Top

山好きなへっぽこ歳の差夫婦が通りますよ。(ただいまお山に行くペースが著しく低下中)
by mumaro_2
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
日々のことやお山のことをぼんやりと書いております。



へっぽこ山登りの記録

■南アルプス
 ・鳳凰三山
 ・烏帽子岳・小河内岳
 ・仙丈ヶ岳
 ・尾高山
 ・日向山
■中央アルプス
 ・木曽駒ヶ岳
 ・越百山(7合目まで)
■八ヶ岳
 ・天狗岳
 ・編笠山・権現岳
 ・北横岳
 ・麦草峠~白駒池
 ・北八ヶ岳(麦草峠~坪庭~雨池)
 ・車山(夏期)
 ・車山(冬期)
 ・坪庭(冬期)
 ・美ヶ原
■奥秩父
 ・瑞牆山
 ・金峰山
 ・大菩薩嶺
■南信州
 ・大川入山
 ・南沢山(冬期)
 ・蛇峠山(無雪期)
 ・蛇峠山(冬期)
■静岡の山
 ・八紘嶺
 ・秋葉山
 ・蕎麦粒山
 ・竜ヶ石山
 ・尉ヶ峰
 ・枯山
 ・越前岳
 ・獅子ヶ鼻トレッキングコース
■愛知の山
 ・岩古谷山
 ・明神山
 ・乳岩峡
 ・鳳来寺山
 ・石巻山
 ・獅子岩
■関西の山
 ・御在所岳
 ・国見岳
 ・鎌ヶ岳
 ・霊仙山
 ・倶留尊山・曽爾高原
■丹沢
 ・鍋割山

≪山ごはん・外ごはん≫



お気に入りリンク

a journey
酔っ払ライダーのブログ
KEN’S NEWS Iターン梨農家の日々
浜松のんびりブログ
のらりくらりと。
light * airy
気ままにのんびり
ぱんだ屋の朝焼け!夕焼け!パンを焼け!
Colors of the Wind
つくねは「たれ」、こころは「しお」


フォロー中のブログ
マルコの気ままな日記
日菓のあれこれ
ピラタスの丘ペンション村ブログ
かぎしっぽ通り
SCRAPBOOK*|エ...
Animal Skin ...
山日和 -今日も いぃ天気-
sousouka
ファブリック帯目線なキモ...
山へ行こうよ クマと一緒に!
山おんなBiyori
inondo 山梨県富士...
お山歩日記
女一人放浪の旅からハ-フ...
light*airy
ひねもすのたり。
カテゴリ
日常
山登り
アウトドア
お出掛け
星撮り
美味しいもの
レシピのような
山道具
移住のはなし
検索
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
more...
その他のジャンル
タグ
(16)
記事ランキング
ブログパーツ
ブログジャンル
ライフログ
"WD-Lazycat1" Skin by
Animal Skin
タグ:岩古谷山 ( 3 ) タグの人気記事
Top▲ |
岩古谷山(799m) 2012年12月11日 その3。



先日行った、岩古谷山へっぽこレポ。完結編であります。


【岩古谷山(799m) 2012年12月11日 その1。 はこちら】

【岩古谷山(799m) 2012年12月11日 その2。 はこちら】



d0071563_22234372.jpg

お昼ごはんを食べ終え、下山開始としますか。



d0071563_22234779.jpg

うららかな陽気。風はなく、木漏れ日が優しい。

思わず笑みがこぼれた・・・・・・・



・・・・・・



しかし、このあと 我らを待ち受ける恐怖





d0071563_22235329.jpg

・・・・・ワッツ!?((((;゚Д゚))))



d0071563_2224044.jpg

あれ?下山後すぐに鎖場があると。そんな情報は頂いてるのだけど。

※一番先に下りて、お友達と私が落ちてこないように下で構えていたオット。
(休憩時に着用してた山スカそのままになっとる・・・)



d0071563_22241316.jpg

でも、確か巻き道があると・・・ 書いてあったような気がしたのだけど。



d0071563_22242372.jpg

ほ、ほれーーーーー!!!((((;゚Д゚))))



なんという失態。上からだと全然巻き道の存在に気付かなんだYO・・・

明神山にもあるような、急で長めの鎖場。

おそらく雪がなければまだ大丈夫だったと思うのだけど・・・

ちと恐ろしかったですわ・・・ 全員無事生還できてヨカタ



d0071563_22243147.jpg

はい・・・むっちゃ気を付けました。



d0071563_22244119.jpg

さて、気を取り直して。先へ進もう。



d0071563_22244716.jpg

明るい樹林帯の中を テケテケと下ってゆきます。

雪をぎゅっと踏みしめる、あの感触。

キュッキュッという音。いやぁ、冬だなぁ・・・ 改めてそんなことを思いつつ。



d0071563_22245487.jpg

見上げれば真っ青な空。



d0071563_22245850.jpg

突如現れる東屋を通り過ぎたら、



d0071563_2225458.jpg

猿渡橋を下りまする。



d0071563_22251629.jpg

なかなかに急な階段。こんなところが凍ってたら恐ろしいね~・・・

なんて話していたら



d0071563_2225248.jpg

階段真横の山肌に、ドドドーンとつららが・・・!!!

こりゃまた見事だ(;゚Д゚)



d0071563_22252940.jpg

階段全体像。階段の下にも恐ろしいほど巨大なつらら群が見えました。

しかし、こう振り返ってみるとすごい階段だな・・・



d0071563_22262097.jpg

お地蔵さん、こんにちは。お邪魔してます。

優しいお顔だね。



d0071563_22263046.jpg

さて、ここからしばらく石の階段が続くのだけど・・・・・

ただ雪が積もってるだけならなんてことはない。

(とはいえ滑らないよう慎重に下ったけれども。)

本当の恐怖は、ごくわずかだけど 凍ってる箇所があったこと・・・_| ̄|○

左右に手すりなんかがあるわけじゃないし、樹林帯じゃないから木にもつかまれない。

とにかく慎重に慎重に・・・・・てけてけ



d0071563_22263818.jpg

とはいえ、

岩肌に積もる雪が作り出す美しい模様や



d0071563_22264597.jpg

枯れ木の向こうに広がる冬空や



d0071563_22265493.jpg

まるまるコロコロと 散りばめられた可愛い葉っぱや



d0071563_2227367.jpg

時折顔をのぞかせる 秋の名残や



d0071563_22271091.jpg

何か分からないけど ツヤツヤきれいな実など・・・・・



あちらこちら、気になる風景がたくさんで

足を滑らせないよう気を付けつつも、よそ見をしたりカメラを構えたり。



d0071563_22271723.jpg

そうそう、途中こんな胎内くぐりもありまして。



d0071563_22272439.jpg

撮られていた。そして



d0071563_22273163.jpg

撮っていた。



d0071563_22273864.jpg

くぐり抜ける時、岩のふちに見えた葉っぱたち。

レースのふちどりのようにも見えて、とても可愛らしいなぁ。




そして、ここから更に下ったところに突如こんなものが。
d0071563_22274576.jpg

大量の瓦。なんだなんだ?

この先にお社か何かがあったのか?



と、更に進むと・・・・・



d0071563_22275159.jpg

ありました、荒れた小屋が。神社だったのかな?



d0071563_22275820.jpg

納経堂も。

そういえばどなたかのブログに、「台風で倒壊してしまったらしい」と書いてあったような・・・

悲しいくらいの荒れ方であったことよ。



しかし驚いたのは、小屋の前にそびえる・・・


d0071563_2228728.jpg


d0071563_22283271.jpg

不動滝。あまりに立派すぎて、カメラにおさまりきらないよ。

男滝と女滝と二つの滝があったけど、どちらも上の方で凍ってました。

元々、水量はあまりないそうですな。

しかし これぞ修行の山・・・ という、その場に立っているだけで

心にびりびりと来るような迫力、厳格さ。



d0071563_22291843.jpg

そしてこの後、岩屋のような巨石の下で佇むこのお方と出会いました。

オットが、「役行者かな?」 と言っていたけど、どうやらそうみたい。

お邪魔しました、楽しく歩かせていただきましたよ。



d0071563_22292566.jpg

ここまで来れば、登山口の堤石トンネルはもうすぐ。



d0071563_22293341.jpg

なかなかにスリリングな山行だったけど、とても素敵なお山でした。

今度は、雪のない時期に他の山と縦走してみたいな。なんて

そんなことを考えながらテクテク。

お友達も楽しんでくれたかな~。



d0071563_22294014.jpg

そうそう、普段オットと二人で山へ行く時はそうでもないんだけど

お友達と一緒に行く時は 晴天率が高いのでありますよ。

今回もほら、本当にキレイな青空でした。感謝感謝☆



d0071563_22294779.jpg

そして堤石トンネルへ到着!

車を置いてある登山口へはここから少し歩きます。

温泉を楽しみに~ えっほえっほ( ^ω^)♪



d0071563_22295581.jpg

そして車に戻って、ほっと一息。

朝、出発時にも思ったけど、駐車場から見えるあの山が岩古谷山でいいのかな?

(って今更だけども)



今回もケガなく楽しい山歩きでした。

読んで下さったみなさまもありがとうございました☆





人気ブログランキングへ

↑ランキング参加してます♪よろしければポチッと!



【  主にオットが書く 身麻呂 in はまぞうブログ(浜松・静岡情報サイト) は コチラ~】






[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2012-12-27 22:36 | 山登り
岩古谷山(799m) 2012年12月11日 その2。



本日二度目の更新と相成りました。

岩古谷山の続きを書いていきますよー。

【岩古谷山(799m) 2012年12月11日 その1。】 はこちら



目の前にどどんと現れた岩古谷山。さすが、なかなかの迫力です。



d0071563_1542145.jpg

新雪のふわふわの中を、テクテクと登ってきた我ら三人組。

ここは東海自然歩道でして、難所はきちんと整備されているのでありますなー。



d0071563_1542473.jpg

ほら、こんなに立派な階段が。



d0071563_1542756.jpg

写真で見るより、急です・・・

雪で足を滑らせないように、ね。



d0071563_15421021.jpg

階段の直後は、こちら。ほぼ垂直の梯子。



d0071563_15421395.jpg

明神山を思い出しますわ・・・ そんなにこわくはない。



しかし、

d0071563_15421685.jpg

梯子の後に現れたこの丸太の急登は、結構足をとられましたな・・・

ちょこっと飛び出たボルトの頭や、飛び飛びで現れる太めの丸太に

かかとを引っ掛ければ滑ることはなかったけども。



d0071563_15421918.jpg

しかしこのあたりまで来れば、景色がぱっと開けます。

あちらに見えるのは三ッ瀬明神山?ん、違う?(山座同定がモーレツに苦手)



d0071563_15423137.jpg

綺麗だったな~~~天気も本当に良くて、空気が澄んでいて。



d0071563_15422245.jpg

この先もちょこちょこ現れる岩場。いい加減ストックしまっていこー



d0071563_15422591.jpg

雪にまみれた岩はつかみにくいから、左右にある手すりのようなものに頼るのだけど

途中、ぐらぐらになっている箇所もありまして・・・ 慎重に慎重に。



d0071563_15422746.jpg

少しずつ、風も強くなってきたかな・・・

山頂はそんなに遠くはない、と思う。ガンバロ。



d0071563_15423553.jpg

この看板、道中にいくつかアリ。



d0071563_15423992.jpg

結構な痩せ尾根もあったのですよ。

ドキドキするけど、やっぱりこういうお山は飽きないね。

ある程度よそ様のブログで調べてはあるけど、

次はどんな道かしら、と 変化に富んでいてワクワクする。



d0071563_15424244.jpg

登りきったところに、少し開けたスペースがあって

私たちより先に出発したカップルさんがごはんを食べていました。

と、いうことは、そろそろ・・・・・・・



d0071563_15424583.jpg

山頂 キーターーーーーーヽ(・∀・)ノ

今回も ケガなく無事に登ってこられました、お疲れ様です☆



d0071563_15432329.jpg

看板の上では、またもや小さな雪だるまがお出迎え。

かわいいね~。



d0071563_15433297.jpg

鞍掛山への縦走路だね。雪のない時期にゆっくり歩いてみたいな~。




・・・さて!時間もちょうどいいし、お昼ごはんにしましょうか。

d0071563_1543382.jpg

我々の今回の山ごはんは コツラ。

手抜きで鍋焼きラーメンにしちゃったよ(´▽`)

でもそれだけだと少し寂しいから、煮玉子とメンチカツもプラス。



d0071563_1543574.jpg

わくわく・・・・・・

鍋を火にかけ、沸くまでの間 みんなで周りをウロチョロ・・・・・



d0071563_15434666.jpg

今更なんだけど、ガスを雪の上に直置きしたのが良くなかったかね・・・

結構時間がかかってしまった(・・;)

いつも下に何か敷いてたっけ。



d0071563_1544429.jpg

そして、やがて完成~。



d0071563_1544975.jpg

ラーメンにメンチカツ。う~ん、美味!!

山ごはんの醍醐味って、このB級感よね。

普段やらないことをやりたくなる。フフフ・・・



d0071563_15441491.jpg

おやつには、スーパーで買ったドーナツ◎

穴が小さすぎて、向こうの山が見えませんがな。笑



ラーメンもドーナツも美味しくて一気食いでした~

やはり食べると冷えた体もあったまりますのう。ごちそうさまでした!



d0071563_15441968.jpg

では、出発前に、恒例の・・・・・



d0071563_15442573.jpg

記念撮影ヽ(・∀・)ノ 逆光で暗くなっちゃったけど・・・



それでは、次回に続きます✽





人気ブログランキングへ

↑ランキング参加してます♪よろしければポチッと!



【  主にオットが書く 身麻呂 in はまぞうブログ(浜松・静岡情報サイト) は コチラ~】






[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2012-12-21 16:07 | 山登り
岩古谷山(799m) 2012年12月11日 その1。



月に一度、お友達とゆく小さな山の会のおはなし。



愛知県北設楽郡設楽町にある標高799mの山、岩古谷山へ行ってきました。

「なかなかの岩山で、鎖場や鉄梯子などがあってスリル満点、面白い山だよ~」

・・・という話をよく聞いていて、以前から気になっていたのです。

でも、お友達と行くにはちょっと行程が長いかな~・・・ なんて思っていたのだけど

どうやら、縦走なしの短いルートもあるのだと わりと最近知りまして(・・;)



コースタイムは、登りで一時間くらいだったかな?

それならのんびり行ってこられるね~

雪あるかね~ カツカツに凍ってるようだったら引き返そうねぇ

なんて話しながら、現地に到着。




d0071563_1156360.jpg

・・・け、結構な雪でごんすなー(;゚Д゚)



d0071563_1156672.jpg

東海自然歩道の看板が建っている登山口からすっぱつします。

ちなみに、私たちより少し先に登り始めたカップルさんも

私たちと同じコース(岩古谷山のみ周回)を行くとのこと。

先行者がいるって、それだけで少しほっとするわ(;^ω^)



d0071563_11564096.jpg

山頂まで、すぐではないか。

ただ、この雪がどのくらい影響するかしら。



d0071563_11564395.jpg

まぁ のんびり焦らず イテキマース。



d0071563_11564658.jpg

雪のある山道を歩くのは・・・9ヶ月ぶりくらい?

越前岳で、残雪ずるずるだった時以来かなぁ。

今回はふわふわの新雪だから、心もついうきうきと。



d0071563_11564810.jpg

天気もよし!(・∀・)

見上げれば、木々の間からちらりとのぞく青空。



d0071563_11565220.jpg

アイゼンもつけず、ふわふわざくざく、時折足を若干とられつつ

「十三曲がり」というつづら折りの登山道をゆきます。



とても静かな世界・・・・・

この 独特のキンと冷えた空気。冬だなぁ・・・・・



d0071563_11565992.jpg

そしてね。

十三曲がりをすぎたところに、ベンチがあってやや開けたスペースがありまして。

ここでね、見つけたのですよ。


なんとも可愛らしい雪だるま一家を。

誰が作ったんだろ?あの先行者さんなのかなぁ?

とても心がほっこりとしたのでした。




・・・しかし、この先は

結構な 急登だったわけで・・・・・_| ̄|○



d0071563_11565364.jpg

↑登りきったところ。



凍ってカツカツの登山道ほどこわいものはないけど

ずるずると足をとられるのもヒヤリとしますなぁ・・・



d0071563_1157953.jpg

といっても、アイゼンなしで登れる程度だったので

あんまりヒャアヒャア言わんでもいいかなと思うのでありますが

なんといっても、久々のこの感触。いやぁ、おっかなびっくり。



d0071563_1157225.jpg

そんな私たちを、きりっと晴れた冬空が励まして下さる。



d0071563_1157778.jpg

木に、ちょこんと残った雪。

落ちそうで落ちない、絶妙なバランスを保っておられる。



d0071563_1157420.jpg

いろんなものが、私たちの目には新鮮に映る。



d0071563_11571110.jpg

一面真っ白なのに、鮮やかな緑が揺れていたりね。



d0071563_11571399.jpg

これからどんどんどんどん、「冬」が進んでいくのですな。




・・・そんなことを考えながら、梯子や鎖場へと近づいてゆくのでした。



ちょっと短いけども、今回はここまで。続きはまた!





人気ブログランキングへ

↑ランキング参加してます♪よろしければポチッと!



【  主にオットが書く 身麻呂 in はまぞうブログ(浜松・静岡情報サイト) は コチラ~】






[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2012-12-19 17:18 | 山登り
| ページトップ |