Top

山好きなへっぽこ歳の差夫婦が通りますよ。(ただいまお山に行くペースが著しく低下中)
by mumaro_2
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
日々のことやお山のことをぼんやりと書いております。



へっぽこ山登りの記録

■南アルプス
 ・鳳凰三山
 ・烏帽子岳・小河内岳
 ・仙丈ヶ岳
 ・尾高山
 ・日向山
■中央アルプス
 ・木曽駒ヶ岳
 ・越百山(7合目まで)
■八ヶ岳
 ・天狗岳
 ・編笠山・権現岳
 ・北横岳
 ・麦草峠~白駒池
 ・北八ヶ岳(麦草峠~坪庭~雨池)
 ・車山(夏期)
 ・車山(冬期)
 ・坪庭(冬期)
 ・美ヶ原
■奥秩父
 ・瑞牆山
 ・金峰山
 ・大菩薩嶺
■南信州
 ・大川入山
 ・南沢山(冬期)
 ・蛇峠山(無雪期)
 ・蛇峠山(冬期)
■静岡の山
 ・八紘嶺
 ・秋葉山
 ・蕎麦粒山
 ・竜ヶ石山
 ・尉ヶ峰
 ・枯山
 ・越前岳
 ・獅子ヶ鼻トレッキングコース
■愛知の山
 ・岩古谷山
 ・明神山
 ・乳岩峡
 ・鳳来寺山
 ・石巻山
 ・獅子岩
■関西の山
 ・御在所岳
 ・国見岳
 ・鎌ヶ岳
 ・霊仙山
 ・倶留尊山・曽爾高原
■丹沢
 ・鍋割山

≪山ごはん・外ごはん≫



お気に入りリンク

a journey
酔っ払ライダーのブログ
KEN’S NEWS Iターン梨農家の日々
浜松のんびりブログ
のらりくらりと。
light * airy
気ままにのんびり
ぱんだ屋の朝焼け!夕焼け!パンを焼け!
Colors of the Wind
つくねは「たれ」、こころは「しお」


フォロー中のブログ
マルコの気ままな日記
日菓のあれこれ
ピラタスの丘ペンション村ブログ
かぎしっぽ通り
SCRAPBOOK*|エ...
Animal Skin ...
山日和 -今日も いぃ天気-
sousouka
ファブリック帯目線なキモ...
山へ行こうよ クマと一緒に!
山おんなBiyori
inondo 山梨県富士...
お山歩日記
女一人放浪の旅からハ-フ...
light*airy
ひねもすのたり。
カテゴリ
日常
山登り
アウトドア
お出掛け
星撮り
美味しいもの
レシピのような
山道具
移住のはなし
検索
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
more...
その他のジャンル
タグ
(16)
記事ランキング
ブログパーツ
ブログジャンル
ライフログ
"WD-Lazycat1" Skin by
Animal Skin
タグ:仙丈ヶ岳 ( 5 ) タグの人気記事
Top▲ |
仙丈ヶ岳 補足編でござい。

こんばんは、嫁っこです。

へっぽこな私たち、仙丈ヶ岳の後は、2日ほど筋肉痛に

悩まされました。。。

※いや、私たち、じゃないな。私、だ。



う~ん、もっと鍛えねばならん、と本気で思いつつ。

ちょいとここで補足をしておきます。



d0071563_19415747.jpg


道中見つけたお花、こちらはゴゼンタチバナというらしい。



d0071563_1942385.jpg


クルマユリだ!



d0071563_19425229.jpg


そして、トウヤクリンドウ♪



d0071563_19431053.jpg


山小屋にて。。。

稜線を見上げると、にょきっと出た雲が。

あの雲の右っかわ。

猫が「ばばーん」って手を上げてるように見えた。

オットと、猫雲だ!と騒ぐ・・・。

見えますかね?え、見えない? さいですか・・・。





そうそう、2日目の下山後、

仙流荘から車でお風呂へ向かう途中、

道路を横切る黒い影・・・っ!


d0071563_1945916.jpg


猿です。親子連れです。

川の方から ばばばっ と出てきました。

あ、あぶねーっ!と思わず叫んでしまう。。。

5、6頭いたかな?

そういえば北沢峠からのバスに乗っている間も、猿を見かけました。

運転手さんがおもむろにバスを停めて、


「えー、左側の斜面には・・・ 猿がいます 


と突然のアナウンス。



そりゃみんな、「えっ!?」ってなるわねぇ・・・(笑)




ちなみに帰りは、高遠のさくらの湯に寄って帰ってきました。

確か2時半か3時頃だったかな、中途半端な時間だったせいか、すごく空いてました。

私はずーっと露天につかって、しかも貸切状態♪

その頃オットは、居合わせたおじいさんにつかまり、

政治やら戦争やらの話を聞かされていたとか・・・!

時々、いらっしゃいます、そういうお方。ね。




帰り途中には

d0071563_19502782.jpg


虹を見かけ、今回の旅を終えたのであります。




楽しい旅でした。非常に楽しい旅でした。

次回は9月の上旬の予定だけど、どこのお山にしよう??

候補はいくつか上がってるんだけど、まだ決められないのだ。

あれこれ悩む、この感じもまた楽し。・・・って、ね。



d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2010-08-12 19:52 | 山登り
仙丈ヶ岳 その4。 ようやく下ります
こんばんは、嫁っこです。

仙丈ヶ岳登山、写真撮りすぎで「その4」まで

引きずっちまってます。。。

もう少しだけ、お付き合い下さいまし。




d0071563_21392638.jpg


仙丈小屋でゆっくり休ませて頂き、無事に御来光も見て。

朝6時半頃に下山開始です!

1時に北沢峠から出るバスに乗れればいいから、

かなり余裕がありまっす。




d0071563_21432993.jpg


ここの絶景ともお別れ。




d0071563_21445553.jpg


おかか with 仙丈小屋。

お世話になりました。ここの小屋はすごく居心地が良かった。

また絶対泊まりたいと思います。




d0071563_21455895.jpg


さて、昨日通過した小仙丈ヶ岳まで、気持ちのいい稜線歩き♪

これがしたかったのだ~。

念願叶って良かった!




d0071563_214709.jpg


山頂を振り返る・・・いるいる、人が。




d0071563_21472515.jpg


山頂から下ってくる人たちもたくさん。

あれは団体さんかな?

こうして、遠くから眺めてると不思議な感じですね。

私たちも同じようにあそこを通ってきたんだなぁ。




d0071563_2148216.jpg


すごいスケールだね。

人はこんなにちっちゃいのです。




d0071563_2149340.jpg


さて、小仙丈ヶ岳の少し手前まで来ましたが・・・

人がたくさんいるようなので、私たちはここで休憩します。

オットのコーヒータイム♪




d0071563_21505171.jpg


左から、富士山、北岳、間ノ岳。そして真ん中にオット。

贅沢なところだなぁ~~~。




d0071563_21513412.jpg


あのにょきっとしたのは、地蔵岳のオベリスク?

すごいっ。鳳凰三山も是非登ってみたい!




そうこうしている間に、お湯が沸いた♪

d0071563_21532524.jpg


おかか with 山コーヒー。

ウマイッ。




d0071563_21551025.jpg


目の前に甲斐駒ケ岳!




d0071563_2154226.jpg


その隣には、鋸岳が・・・!


(1日目の朝、これから鋸に行きますと言ってたおじさん、元気かなぁ)





360度、どこを見ても絶景・・・。

写真を撮ったり、景色をじっくり眺めたりで、なかなか前に進めない私たち。

でも、

d0071563_21553199.jpg


小仙丈までやってきましたよ。

ここで、(というか途中何度か会ったけど)

小屋でお菓子をくれたおじさまとすれ違いました。

何度も何度も、「あっ、またお会いしましたね」と言ってると

なんだか恥ずかしくなってくる。





さあ!今から頑張って下るぞっ。

基本的に下りが苦手な私。ちょっと気合を入れていかねばなりませぬ。


d0071563_2157258.jpg


空を仰ぎ見るオット。ん?遠くにちっちゃく月が出ておる。

それにしてもキレイな青空だなぁ。。。




d0071563_21583568.jpg


しばらく急坂が続きます。。。

でも、あれれ、なんだか今回は調子がいい!!?

いつも「ひょえぇ」なんて言いながらズルズル下る私だけど

なぜかサクサク進む。。。

オットも後ろで驚いていたようです。

「なんかやたら早い!?」って。

まぁ、道が歩きやすいっていうのもありましたけども^^;

でも少しだけ下り上達したかな?と思うとなんだか嬉しい。



d0071563_2202952.jpg


下りはあまり写真を撮らなかったけど、お花の写真は何枚か撮りました。

これは、多分だけど、シナノオトギリ。




下りでは、登ってくる人とたくさんすれ違いました。

そういえば仙丈小屋の人も、「今日はもう予約いっぱいです」と言ってたっけか。

シーズンですものね。今行かなきゃいつ行くんだという。




そしてしばらく下り、ようやく・・・・・

d0071563_2214787.jpg


北沢峠に到着~♪

11時半頃だから、あれま、なんだかんだ4時間くらいかかったのね。

途中でザック降ろして寄り道したり、雷鳥探したりしてたので

参考にならないコースタイムだわ・・・;

(ちなみに雷鳥には会えずじまい)




d0071563_2232795.jpg


長衛荘にて・・・



d0071563_223592.jpg


ベンチとテーブルをお借りして、お昼ゴハン♪

またまたいつものヤクルトラーメン!

あとはドライカレー&ピラフ♪味が底にこぞんでしまった;

でも美味しかったでっす。




1時のバスを待つ間、お向かいに座ったご夫婦としばしお話をしました。

東京から来たそうなんだけど、なんとなんと、

奥様の方は龍譚寺に観光に来たことがあるとか!!

まさかここでその名前が出るとは思わなかったのでびっくり!

「うち、すぐ近くなんですよ~」と言うと向こうもびっくり(笑)

そりゃそうだよね。

こちらのご夫婦は、この日は長衛荘に泊まって、明日は

甲斐駒に登るんだとか。

すごいな~。。。私たちも甲斐駒登ってみたいけど、

なんだか体力的に不安が・・・^^; 体をちゃんと鍛えんといかんね。




さて、あっという間に1時になり、バスに揺られて

仙流荘へ戻って参りましたよ。

d0071563_2292219.jpg


去年、木曽駒に行ったときは、帰りのバスで酔っちゃって・・・

エライ目にあいました。

だから今回も「酔ったらどうしよう」とかなり不安だったんだけど。

二人とも大丈夫でした!よかったー。

南アルプス林道バスはわりとゆっくり走るし、

景色のいいところや、お花が咲いてるところで止まって説明してくれるんです。

50分近く乗ったけど、あんまり長くは感じられなかったなぁ。




d0071563_221162.jpg


駐車場に戻る・・・と、すごい車の数。

そして、暑さにくらくら・・・。




疲れたけど、心地よい疲れ。最高の山歩きで、幸せ気分。

来れてよかった。ありがとう、仙丈ヶ岳!!




そしてその4まで引きずったレポも・・・ようやく終わる・・・か?

ひとまず、これにて失礼します。

読んで下さった方、ありがとうございます。

また何か書きたいことがあったら補足しまする。



d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2010-08-09 22:13 | 山登り
仙丈ヶ岳 その3。 御来光と雲海
こんばんは、嫁っこです。

まだまだ仙丈ヶ岳登山の話を引きずっておりまする。



1日目は真っ白なガスに包まれていた私たち。

さて、肝心の2日目はどうなのか・・・。



前日の日の出は4:50頃だったというので、

予定としては4時頃に小屋を出発して、仙丈ヶ岳山頂まで行く。

そして御来光を拝んできてから、小屋で朝ごはん。

そんな感じ。



前日の夜は、なんだかんだで7時前には寝ちゃってたかな。

気温は10度を少し下回るくらいで、寒かったからフリースを着て

毛布を2枚かぶって寝てました。

でも夜中に、暑くて暑くて・・・目が覚めて;

気付いたら毛布を蹴っ飛ばしてました;

(自分の布団の範囲内だったからよかったけど)



そして私は3時半に起床。

天気はどうなんだろう・・・ドキドキしながらオットと小屋の外に出てみる。

すると・・・



満天の星空。



やった・・・・・晴れてる!!!




小屋の中に戻ると、ご主人がいて

「いい天気ですよ!」 と^^

良かった良かった~~~♪



タタタッと2階へ戻り、身支度を整える。

山頂まではほんの30分くらいらしいから、サブザックで充分ね。

雨具と、貴重品と、飲み物と、カメラと・・・

そのぐらい??

ヘッデンつけて、レッツラゴー。



小屋の外へ出て、他の宿泊客の方々と

山頂の方へざくざくと歩いていく・・・。



ふと、登りながら振り返ってみると、


d0071563_2243896.jpg



わっ・・・・・すごい・・・・・・!!

夜明けだ・・・。



なんだかものすごい景色が見られそうな予感。

早く山頂に着きたくて、ついつい早足になってしまい、心臓バクバク;

いかんいかん・・・。




d0071563_2283683.jpg


すごいよ、どんどん色が変わってく。

それに・・・下の方でもくもくしてるのは、もしかして雲海!?

以前、阿蘇に住んでいたときに「雲海を見に行こう」と言って早朝に家を出て

でも結局見れなくって・・・

ずっと、見たいと思っていたのです。




d0071563_2294571.jpg


まだ辺りが暗い中、山頂に到着。

オットが「富士山も見えるよ」と教えてくれました。

ほんとだ!そして富士山の隣には、日本ナンバー2の山、北岳が!



d0071563_2211252.jpg


だんだん明るくなってきた・・・

すごい、雲海がだんだんはっきり見えてきた。



そして。



d0071563_2212762.jpg


4:53 御来光。

山頂にいた皆から歓声が上がりました。

眩しい・・・!



d0071563_2213980.jpg


そうか、この世にはこんな光景があったのか・・・。

昨日の天気では、絶対見られないと思ってた。

居合わせた誰かの日頃の行いが良かったのか?

誰だ? 私か?(違うか)



d0071563_22144777.jpg


振り返ってびっくり。

山の影がきれいに伸びていました。

これは自分たちがいる山の影ってこと?

仙丈ヶ岳もこんなに三角になるの?

すごい・・・。




d0071563_22155260.jpg


雲の上の世界。

現実味がない。

いや、でも、現実なんだねぇ・・・。

私たちはいつもあの雲の下で生活してるんだもんねぇ。




d0071563_22172164.jpg


山頂が少しだけ空いた頃、私たちも記念写真♪

改めまして、仙丈ヶ岳登頂、おめでとう!!




d0071563_22183156.jpg


おかか 「晴れて本当に良かりましたな」



d0071563_22283972.jpg


向こうに中央アルプスが見える・・・。





さて、そろそろ小屋に戻ろうか。


d0071563_22191865.jpg


可愛いお花。多分、タカネツメクサ。




私たちは来た道を戻るんじゃなくて、

小仙丈沢カールの方を通るルートを行きました。


d0071563_22205474.jpg


戻る途中・・・

遠くに、山頂目指して登っていく人たちを何人も見ました。

大きい。山は大きいよ。

人はあんなにぽちぽちとちっちゃいよ。



d0071563_22235326.jpg


おっ、藪沢カールの下に仙丈小屋発見。

昨日はガスで何にも見えなかったのにね~。



d0071563_22261632.jpg


振り返ると、大仙丈ヶ岳も見えます。

時間に余裕があったらあっちも行こうか?と話していたけど、

結局行かなかったなぁ。。。




d0071563_2227020.jpg


雲海の中、ぴょこっと顔を出しているのは八ヶ岳。




d0071563_22272443.jpg


あれは北アルプス。

真ん中のあたり、にょきっと見えているのが槍か!

遠くからでも一発で分かるねぇ。。。

いつか、あんなところを登る日が来るんだろうか。




d0071563_22292288.jpg


どこを見ても絶景。

どんどん元気が湧いてくる私たち。

オットも嬉しそう!



d0071563_22301035.jpg


おぉ、ここが小仙丈沢カールね。


・・・・・おや?

斜面に何か茶色いものが・・・・・




d0071563_22304615.jpg


シカだ!!

すごい、ちょっと感動。


とはいっても、なんだか複雑な気持ち。

あちこちでシカの食害について書かれた張り紙などを見かけますもんね。

最近テレビでもやってたような気がするし。NHKだったかな?




d0071563_22324887.jpg


あっちが馬の背の方になるのかね?

向こうのルートもお花が多いというから気になるけど・・・

でも今日はせっかくの快晴!!

昨日と同じ小仙丈ルートで下るぞ~。




・・・・・っと、その前に小屋に戻って朝ごはんね。

d0071563_22353286.jpg


携帯で撮ったからちょっとボケちゃったけど。

朝ごはんももりもり頂きました。

ごちそうさまでした!!




さてさてっ、景色を楽しみながら下るとしますかっ。

・・・長くなってしまったので、次回へ続きます^^;



d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2010-08-08 22:04 | 山登り
仙丈ヶ岳 その2。 仙丈小屋にて
こんばんは、嫁っこです。

仙丈ヶ岳登山の続きです♪



前回は、山小屋にたどり着いたところで終わっていましたので、

その後のお話を。。。




12時半頃に小屋に到着した私たち。

d0071563_19452466.jpg


初の山小屋。事前に下調べはしていったけど、どんなものかやや不安・・・。

でも、若いスタッフさんたちはみんなサッパリした感じだったし、

ご主人も元気というかおもしろいというか、そんなわけで全然緊張するようなところではなかった(^∀^)

2階の大部屋に案内され、荷物を整理して、ふー・・・っと一息ついて。

晩ご飯は夕方5時とのことだったから、まだまだ時間がある!

ということで、ちょっと小屋の周りをうろつくことに。



ご主人「外出る?」

私  「はい、ちょっとその辺り散歩してきます」

ご主人「あぁ、散歩ね~。四歩はダメよ~」



・・・イッテキマス!!




d0071563_19512855.jpg


小屋の周りにもお花がたくさん。

これは、ミヤマゼンコ・・・。自信がないけど・・・。



d0071563_19521397.jpg


チングルマの穂。



d0071563_19523378.jpg


これはチシマギキョウ。

イワギキョウと見分けがつかなかったんだけど、チシマギキョウの方は

白い毛が生えてるんだって。それではっきりしました。



d0071563_19532285.jpg


ミヤマアキノキリンソウ、かな?



お花を見ながら少し下っていくと、水場があります。

d0071563_19541044.jpg


想像はしていたけど、やっぱり冷た~い!!

オットは、南アルプスの天然水だ~と言いながら飲んでいました。



d0071563_195588.jpg


ウラジロナナカマドがまたまたたくさん。



d0071563_19561662.jpg


しずくがね、本当にキレイなんです。



d0071563_19564368.jpg


多分ヨツバシオガマ。



d0071563_19574644.jpg


またまたチングルマの穂。雨に濡れてキレイ。



d0071563_20135447.jpg


そしてまたまたミヤマゼンコ(多分)。



※お花の名前、違ってたらスミマセン。





そして、ふっと・・・上を見上げる。

d0071563_19585654.jpg


ガス。そして上の方に雪渓があるなぁ。

こんなガスっちゃって、明日は大丈夫なんだろうか?

思わず、ガースー黒光り記念病院と呟いた私とオットでした。




散歩が終わったら、小屋の中へ。

予約入れたときは「そんなに混んではないですよ~」と言ってたそうだけど、

なんだかんだで結構いっぱいになったみたい。

別室には団体さんがいたみたいだし。

私たちが泊まった部屋は、20人くらいの部屋だったかな?

本当に、いろんな方がいますね~。

でも、皆さん良い人で^^快適に過ごせました。

隣のおじさまにお菓子もらっちゃったし!ありがたや~。




そうそう、私の向かい側にいたおじさまは、

私と同じカメラでした。

オリンパス PEN Lite。しかもズームレンズキット。

こういう偶然があると何だか嬉しくなりますね~。




晩ご飯まで、お昼寝している方も結構いたので、私たちも少し寝ることに。

私の特技は、「どこでも寝れること」。

がーがー寝てしまいました。




そして、お楽しみのゴハン♪

d0071563_2045630.jpg


ハンバーーーーーグ!!

味噌汁にはかぼちゃが入っていました。

美味しかったな~。

ごはんお替り自由なので、もちろん2杯目も頂きましたよ。

お腹いっぱい。げふっ。




消灯は7時半とのこと。

それまでの間に少しだけ外に出たんだけど・・・


d0071563_2074686.jpg


なんと晴れ間が!!

みんなで「おぉ~~~」なんて言ってたけど、

またすぐガスが出てきて・・・また真っ白。




明日の天気も・・・あんまり良くないかも・・・。

でもまだどうなるかわからないから・・・。



みんなでそんな話ばかりしていた晩でした。





・・・翌日の話は、また次回♪


d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2010-08-07 20:11 | 山登り
仙丈ケ岳 その1。 北沢峠~仙丈小屋
こんばんは、嫁っこです。


8月3、4日と、山小屋一泊で仙丈ケ岳に行ってきました!

標高3,033m、「南アルプスの女王」と称される山で

私たち夫婦の(特に私の)憧れの山。。。

念願叶ってこの度ようやく登れることにっ。

更に、今回は初の3,000m越え、初の山小屋泊ということで

楽しみがたくさんあるわけであります。



さてさて。

浜松在住の私たちは、夜中12時過ぎに家を出発。

伊那市の仙流荘に到着したのは5時少し前だったかな?

始発のバスが出る6時まで、少しだけ仮眠・・・・・・・。



そして。

d0071563_21105679.jpg


5時半過ぎ、支度をして外に出る。

ぬおぉ・・・ て、天気が・・・・・。

不安に思いつつも、バス停には既に20人近くの登山客がいたので、私たちも慌てて並ぶ。

と、その前に乗車券を買わねば。

北沢峠まで片道一人1,100円、更に手荷物代として200円。

そうこうしてる内にバスが到着!私たちはギリギリ乗れたけど、

乗り切れなかった人が数人・・・。

すると、すぐ臨時のバスが後ろに来ていました。

うぅ・・・あっちの方が空いてる・・・。

でもこればっかりは仕方がない。

自分のザックに押しつぶされそうになりながら、座席におさまって

北沢峠までドンドコドンドコ山道を行きました。



d0071563_21154768.jpg


北沢峠の長衛荘に到着。標高2,036m。

既にガスが。かなり空気がひんやりしていたので、レインジャケットを着込みました。

他にもたくさんの登山客がいました。

バスを降りてから少しだけお話したおじさまは、鋸に行くとか言っていたなぁ・・・。

かなりの山を登られてるようでした。



d0071563_21165814.jpg


そうそう、今回はこのお方を連れてきました。

おかか先生。

おかか with 朝めし。

登る前にちょっと腹ごしらえなのです。





さて、少しお腹が落ち着いたら行きましょうかね!

私たちが行くのは小仙丈コース。

そして山頂直下の仙丈小屋に泊まるから、時間的にはかなり余裕があります。

だって、7時半に出発して、ゆ~っくり登って5時間かかっても

1時前には小屋に着ける!!

もし天気がよければ、山頂にも行ってこようねと話しながら出発します。



d0071563_21204925.jpg


ガスガスだけど、頑張って行きましょう。



d0071563_2121166.jpg


今回私のザックの重さは10kg。

一体何が入ってるんだ?とオットが不思議そうにしていました。

いやぁ・・・余分なものは入れてないんだけどな・・・。

まぁ、今後色々検討してみなければ。




d0071563_21221349.jpg


ここは、1合目、2合目・・・と、ちゃんと標識があってわかりやすい。

静かな森林の中を歩きます。

この辺りはすごく歩きやすい。




d0071563_21225649.jpg


マルバダケブキ、というお花。

途中の斜面にたくさん咲いていました。




d0071563_2124724.jpg


大滝の頭まで来た!

ここが分岐になってるのね。

まっすぐ行けば小仙丈、右に行けば馬の背ヒュッテの方へ行くのね。

私たちはまっすぐ行きますよー。



d0071563_21271980.jpg


途中、急坂もあり・・・ ちょっと開けた場所に出た!

しかーし真っ白。



d0071563_213143100.jpg


甲斐駒も・・・鋸も・・・ 中央アルプスも北アルプスも、

何も見えず。



d0071563_21321512.jpg


でも、植物たちが可愛い。



d0071563_21323395.jpg


しずくがぷちぷち、この葉っぱはウラジロナナカマド。だと思う。



d0071563_2134444.jpg


こちらはチングルマ・・・で合ってるのか?



d0071563_22393080.jpg


ハクサンフウロも、可愛い。



d0071563_22395161.jpg


おや、あの人だかり。

そうか、ようやくあそこが・・・・・



d0071563_22402324.jpg


小仙丈!!

おかか with 小仙丈。

そしてやはりガス。



いろんな方のブログを見て、この辺りまで来ると

甲斐駒やら北岳やら富士山(天気がよければ)やら、

あちこちの山がどどーんと見えて大迫力!と想像していたけど・・・

いや、きっと晴れてればそうなんだろうけど・・・




d0071563_2242731.jpg


天気のことは仕方がない。

小仙丈についてお昼ごはんを食べていたら、団体さんが去っていって

私たち2人だけになってしまった。

寒い・・・やたら寒い!鼻水が!!




なので、ちゃっと先に進もうか。




d0071563_22432366.jpg


てってけてー。

この稜線にはちょっとした岩場がありました。

でも全体的に登りやすい登山道です。

とはいえ、私たちはへっぽこ登山隊なので・・・

この辺りまで来るともう体力が・・・・・。


ちょっと登って、休んで、でまた登って・・・の繰り返し。

d0071563_22453718.jpg





そして。

d0071563_22455698.jpg


あっ、小屋への分岐だ!!!


ここをまっすぐ行くと山頂。

でもこの辺りで雨が降り出し、もうとにかく小屋へ行こう、ということで

先を急ぎます。



d0071563_22473533.jpg


おー、ガスの中に小屋が見えてきた!



d0071563_2249668.jpg


12時半、仙丈小屋に到着しました~。

元気なご主人、スタッフさんに迎えられ、ほっとしました。




さてさて・・・・・かなり長くなってしまったので、次回に続きます!



※お花の名前、もしかしたら違ってるかも・・・参考にならずスミマセン^^;


d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2010-08-06 22:51 | 山登り
| ページトップ |