺めを満喫してもらいました。

私たちはその姿をこっそり隠し撮り~。

山や空や植物などの写真を撮るのももちろん好きだけど、

人の写真を撮るのも楽しいなぁ、なんて思うこの頃です。



✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽



そして・・・ ひと登りして、やがて富士見台に到着!!

お疲れさま~~~~~ヽ(´ー`)ノ

山頂ではないんだけど、気分的には山頂(笑) いつもそう感じてしまう。


d0071563_2228192.jpg

ここからの景色、大好きです。

「鈴鹿の槍」とも言われる鎌ヶ岳、ロープウェイ、そして、大黒岩。



d0071563_222896.jpg

・・・だよね?大黒岩で合ってるよね?確か・・・・・・

「グー」のような、面白い形。

あの場所って、一の谷新道から行けるんだっけ。

最初にここへ来た時は下りで一の谷新道を歩いたんだけど

下調べが不十分で、大黒岩はスルーしちゃったんですよね・・・

次行く時は、是非寄ってみたいわ。



d0071563_22281850.jpg

ロープウェイは、まだ動きはじめたばかり。

お客さん、乗ってナイ・・・ 三連休直後だしね(;^ω^)



d0071563_22282518.jpg

「やぁ、僕だよ・・・」 by おかか


おかか先生!!ごきげんうるわしゅう。

好天、そして絶景に恵まれ、おかかも嬉しいね。

今回もお供ありがとう。

おかかよ、また向こうの鎌さんにも登ってみたいものでありますな・・・。




d0071563_22284278.jpg

そうそう、いつも富士見台に来る時は 大体先客がいらして

この場所での~んびりしたことって、ほとんどないかも。

せっかく独り占め、もとい 三人占めなので、あれこれ写真を撮って遊んでおったよ。



d0071563_22283122.jpg

ピカリン。光を操るオットを撮ってみる。



d0071563_22283645.jpg

そして私も撮られてみる。

逆光のシルエット写真も気になる今日この頃。




・・・さてそんなこんなで、レポらしい内容がないまま

その3に続きます☆





人気ブログランキングへ

↑ランキング参加してます♪よろしければポチッと!



【  主にオットが書く 身麻呂 in はまぞうブログ(浜松・静岡情報サイト) は コチラ~】






[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2012-10-14 23:04 | 山登り
御在所岳(1,212m) 2012年10月9日 【1】


月に一度、お友達とゆく小さな山の会。

今月は、私たち夫婦の大好きな、鈴鹿の“御在所岳”へ行ってきました。

✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽

一応簡単な地図をぺたり。



中道で山頂を目指し、武平峠を経由するルートで下山しました。



御在所岳は、私たちは5回目になるんだけど

毎回中道で登り、そして毎回違うコースで下山・・・というのがいつものパターン。

武平峠は今年の初夏も歩いてるんだけど、今回同行のお友達が初御在所なので

じゃあ比較的楽なコースで行ってみましょうか~ということになったのでした。



三重県というと、隣のそのまた隣の県になるのだけど

伊勢湾岸道があるから、浜松から比較的行きやすいのですよね。

現地までだいたい2時間くらい。

(とか言ってるけど私は助手席で爆睡担当です・・・ほんとスイマセン・・・)



午前4時頃浜松を出発し、登山口近くの駐車場に6時頃到着。
d0071563_11302082.jpg

この駐車場では、一番乗り!!

・・・そうか、世間では三連休の直後だから、今日は登山者少ないかもなぁ。


d0071563_1130262.jpg

さて、時間には余裕があるので、写真撮りながらのんびりいきましょ✽



d0071563_1130307.jpg

晴天に恵まれることが多い、私たちの山の会。

今回も、綺麗な青空。あそこに見えているのはロープウェイの山頂駅かな。



d0071563_11303316.jpg

薄暗かった登山道も、日が昇るにつれだんだんと明るく。

木々の間から光が射すだけで気分が上がる。

おひさまの力は偉大です。ありがとう。



d0071563_11303929.jpg

約半年ぶりの御在所。

花崗岩の、ザレたこの感じ。ふふふ。



d0071563_11304436.jpg

ふと、登山道を見上げて撮った一枚。

よくよく見てみたら・・・ 何かの「横顔」に見えませんか?

赤い丸が目で、右に鼻、そして口。

鼻たぶがぷくっとした小動物、もしくはパンダみたい。



・・・動物(?)といえば!!

d0071563_11305099.jpg

今回も一緒です くまおくん&くまモン。

お友達のザックからブラブラぶらさがって、ごきげんさん。

私の方は、ちゃんとおかかを連れてきてますよ~

またのちほど登場しますぬっ。



d0071563_11305422.jpg

朝の眩しい光。

いつもなら、朝ごはん食べたり準備したりボケボケしてる時間。



d0071563_1131010.jpg

私、実は早起き苦手なんだけど・・・

山の早い朝、キンと空気の冷えた朝は、好きです。



d0071563_113137.jpg

・・・・・・いや とはいえ暑い暑いヽ(´Д`;)ノ

ロープウェイ下を通過する頃には、日がさんさんと射して

空気が冷えているどころではなく 暑くて腕まくり。

本当に、見事な秋晴れです。



d0071563_11313676.jpg

でも、そこかしこに秋の気配。

ススキの佇まいは・・・いくら暑かろうが、ただそれだけで秋を感じますな。



d0071563_11314378.jpg

ここで初めて南側の視界が開ける。

わぁ、伊勢湾が・・・! 光の柱のようなものも写っておるわ。



d0071563_11314758.jpg

金色に輝く海面。

朝、山から眺める海ってどうしてあんなに神々しいのでしょうね。

離れているから、余計に眩しく見えるのかも。




さて。

この後、もうひと登りすれば最初の見所・・・

d0071563_11315491.jpg

「おばれ石」 です。

このとてつもない大きさ、いつもカメラに収まりきらないんですよね。



d0071563_1132125.jpg

ワーイ。三人で記念撮影。

・・・あっ、やはり石の先の方が収まってない(´ε`;)



d0071563_11323595.jpg

そういえば、石の一番上に、ロープがかかってたな・・・

半年前にはなかったような気がするんだけどな???

気付かなかっただけかなぁ。

登れる人は、登っちゃうんだもんねぇ・・・ とても真似できぬわ。



d0071563_11324526.jpg

私らは、そこいらのちょこっとした岩に登り

真っ青な空に、眼下に広がる町々に、ホウホウ言っとります。



d0071563_11325430.jpg

そうそう。 10月上旬だとまだ早いよね・・・と言っていた紅葉。

あ、先日の記事でほんの少しだけ書いたけども、

紅葉はまだあまり見られなかったんだけど、それ以前に

この間の台風による塩害で枯れかかっているような木々が多くてかわいそうでした・・・。

でも場所によっては、塩害を免れて鮮やかに色づきつつある葉もあって。

励まされる・・・。浜松も塩害ひどかったからね(しかも今年は年に二度)。



d0071563_1133252.jpg

さぁ、樹林帯に入ったり、開けた場所に出たりを繰り返しながら



d0071563_11331042.jpg

ぐんぐんと頂上目指して登っていきますよ。



ほとんど進んでないけど、次回へ続きます✽




人気ブログランキングへ

↑ランキング参加してます♪よろしければポチッと!



【  主にオットが書く 身麻呂 in はまぞうブログ(浜松・静岡情報サイト) は コチラ~】






[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2012-10-12 11:33 | 山登り
御在所岳(1,212m) 2012年5月8日 【4】


こにちわ 嫁っこです。

細切れ更新の御在所レポ、完結編となります~。


御在所岳(1,212m) 2012年5月8日 【1】 はこちら。

御在所岳(1,212m) 2012年5月8日 【2】 はこちら。

御在所岳(1,212m) 2012年5月8日 【3】 はこちら。



d0071563_9444097.jpg

お昼ごはんもたらふく食べて、そろそろ下山です。

(このLAKENのボトルお気に入り。)


d0071563_9444479.jpg

今回は、武平峠ルートでの下山。

御在所は4度目だけど、毎回違うルートで下山してるわ。

色々楽しみがあっていいですのう。

昨年の、国見岳経由のルートも面白かったなぁ~。



d0071563_944455.jpg

どどんと鎌ヶ岳。

御在所と鎌を日帰り縦走する方も結構いらっしゃるんですよね。

健脚な方ならそのくらいしないと物足りないんだろうけど

我々ののんびりペースでは・・・なぁ。



d0071563_9444874.jpg

こんな感じ?


d0071563_9445154.jpg

それともこう?

こちらのルートにも不思議な岩がちらほら。



d0071563_944578.jpg

下りの岩場というのは、いつまで経っても苦手で・・・


d0071563_94525.jpg

思いっきりペースダウンするところだけど、でも今回はそれほどでもなかったかも。


d0071563_945415.jpg

所々で、可愛いスミレに励まされました☆


d0071563_945796.jpg

間近では見られなかったけど、ツツジもぱっと咲いてらっしゃる。


d0071563_9451064.jpg


d0071563_946279.jpg

ザレて滑りやすい登山道。

結構こちらから登ってくる方もいらっしゃるのね。

何組かの登山者とすれ違いました。

オットと同じザック(ミレーベルヴューのターコイズ)の可愛い山ガールさんもいたし。

関西の山に来ると毎回思うけど、みなさん明るいね!

挨拶がてらほんの少し立ち話なんかすると、つくづくそう感じますわ。

下山中、途中まで話をしながら一緒に下ったおじさまがいらしたけど

ものすごい楽しそうに山のいろんな話をしてくれたな~。



d0071563_9463111.jpg

さて、我々が車を停めたのは 中道登山口付近。

そこまで戻るのに、車道近くのルートをテクテク歩いていきます。

なんだろこのパラソル(笑) 滅びすぎだわー



d0071563_9463580.jpg

やっぱり鈴鹿の山は楽しいね。

それなりに歩いてるし岩場もあるんだけど、疲労感が少ない。

次はいつ行こう?紅葉の時期かな?

冬にスノーシューしに来るのもいいな。



そんなことを考えながら歩き、駐車場に到着。

また会う日まで。ありがとう御在所~~~ヽ(´ー`)ノ



☆読んで下さった皆さまも ありがとうございました☆





【  主にオットが書く 身麻呂 in はまぞうブログ(浜松・静岡情報サイト) は コチラ~】






[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2012-06-12 09:45 | 山登り
御在所岳(1,212m) 2012年5月8日 【3】


こんばわ 嫁っこです。

御在所レポその3まで引きずっておりまする。


御在所岳(1,212m) 2012年5月8日 【1】 はこちら。

御在所岳(1,212m) 2012年5月8日 【2】 はこちら。


d0071563_19214830.jpg

テッテレー。

富士見台から、山頂方面へテクテク歩き出す。

天気は下降気味~ ガスってきてます。


d0071563_19212978.jpg

「今朝の新聞に、≪御在所山頂でアカヤシオ満開≫って書いてあったよ!」

と、道中出会ったおじさまが教えてくれた。んだけど・・・

場所によっては、わりと賑やかになってるけど

アカヤシオの満開って こんな感じだっけ?少し淋しいような気がする。

そういえば、ちょうど満開の時って来たことないんだった。

いつも終わり頃に来ちゃうんだよね・・・


d0071563_19213431.jpg

でもやっぱり可愛いのよね、この形。

他のツツジたちよりも優しい雰囲気だね。まるまるっ



そうそう、山頂へ向かう途中・・・

d0071563_19213745.jpg

芭蕉池にはミズバショウが。

「まだもうちょっと先かねー」 なんて話していたところだったので

嬉しい驚き! 清楚なお姿を拝ませて頂きました。


ちなみに。
d0071563_19214110.jpg

オットのサービスショット。

ではなく。

「こわくて橋渡れましぇん。泣」

でもなく。

這いつくばってミズバショウの写真を撮るの図。



ぷぷ。




d0071563_19215110.jpg

さぁ気を取り直して!

山頂へ向かうよ。

御在所岳はロープウェイやリフトで上までぴーっと上がれる。

お手軽に楽しめるから観光客にも人気なのですよね。



d0071563_19215414.jpg

この、山頂へ向かう最後の登りにも・・・


d0071563_19214531.jpg

「やぁ、ボクだよ」 byおかか

タテヤマリンドウが可愛らしく咲いていたので

おかかと記念撮影♪♪



d0071563_19215845.jpg

そして山頂へ。

ちょっと景色のいいところへ行ったら琵琶湖見れるかな、なんて話していたけど

ダメですな、ガスって白~くなっちゃいました。

以前来た時もそうだったな。登りはじめは青空だったのに山頂に着く頃にはガスガスという。



d0071563_1922046.jpg

少し先へ進んだところで、お昼ご飯とします。



d0071563_192231.jpg

前回、明神山で作ったスープパスタがとても美味しかったので

今回も似たような感じに。ミネストローネのスープを使って。



d0071563_1922637.jpg

家で下茹でしてきたフェットチーネを投入♪

そして前回の残りのチーズパウダーをふりふりして、完成。

・・・あれ?今回は野菜類入れたっけ?

いつもの豆を入れた・・・かもな。ちょっと、記憶があやふやだ。

美味しかったな~~~ しばらくスープパスタはまりそうです☆




あとは下るのみ。というところで、次回へ続きますっ





【  主にオットが書く 身麻呂 in はまぞうブログ(浜松・静岡情報サイト) は コチラ~】






[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2012-06-11 19:36 | 山登り
御在所岳(1,212m) 2012年5月8日 【2】


こにちわ、嫁っこです。

先月の御在所レポの続きをば。


御在所岳(1,212m) 2012年5月8日 【1】 はこちら


d0071563_21355751.jpg

写真を撮り撮り、休憩しいしい、今回もまたなかなか進まない山行です。

d0071563_21355011.jpg

テッテレー!!

毎回、この場所に来ては飛ぶオット。

d0071563_21355515.jpg

やぁ、本当に良い眺めでね。

(私も前はエイヤと飛んでいたけどね、今回はおとなしく。)

d0071563_21361292.jpg

その後、同じ場所で休憩している方々をパチリ。




山頂も間近になってきた辺りで、とうとうこのお花たちが顔を出すよ。

d0071563_2136198.jpg


d0071563_2136434.jpg

可愛い可愛い、タテヤマリンドウ。

この淡い色、いいですよねぇ。


d0071563_2136152.jpg

ショウジョウバカマも、ちらほらと見かけましたよ。

白っぽいような、薄~い紫のような

d0071563_2136819.jpg

こちらはピンク。もっと濃い色のも咲いていたっけ。




ちらちらとお花を見つけては横道にそれる私たち、

でも気付けばもう富士見台まで来ていました。

さすがに4度目となると、近く感じますね・・・ 「あれ?もう着いた!?」って。

d0071563_21362257.jpg

ここから見る鎌ヶ岳。ピラミダル~♪

昨年歩いた鎌尾根、ちょっと怖い箇所もあったけど楽しかったな。

また是非歩いてみたい。



そうそう、この時期の御在所といえば楽しみなのがアカヤシオ・シロヤシオ。

登りの途中、すれ違った方から聞いたんだけど

この日の新聞に「御在所山頂付近でアカヤシオ満開!」という記事が載ったそうな。

あらら~ そうなんだ!それは楽しみ!! とワクワクだったんだけど・・・

ん、思ったよりも ぶわわっ とは咲いてなかったかな?

でも・・・

d0071563_2136196.jpg

まるまるっとした花びら、アカヤシオ。やっぱり可愛い♪


それでは、山頂に向かいましょうか~お腹も空いた~

d0071563_21362787.jpg

のろのろペースでスミマセン。次回に続きます。






【  主にオットが書く 身麻呂 in はまぞうブログ(浜松・静岡情報サイト) は コチラ~】






[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2012-06-08 23:02 | 山登り
御在所岳(1,212m) 2012年5月8日 【1】


こんばわ 嫁っこです。

明神山レポをヨレヨレと書ききったところで、ほっとひと息・・・

いやいや!今月上旬の御在所レポがまだでございました。


d0071563_227276.jpg

鈴鹿の御在所岳。大好きな山・・・ 今回で四度目です。

朝6時半頃、中道登山口の近くの駐車場に到着。

他にはまだ4台くらいしか停まってなかったかな~。


d0071563_2273242.jpg

このザラザラした感じ。またお邪魔しますよう。


d0071563_2273573.jpg

ざくざく。

5月の朝。まだ肌寒い・・・ なんて思っていても

あっという間に汗だく。


d0071563_227395.jpg

花崗岩ってなぜだかとても好きです。


d0071563_2275463.jpg

椿もまだ少し残っています。

ぽつりぽつりと咲いているこの感じも、好き。




そうそう、この時期といえば 楽しみなのが・・・
d0071563_2274561.jpg

イワカガミ♪

可愛いお花ですよねぇ・・・ 登山道の脇にひっそりと咲く控えめなお姿。

今年も会えてよかった!(´▽`)


d0071563_2275053.jpg

御在所は、所々で視界が開けるのが嬉しい。

山頂の辺りが、朝日に照らされてほんのり赤みを帯びておりますよ。

お天気は、良さそうだけどもぼんやりとかすんでる。




さて、四度目となるとさすがに慣れるのか・・・

要所要所で、「あれっもうここまでやって来たのか」と思う。

例えばこちら。
d0071563_2275914.jpg

おばれ石。

初めて御在所に登ったのは、山登りを初めてすぐの頃。

ここまで来るのにヒーヒー言ってたような記憶・・・。

※微妙なポーズで写っているのは、他の登山者さんが石の間を通ってこちらへやって来ようとしていて
シャッターのタイミング的に真ん中にバッチリ写り込んでしまうんじゃないかとやや焦っていたため。

むむーん。



d0071563_228225.jpg

御在所は人気のお山。

私たちが写真を撮ったりチョロチョロ遊んだりしている間にも

後から来た皆々様がどんどん追い抜いて行かれます。

(´・ω・)

d0071563_228816.jpg

時には、同じように写真を撮り撮り登る方と

抜きつ抜かれつで 「あ、ども」 なんて言い合うこともしばしば。



d0071563_2281340.jpg

おばれ石を過ぎたら、こちらね。

地蔵岩。

何度見ても、すごいバランスです。すごいね、自然の力。

「落ちない」ということで、縁起物にもなってるんだっけ?

受験生が・・・どうのこうのって・・・何かで読んだような(記憶違いかな?)



d0071563_2281875.jpg

岩もいいけど、足元のお花にもずいぶんと癒されるものです。

この日は、スミレを何種類も見かけました。

本当に見分けが難しいですね・・・

植物に詳しいオットは、葉っぱや大きさや色などで あれこれブツブツ言ってたけど

私の中ではどれも 「スミレの仲間!」 ・・・そんな投げやりな分類。

でもいいのさ、何という名でも 可愛いのだから。



d0071563_2282392.jpg

さぁ、キレットを過ぎ、先へ進みます。


d0071563_2282872.jpg

下まで降りたところで、上を見上げてみる。

まだこれからキレットを下る方々がたくさんいらしたわ。



d0071563_2283263.jpg

さっきよりも空がどよよんとしてる気がする・・・

けれども。元気出していってみましょ~~~~~。



というわけで次回へ続きます(^^ゞ





【  主にオットが書く 身麻呂 in はまぞうブログ(浜松・静岡情報サイト) は コチラ~】






[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2012-05-29 22:43 | 山登り
御在所岳(1,212m) 2011年5月31日 その5。 ※国見尾根~下山編※


こんばんは、嫁っこです。

本日は雨です。しとしとしとしと・・・・・ ずいぶんと、冷えます。

皆様、体調崩されないようお気を付け下さいませませ。



さて御在所レポ。よ~~~うやく、完 結 編 です(^ω^;)

引っ張りすぎですみません・・・。



御在所岳裏道から国見岳へテクテクと寄り道をし、

その後、国見尾根経由で・・・

d0071563_19281117.jpg

まずは裏道ルートとの合流を目指してサクサク歩きます。

これといった難所はないけど、大きな岩がゴロゴロとした下りは大の苦手。

それでも、このルートは奇岩の連続♪


最初に出会ったのはこちら。
d0071563_19281588.jpg

どーん!

登ってみようかと思ったけど・・・私ではとても無理!(´Д`;)

せめて下に写って記念撮影の巻です。

う~ん、この岩は結局何て名前だったんだろう??

調べようと思って未だにそのまま・・・ ははは・・・。



d0071563_19282066.jpg

この後、尾根道をえっちらおっちら進むと、次に現れるのが・・・??


d0071563_19282794.jpg

どどーん!!

ややっ、なんだかもう軍艦のような迫力(;゚Д゚)!

もしかしてこれが 「ゆるぎ岩」!?

・・・と思ったけど、こちらはゆるぎ岩の手前の、 「天狗岩」 というそうです。

す~~っごく面白い形でした。長い年月をかけて出来た自然の造形・・・見事です。



さぁ、さぁ。この天狗岩を過ぎると・・・

d0071563_19283125.jpg

今度こそ見えてくるものは・・・

d0071563_19283631.jpg

どどどーん!!

こちらが 「ゆるぎ岩」 ですヽ(´▽`)ノようやく出会えた♪

d0071563_19283980.jpg

こちらもまたすごい迫力です・・・。

私も よいしょ っと登って、裏側へ回ってみました。

そうしたら・・・

d0071563_19284392.jpg

なんだか年季の入った厳かな雰囲気漂うケルンがふたつ。

d0071563_19291263.jpg

あ、あの右上のドームは朝陽台広場にある観測所ですな。

う~む、もうちょっと周りの景色をちゃんと写してくればよかった・・・。

高所恐怖症というわけではないのですが、なんだかここは恐ろしゅうて

ずーっと岩にへばりついたままで辺りを見渡していたもので・・・。



このゆるぎ岩の手前には、お昼ごはんを作るのにちょうどいいスペースだったので

こちらでしばし休憩させてもらいました。

メニューは手抜きして、前回同様「パスタソースで炊くピラフ」!!

また、後ほど改めて山ごはん編としてアップしておこうかな・・・。



あと、いつものコーヒーも♪

d0071563_1929017.jpg

オットがいつも豆、ミル、ドリッパーを持ってくるので

山でも美味しいコーヒーを飲むことが出来ます♪

この上ない幸せ・・・(´∀`*)




なんやかんやで小一時間ほど、ごはんを食べたりのんびりしたり。

そろそろぼちぼちと下りますか~。

と、下り始めた直後、上をふっと見上げてびっくり。

d0071563_19285442.jpg

ひょーえー(゚Д゚;) ゆるぎ岩、この角度から見るとまた怖いなぁ・・・。

でも・・・面白かったよ。ありがとう、お邪魔しました。



d0071563_1929556.jpg

引き続き、国見尾根をテクテク歩いて下山です。


d0071563_19291018.jpg

山の斜面を見渡すと、時々ぽこっと変わった岩がのぞいていて面白い。

これは、外人さんの鼻。

あれに似てるね、よく雑貨屋さんに置いてある鼻の形のメガネ置き。


d0071563_19291546.jpg

さっきまでいたゆるぎ岩、遠くから見てもかなりの存在感です。


d0071563_19291921.jpg

あれこれ眺めながらトットコ下り・・・


d0071563_1955751.jpg

藤内小屋が見えてきました。


d0071563_19554696.jpg

集中豪雨の爪痕・・・ この光景を見るのは二度目。胸が痛みますね・・・。


d0071563_19564652.jpg

自然の姿は色々。楽しいことや素晴らしいことばかりじゃないと改めて思い知らされます。

自然が牙を剥くと人間はとてもかなわない。弱い存在。。。。。

・・・いや、弱くない。弱くないよ。みんな負けじと頑張ってる。

どんなことがあっても自然と共に生きたいし生きていかなきゃいけない。

うん、うん、私たちは強い。。。。。



そんなことをつらつら考えながら、

d0071563_2138073.jpg

陽が照る中を一歩一歩、進んでいきます。


d0071563_21493734.jpg

もうすぐで今回の山行もおしまい。

やっぱり御在所は楽しい。相変わらずの私だけど元気をもらえる気がする。


d0071563_21504382.jpg

あの橋の左側に私たちが車を停めた場所がある。




・・・・・・実は。今回はオットのお腹の状態が思わしくなく(^ω^;)

「あともうちょっとだ!!頑張れ!!」

「うん、頑張る!!」

の繰り返しだった私たち(苦笑)

d0071563_2154463.jpg

「・・・や、やっと、戻ってこれた・・・・・」

もはやフラフラのオット。(かわいそうに!)



それに比べ。

d0071563_21553613.jpg

「お疲れー!!」

ピョイコラ。 まだまだ元気な私なのでした・・・(^^ゞ




今回も、長々とダラダラと書いてしまいましたが・・・

お付き合い下さった方(もしいらっしゃいましたら)、どうもありがとうございました~♪

とても楽しい山行でした。長野や山梨もいいけど、やっぱり鈴鹿もいい!!

次回は鎌ヶ岳かな?? ワクワク・・・。




さて次は山ごはん編を、備忘録的にアップしようかな。

ではではっ(^^♪ 





ただいま 低空飛行中につき。。。

御用の方は、左の猫さんをクリック!!

もしくは こちら まで♪


d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2011-06-16 21:58 | 山登り
御在所岳(1,212m) 2011年5月31日 その4。 ※国見岳編※


再びこんばんはの嫁っこです。

・・・なんと!調子に乗ってもういっちょ更新しちゃおうかなと。



御在所岳裏道の分岐から、国見岳へのルートを選んだ私たち。
d0071563_2237158.jpg

台風の後というだけあり、あちこちぬかるんで・・・

d0071563_2237542.jpg

足元には、たくさんのシロヤシオの花。

出来るだけ踏みたくないけど・・・仕方ない。

そして私の山靴は泥だらけ。やっぱり歩き方下手くそだわっ。

難所はなくてわりと歩きやすい道、かな。展望もないのでひたすら進みます。

すると。

d0071563_2237746.jpg

向こうが開けてきた・・・?



d0071563_22371343.jpg

ややっ・・・ これは・・・ なんだか・・・

日向山で見たような光景・・・!?

【日向山の記事はこちら】


d0071563_22371755.jpg

あぁ、なんだか懐かしくて面白いこの感じ。


d0071563_22371922.jpg
「よいしょー!!」

オットが何か始めると・・・

(すいません指写っちゃった(^^ゞ)


d0071563_22372494.jpg
「てーいっ!!」

負けじと私もマネしたくなる。残念な奴です。


d0071563_22372711.jpg

この岩は、くじらの顔。(に、見えませんか?)


こんな光景が続き、楽しませてくれました。

国見岳、素敵!! 岩を見るとテンションが上がる私の性質、変わらず。



d0071563_2237338.jpg

さて再び木々の中へ戻ります。


d0071563_22373720.jpg

ん、石門・・・?? 気になる。けど、う~ん。

今回はおとなしく国見岳を目指すことに(-_-;)ちょっと心残りだけど・・・。


d0071563_22374154.jpg

最後にもうひと登りして、


d0071563_22375169.jpg

山頂! の、看板!!


d0071563_22375477.jpg

狭い山頂には、大きな岩がドドーンとあって

その上に登ってほんの少し休憩してみたけど、どこを見ても真っ白・・・。

d0071563_22375858.jpg

右側の岩、空に向かって顔を突き出しているように見える。

諸星大二郎の漫画によく出てくるな・・・こういう「モノ」。



山頂には先客さんがいらっしゃったんだけど、その方々が

「ここから100mくらい下って左手の方へ行くと、シャクナゲが綺麗に咲いてる所があるよ」

と教えて下さいました。

「見頃だから、向こうへ行くなら是非見ていくといいよ」

と。



本当は来た道を戻って行かねばならなかったんだけど

「100mならすぐだから、ちょっと行ってみようか」 と

シャクナゲを探しに逆方向へ進むことにした私たち。



d0071563_223831.jpg

すっかりガスガスで、このままどこか違う場所へ連れていかれそうな

そんな少々不安な気持ちになりながら木々の間を歩く。。。



そして

「そろそろ100mくらいは下ってきたんじゃない」

「うん・・・多分・・・ でもシャクナゲなんて全然見当たらないけど」

「左に折れないと見つからないって行ってたけど・・・ こっちなのかな?」

「それともあっち?」

そんなやりとりを繰り返して、



もしかして私たち、タヌキに化かされたんじゃあ・・・(´Д`;)



とメルヘンなことを思い始めた頃、




「あ、あれだ!!」

d0071563_2315046.jpg

シャクナゲ発見!!


d0071563_2341897.jpg

うん、確かにタヌキ おじさんが言ってたのは間違いじゃなかった。

ほんとに立派に咲いていて、綺麗でした~~~♪

※写真の腕が悪くて、うまく写せなかったけど・・・;



d0071563_23741.jpg

さて、登山道に戻って、そして元来た道を戻って、行くよ。

わっせ わっせ わっせ。



d0071563_2381290.jpg

黙々と歩いていると、ふと、辺りがなんだか明るくなってきたような・・・

うん、明るい!晴れ間が少しだけど戻ってきた!



d0071563_239459.jpg

少しでも陽が射すと、本当にワクワクする。嬉しい。

そして立ち止まって写真を数枚撮り、また時間のロス・・・と。



d0071563_23103282.jpg

さて、分岐です。 国見尾根を通り、藤内小屋まで下ります。

・・・が、後は次回に続きます(^^;

ではでは、おやすみなさい☆彡






ただいま 低空飛行中につき。。。

御用の方は、左の猫さんをクリック!!

もしくは こちら まで♪


d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2011-06-14 23:12 | 山登り
| ページトップ |