「ほっ」と。キャンペーン
Top

山好きなへっぽこ歳の差夫婦が通りますよ。(ただいまお山に行くペースが著しく低下中)
by mumaro_2
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
プロフィール
日々のことやお山のことをぼんやりと書いております。



へっぽこ山登りの記録

■南アルプス
 ・鳳凰三山
 ・烏帽子岳・小河内岳
 ・仙丈ヶ岳
 ・尾高山
 ・日向山
■中央アルプス
 ・木曽駒ヶ岳
 ・越百山(7合目まで)
■八ヶ岳
 ・天狗岳
 ・編笠山・権現岳
 ・北横岳
 ・麦草峠~白駒池
 ・北八ヶ岳(麦草峠~坪庭~雨池)
 ・車山(夏期)
 ・車山(冬期)
 ・坪庭(冬期)
 ・美ヶ原
■奥秩父
 ・瑞牆山
 ・金峰山
 ・大菩薩嶺
■南信州
 ・大川入山
 ・南沢山(冬期)
 ・蛇峠山(無雪期)
 ・蛇峠山(冬期)
■静岡の山
 ・八紘嶺
 ・秋葉山
 ・蕎麦粒山
 ・竜ヶ石山
 ・尉ヶ峰
 ・枯山
 ・越前岳
 ・獅子ヶ鼻トレッキングコース
■愛知の山
 ・岩古谷山
 ・明神山
 ・乳岩峡
 ・鳳来寺山
 ・石巻山
 ・獅子岩
■関西の山
 ・御在所岳
 ・国見岳
 ・鎌ヶ岳
 ・霊仙山
 ・倶留尊山・曽爾高原
■丹沢
 ・鍋割山

≪山ごはん・外ごはん≫



お気に入りリンク

a journey
酔っ払ライダーのブログ
KEN’S NEWS Iターン梨農家の日々
浜松のんびりブログ
のらりくらりと。
light * airy
気ままにのんびり
ぱんだ屋の朝焼け!夕焼け!パンを焼け!
Colors of the Wind
つくねは「たれ」、こころは「しお」


お気に入りブログ
マルコの気ままな日記
日菓のあれこれ
ピラタスの丘ペンション村ブログ
かぎしっぽ通り
SCRAPBOOK*|エ...
Animal Skin ...
山日和 -今日も いぃ天気-
sousouka
ファブリック帯目線なキモ...
山へ行こうよ クマと一緒に!
山おんなBiyori
inondo 山梨県富士...
お山歩日記
女一人放浪の旅からハ-フ...
light*airy
ひねもすのたり。
カテゴリ
日常
山登り
アウトドア
お出掛け
星撮り
美味しいもの
レシピのような
山道具
移住のはなし
検索
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
more...
人気ジャンル
タグ
(16)
記事ランキング
ブログパーツ
ブログジャンル
ライフログ
"WD-Lazycat1" Skin by
Animal Skin
タグ:大菩薩嶺 ( 4 ) タグの人気記事
Top▲ |
大菩薩嶺(2,057m) 2012年7月10日【3】


お友達とゆく小さな山の会。

大菩薩嶺完結編でございまするー。


大菩薩嶺(2,057m) 2012年7月10日【1】 はこちら。

大菩薩嶺(2,057m) 2012年7月10日【2】 はこちら。


d0071563_21312375.jpg

大菩薩嶺の山頂は、森の中。

ガスってもやもやとした中をゆく・・・


d0071563_21312648.jpg

ここでも、サラサドウダンの花が見られました。

小さくちまちましていて、本当に可愛らしいお花ですのう。


さて 歩くこと数分で~

d0071563_21314499.jpg

大菩薩嶺 山頂に到着!


・・・あ、失敬。オットだけ飛んでる(笑)


改めまして


d0071563_21321454.jpg

おめ~~~~~。


・・・ヨシッ。三人で飛べた☆



この後、雷岩の辺りでお昼ごはんを食べることに。

いつもなら、あれこれメニューを決めて、食材を持ち寄って、調理~♪

・・・と楽しい時間なのだけど。

今回は下山後に お楽しみ があるため、山ではさっくりと

珈琲 & カップラーメン のみ(^^ゞ

d0071563_21322479.jpg

いつものように、オットが珈琲を豆から持参してミルでガリゴリと挽いて 淹れてくれます。

ドリッパーは、この間まではモンベルのものを使っていたけど

だいぶくたびれてきたので・・・ 今回新調してみました☆

折りたたんでコンパクトにできるタイプのもの。なかなか使い心地良いみたいよ~。


さぁ!ラーメンも食べて(写真撮り忘れたけど(^^ゞ)

ほどよくお腹がふくれたところで ゲザーン 致しますか。



d0071563_21323262.jpg

初めて来た時は、唐松尾根で下ったなぁ。

でも気持ちのいい稜線を楽しむならば、ということで

同じルートをゆくことに。

雲が多いけど、青空も広がっているよ。


d0071563_2132369.jpg

わー 少しガスが晴れて稜線が見えてきた(´▽`)♪


d0071563_21324037.jpg

お友達にも 「綺麗!」 と言ってもらえました。良かった!


d0071563_21324365.jpg

眺めのいい岩の上で、のんびり休憩してるグループも。

あの場所も気持ち良さそうだね~。


d0071563_21324888.jpg

雨でも曇りでもガスガスでも、山は山。

色々な表情を見せてくれる。

でもやっぱり、「晴れ」に勝るものはないなぁ~~~ と

顔をのぞかせてくれた青空を見て、改めて思うのであります。


d0071563_21325172.jpg

富士山は、とうとう見えなかったけど・・・。

また来たいな。このお山は、本当に気持ちのいいところだ。


d0071563_21325446.jpg

ほら岩の上にはゆるキャラトリオ(笑)

くまおくん、おかか、そしてポンちん。

彼らにも楽しんでもらえただろうか~。

(そういえば、おかかもだいぶ薄汚れてきたな・・・たまには洗ってあげた方がいいんだろうか;)


d0071563_2132583.jpg

下りでも、時折見かけては和む、サラサドウダンの花。

うつむき気味で歩いていて、はっとする瞬間ですね。

上を見上げれば 木漏れ日と共に小さな花が揺れていましたよ。

たくさん見られてよかった。



さて、介山荘で山バッジを購入し、またお手洗いをお借りし

テクテクと 下界へ向かって歩いてゆく・・・・・


d0071563_22285976.jpg

おしゃべりを楽しみつつ。

そういえば、朝この場所から見えた富士山。

下山時にはもうガスって見えなくなってたなぁ・・・。

朝だけでも見られて良かった。


d0071563_213342.jpg

福ちゃん荘の前には大きなクマのぬいぐるみが(´▽`)

この子がふくちゃんだそうだ!もふっとしておりますなー。


d0071563_22404579.jpg

そしてやわらかな緑の道を抜け、ロッヂ長兵衛まで歩いていったのでした。

予報のわりにもやもやとした天気だったのが少しだけ残念だけど

今回もケガなく楽しく行ってこられて感謝です!

来月の山の会は~ ・・・ 八ヶ岳かな? と、あれこれ計画中・・・



読んで下さったみなさま ありがとうございました☆彡





【  主にオットが書く 身麻呂 in はまぞうブログ(浜松・静岡情報サイト) は コチラ~】






[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2012-07-30 21:15 | 山登り
大菩薩嶺(2,057m) 2012年7月10日【2】


お友達とゆく小さな山の会。大菩薩の続きです。

大菩薩嶺(2,057m) 2012年7月10日【1】 はコチラ。


d0071563_191425100.jpg

大菩薩峠の小さなお地蔵さまたちは相変わらずお元気そう。


d0071563_19153954.jpg

キンポウゲ? 介山荘脇のベンチの隙間からひょっこり。


その後ろには・・・
d0071563_19162539.jpg

またまた九輪草が。可愛い形、色。


d0071563_19171565.jpg

大菩薩嶺へ続く稜線は、ガスが少し晴れたりまたかかったりの繰り返し。

風は強い。どこかでパーっと晴れて、周りの山々が見えたら嬉しいんだけど・・・。


d0071563_19185639.jpg

上日川ダムがなんとか綺麗に見えるくらい(^^ゞ

でも青空も少しは顔を見せてくれているし、

雨に降られないということだけでも、ありがたい。


d0071563_12101869.jpg

今回も、オットの赤パン(通称遼くんパンツ)は絶好調。


d0071563_12122586.jpg

少し進んで、振り返る。

おー さっきまでいた介山荘のあたりは既にすっかりガスガスです。

ガースー黒光り記念病院(さて何年言い続けてるものか)。


d0071563_12241192.jpg

そうそう、ここでも 車山で聴いたような声が。

あの子もビンズイちゃんかしら?

鳥はとても可愛いと思うのだけど、いつまで経っても覚えが悪い私です。

でも最近は便利な世の中になりましたな。

iPhoneのアプリで、野鳥図鑑のようなものがいくつかあって

それぞれの鳥の鳴き声を確認出来るから その場で何の鳥かな、って調べられるのだ。

(そのわりに分かってないがね・・・ 私は・・・orz)


d0071563_12303052.jpg

親不知ノ頭を過ぎ、もう少し先へ行ってみる・・・


d0071563_12404853.jpg

遠くから、この鮮やかな色が見えていたので。

レンゲツツジ。

鹿の食害を防ぐためか、ネット越しでしか見られなかった・・・

先日の八ヶ岳方面でも、山小屋のご主人が嘆いていたっけな。

鹿が増えすぎていかん って。

少し前にラジオでもその話題が。

ニホンオオカミがいなくなってしまったから、鹿が増えてしょうがないんだと。

そこで、オオカミの復活を試みる動きがあるんでしたっけ。

(オオカミはイヌ科だから・・・どうのこうのってね。

詳しいことは知らないのだけど。そのようなことを言っていたわ)


d0071563_1247395.jpg

賽の河原。毎回小屋を確認するオット。

開かなかったけど、もっと力入れたら開いたかも。とのこと。

避難小屋だから開いてると思うよ、だって。


d0071563_14194611.jpg

傍らに 絶妙なバランスのケルン。

こわくて手が出せなかった。オットは下の方にひとつ小さな石を置いていたっけ。


d0071563_14213270.jpg

ガスの中テクテクと歩く我ら三人連れ。


d0071563_14255594.jpg

植物についた露が きらきらととても綺麗。

とても涼やか。


d0071563_14285780.jpg

振り返る。ガスの中、斜面のツツジが。

あそこは登山道から外れているので近づけなかった場所。

少し晴れやかだった時は、ずいぶんと鮮やかに見えたものです。


d0071563_14301668.jpg

さて、標高2,000m。


d0071563_14304999.jpg

雲がぽこぽこと浮かぶ、気分のいい眺めです。

これは、雷岩の辺りから。

岩の上によいしょっと立つと、なかなかの高度感なのであります。


d0071563_14313433.jpg

気持ちのいい青空に、カメラを向けるお友達の後ろ姿。

その先には・・・・・


d0071563_19523095.jpg

くまおくんキタコレ☆

(ボケてる・・・スミマセン・・・)


d0071563_1953372.jpg

さぁ、大菩薩嶺一番の楽しみである稜線は、すっきりと姿を見せないまま。

ガスが、晴れそうでなかなか晴れない・・・

どうする、もう少しここで待ってみる?それとも先に山頂まで行ってきちゃう?

・・・・・・・・

しばし悩んだけど、まぁ状況はすぐには変わらなさそうだし・・・

とりあえず先に山頂へ行ってきましょう。ということに決定。

分岐の手前、鮮やかなツツジに別れを告げて、樹林帯へ入ります。



次回へ続きます☆





【  主にオットが書く 身麻呂 in はまぞうブログ(浜松・静岡情報サイト) は コチラ~】






[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2012-07-29 16:13 | 山登り
大菩薩嶺(2,057m) 2012年7月10日【1】


月に一度、お友達と3人でゆく 小さな山の会。

わしわし登るよりも、景色やお花やカメラやおしゃべりを楽しむことを重視ヽ(´ー`)ノ

今回は、山梨県の 大菩薩嶺 に行ってきました。

我々は過去に二度登っているけど、あの美しい稜線をお友達にも見せたくてお誘いしたのでした。

ロッヂ長兵衛からのピストンなら、急登がないし難所もないし、安心して歩けるコース☆


d0071563_1859562.jpg

小屋前の駐車場に、朝7時前くらいに到着。

天気はまずまず・・・だけど、山の方にガスがかかってるのが気がかり。

でものんびり楽しく、行ってみましょうか~。


d0071563_190055.jpg

山の朝特有の、あのひんやりと心地いい空気。


d0071563_190498.jpg

時折差す日の光に目を細めつつ、お友達とおしゃべりしながら

林道をテクテクゆきます。


d0071563_1901067.jpg

いつもと同じで、いつもと違う朝です。

山で見る朝日はより清々しい。


d0071563_1901495.jpg

お友達は今回も、「くまおくん」と一緒のご参加。

赤いザックからフラリとぶらさがる姿が可愛らしい。


d0071563_1901754.jpg

福ちゃん荘まで来ると、ここであのお花を発見!!


d0071563_190219.jpg

九輪草。


・・・・・あれ、もしかしてこのブログではまだ書いてなかったっけ・・・?(-_-;)

先月大鹿村に青いケシを見に行った時、近くの高原で九輪草の群生と出会ったのでした。

色も形もすごく可愛らしくて、いっぺんに好きになってしまったわ、このお方。



d0071563_1902517.jpg

この季節、もっとたくさんのお花が見られるかな~と思っていたけど

意外と お花が少ない・・・ ような気が。

でも、時折現れるお花や木々の緑や、青空を眺めながら先へ進みます。



途中、ベンチがある場所があるのですが、
d0071563_1903218.jpg

ここから・・・


d0071563_1902918.jpg

ふ じ さ ん ヽ(´ー`)ノ オハヨー

だいぶ雲が出てきちゃってますねぇ。

でもここで朝ごはんのおにぎりを食べてる間、ずっと姿を見せてくれていました。

感謝感謝☆




「なんか・・・ごはん食べて体が重くなったような気がしますよね・・・」

なんて会話をしつつ(何言ってるんだか)、ゆるやかに登っていく。。。


d0071563_1904359.jpg

この感じ、八ヶ岳の森を思い出しますのう。


やがて
d0071563_1903662.jpg

介山荘に辿り着いたのでした。


d0071563_1904797.jpg


そういえば、大菩薩は三度目だけど まだバッジ買ったことないんだった。

何にしようかな~~。。。と物色するも、まぁお買い物は帰りにしよう、ということにして

お手洗いだけお借りして先に進むことに。

(かき氷にも惹かれるけどね~)


d0071563_1905053.jpg

三人集合写真、まさかのボケピンw


d0071563_1982990.jpg

♪ああ そーらはこんなに青いのに 風はこんなにあたたかいのに

たいよーーは とっても明るいのに


d0071563_1983980.jpg

どうして ゆく先は ガスガス(゚д゚)


すいみんすいみんすいみんすいみん
すいみんぶっそっく


(お粗末様でした)




・・・次回へ続きます(´▽`)





【  主にオットが書く 身麻呂 in はまぞうブログ(浜松・静岡情報サイト) は コチラ~】






[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2012-07-28 16:22 | 山登り
大菩薩峠・大菩薩嶺 (2008年10月7日)
こんばんは、嫁っこです。

ここのところ、日中はものすごい暑さですねぇ・・・。

仕事中、頭がぼんやりしてしまいます。

でも夕方5時頃になると、すーっと、やけに涼しい風が。

そうか、もう秋だったか。ハッとしてしまう瞬間です。






さてさて、先日、初山登りとして

秋葉山に登ったときの話を書きましたが、

今回は、その次のお山のことを備忘録的に書いておこうと思います。

※もう2年の前の話ですが、スミマセン^^;

私たちにとって二度目のお山です。





行き先は、オットが好きなお山、大菩薩嶺

大菩薩嶺・・・山梨県甲州市にある、標高2,057m。日本百名山に選ばれています。

大菩薩観光協会のHPはこちら♪





オットは私と知り合う前、バイクにテントを積んで

あちこち旅をしていたそうなのですが

その時に大菩薩峠にも来たことがあり、景色が素晴らしくて、

すっかりお気に入りになったんだとか。

(なんとなんと、革パンとライダーブーツで登ったとか!!)

オットから大菩薩に登る話を切り出されたとき、はっと思い出したことがありました。

そういえば、オットの実家に「大菩薩峠」と文字が入った

渋い湯のみがあったなぁ・・・。いやぁ、本当に好きなんだなぁ。

そんなにいいところなら、私も行ってみなければっ。





というわけで、行ってみました。


d0071563_22121017.jpg


山登りのために遠出するのははじめて。

早朝に高速で移動・・・朝日が眩しい。

なんだかいい一日がはじまりそうな。




d0071563_22132283.jpg


道中、オットおすすめの富士山が見えるスポットに立ち寄りつつ・・・





d0071563_22135043.jpg


さっくり山登りスタート♪♪

大菩薩も登山ルートが色々ありますが、

私たちは初心者向けの「ロッヂ長兵衛」さんから出発して、

唐松尾根分岐 ~ 大菩薩峠 ~ 大菩薩嶺 というコースをピストンで。

コースタイムは確か4時間くらいだったかな??

特に大菩薩峠までは、アップダウンの少ない、キレイに整備された道を行きます。

※あ、ちなみに上の写真では舗装路を歩いていますが

10分くらいで未舗装の道になります~。





d0071563_22183235.jpg


山登り2回目の私。初心者コースなのに、ゼェゼェ、ハァハァ・・・。

この頃は、あんまり写真を撮っていないのでした^^;

木々たちに、そしてオットに励まされながら、登る・・・。

運動不足すぎるのですな、情けない(゚Д゚;;)




そして一時間強で・・・

d0071563_22212222.jpg


大菩薩峠(1,897m)に到着しました~♪

ふぅ、お疲れ様っ!





さて。

大菩薩峠に着いてほっと一安心の私。

しかしこの後残念っぷりが炸裂。





私は出発前にオットの話をちゃんと聞いていなかったようで・・・

ここが、終着点。 なのだと、そう思っていたのです。

少し休憩した後、オットに





「さぁそろそろ行こうか。大菩薩嶺まであと1時間くらいだよ」





と言われたとき、






え?どこに行くって???(゚Д゚)






と、真顔で答えたわけであります。

そしてその場で今後のルートの説明を改めて聞き・・・

あっ、ここゴールじゃなかったのかぁ~!!と、

はじめて知ったわけで・・・。

いやはや。







でもね。

d0071563_22254319.jpg


景色は最高でした!!





d0071563_2226626.jpg


あれは上日川ダムだっけ?

前回の秋葉山では、山頂以外開けた場所がなかったので・・・。

ここへ来て初めて、






ここは雲の上の世界??






と、感じたのでした。

残念ながら、ガスで富士山はよく見えなかったし、

視界はクリアではなかったけど・・・

でも、はじめて見る地上2,000mの世界に、大満足。






d0071563_2228631.jpg


大菩薩嶺への稜線から、大菩薩峠を振り返る・・・。

稜線歩きって、なんて楽しいんだ!!

山って、こんなに楽しい場所だったのか!!?

なんて、思わずテンションが上がってしまうわけです。





d0071563_2229118.jpg


斜面に木がポコポコと。

この感じ、下山後に遠くから見てもよく分かる・・・。

「あ、あの少しハゲた辺り、大菩薩かね?」って。






途中、広いところでお昼ごはんにしようとしていたときのこと。

近くにいたおじさまが、

「こっち見てごらん、紅葉している木があるよ」

と教えてくれました。


d0071563_22301315.jpg


あっ、ほんとだ!真っ赤ではありませんか^^

まだ早いかな?と思ってたけど、少しでも紅葉に出会えて良かった~。

おじさま、教えてくれてありがとう!





d0071563_22334890.jpg


山の上でごはん。

何食べたっけ?おにぎりだったかな?

美味しかったなぁ~。





このあと、少しの岩場を越えて、無事大菩薩嶺へ到着♪

d0071563_22372483.jpg


展望のきかない樹林帯の中だけど、なんだかほっとしました。





d0071563_22445571.jpg


もう2年前の話・・・




d0071563_2245415.jpg


「まだ」あれから2年・・・??





私たちまだまだこれからね~。

d0071563_22464174.jpg
(雷岩にて、妙なポーズ)


あ、ちなみに装備はすべて家にあったものですよん(苦笑)





ではでは・・・今日のところは、おやすみなさいまし☆



d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2010-10-13 22:05 | 山登り
| ページトップ |