Top

山好きなへっぽこ歳の差夫婦が通りますよ。(ただいまお山に行くペースが著しく低下中)
by mumaro_2
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
日々のことやお山のことをぼんやりと書いております。



へっぽこ山登りの記録

■南アルプス
 ・鳳凰三山
 ・烏帽子岳・小河内岳
 ・仙丈ヶ岳
 ・尾高山
 ・日向山
■中央アルプス
 ・木曽駒ヶ岳
 ・越百山(7合目まで)
■八ヶ岳
 ・天狗岳
 ・編笠山・権現岳
 ・北横岳
 ・麦草峠~白駒池
 ・北八ヶ岳(麦草峠~坪庭~雨池)
 ・車山(夏期)
 ・車山(冬期)
 ・坪庭(冬期)
 ・美ヶ原
■奥秩父
 ・瑞牆山
 ・金峰山
 ・大菩薩嶺
■南信州
 ・大川入山
 ・南沢山(冬期)
 ・蛇峠山(無雪期)
 ・蛇峠山(冬期)
■静岡の山
 ・八紘嶺
 ・秋葉山
 ・蕎麦粒山
 ・竜ヶ石山
 ・尉ヶ峰
 ・枯山
 ・越前岳
 ・獅子ヶ鼻トレッキングコース
■愛知の山
 ・岩古谷山
 ・明神山
 ・乳岩峡
 ・鳳来寺山
 ・石巻山
 ・獅子岩
■関西の山
 ・御在所岳
 ・国見岳
 ・鎌ヶ岳
 ・霊仙山
 ・倶留尊山・曽爾高原
■丹沢
 ・鍋割山

≪山ごはん・外ごはん≫



お気に入りリンク

a journey
酔っ払ライダーのブログ
KEN’S NEWS Iターン梨農家の日々
浜松のんびりブログ
のらりくらりと。
light * airy
気ままにのんびり
ぱんだ屋の朝焼け!夕焼け!パンを焼け!
Colors of the Wind
つくねは「たれ」、こころは「しお」


フォロー中のブログ
マルコの気ままな日記
日菓のあれこれ
ピラタスの丘ペンション村ブログ
かぎしっぽ通り
SCRAPBOOK*|エ...
Animal Skin ...
山日和 -今日も いぃ天気-
sousouka
ファブリック帯目線なキモ...
山へ行こうよ クマと一緒に!
山おんなBiyori
inondo 山梨県富士...
お山歩日記
女一人放浪の旅からハ-フ...
light*airy
ひねもすのたり。
カテゴリ
日常
山登り
アウトドア
お出掛け
星撮り
美味しいもの
レシピのような
山道具
移住のはなし
検索
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
more...
その他のジャンル
タグ
(16)
記事ランキング
ブログパーツ
ブログジャンル
ライフログ
"WD-Lazycat1" Skin by
Animal Skin
タグ:乳岩峡 ( 3 ) タグの人気記事
Top▲ |
乳岩峡を巡る。 2011年7月5日 その3


こんばんは、嫁っこです。

乳岩峡巡り・・・ ようやく完結です(^^ゞ いつも長くてスミマセン。


順路通り進んでいった私たち。

通天洞、通天門を通り、小さな洞窟を眺めながら歩き・・・・・


d0071563_1751476.jpg

もうそろそろ、終わりかな? というところで

何やら大きな大きな・・・これまたカメラに収まりきらないほどの岩の塊が

目の前に現れました。

そして、その岩の中へと続く、鉄階段。

ここは・・・・・


d0071563_1751887.jpg

更に登ると・・・・・



d0071563_17511190.jpg

なんと・・・大きな鍾乳洞!!

これは、広角のレンズで撮ったらすごい迫力だろうな~(>_<)

そしてここには多くの観音さまが。「お邪魔します」とご挨拶です。

後から調べましたが子安観音と三十三カ所観音とのこと。

信仰の山は、やはり厳かな空気が漂いますね。




d0071563_17511772.jpg

しばし、観音さま達と絶景を眺め、ぼんやりとしていました。

ここ・・・ すごく、涼しかったですよ(^^ゞ 天然のクーラー♪



では、そろそろ下ります。ありがとう。



d0071563_17512177.jpg

なんだか岩の間から見上げる空も特別に感じつつ・・・



d0071563_17512481.jpg

道中に出会うケルン達も何となく意味ありげで・・・



d0071563_17512695.jpg

ひゃー(゚Д゚;) 石を積む手。見てる方はドキドキですな。



d0071563_17513012.jpg

しばし下り、例の橋のところで、改めて乳岩を見上げる。

あぁ・・・ あの、真ん中に切れ目が入ってるのが見えるけど

あれが最後に行った鍾乳洞だね、きっと。



d0071563_17513783.jpg

そして、再び樹林帯に入り・・・


d0071563_17514126.jpg

優しい木漏れ日を浴びながら、歩いてゆきます。


岩山もいいけど、こうして緑の中を歩くのもいい。

・・・ 結局、山ならなんでもいい??(笑)



d0071563_17515497.jpg

さて、川のある場所まで戻ってきましたよ。

登山口はもうすぐそこ。



d0071563_17514619.jpg

この水辺では、山歩き目的ではなく、涼みに来る方もいるんですね。

ショートパンツにサンダル履きの方々を見かけました。

キャーキャー言って、楽しそう。



d0071563_17515093.jpg

そうだね、こんなに水が澄んでいるのだから

木陰で川に足をつけて、のんびり過ごすのもいいかも・・・。



d0071563_17514321.jpg

こちらは・・・ハグロトンボ、じゃなくて、カワトンボ?

だっけ?

以前、虫を捕まえる仕事をしていましたが、もうすっかり記憶が・・・(^^;




さてさて、これで今回の山歩きは終了でございます(´▽`)

(山登り、ではなく山歩きね♪)

想像以上の迫力で、変化に富んでいて面白かった~~~!!

これくらいなら、実家の母親も連れてハイキングに来れるかな?

また、機会があったら是非行ってみたいなと思いますっ。





・・・おまけの話。

先日、登山口まで戻ったところで管理人のおじいさんと話をした、と書きましたが

その時に聞いた話です。

私たちも以前登ったことのある、明神山。

ここは本当に人気のある山で、週に3、4回も登りに来る人がたくさんいるそうです。

その中には、80歳前後の方もいるそうで・・・ すごいっ(゚Д゚;)元気だなぁ~

他にも、病気で手術をし、退院後に 「早速登りに来たよー」 という方もいるとのこと。

家にいてばかりだと、どんどん病人になっちゃうからね、

やっぱりこうやって自然の中で体を動かすのが、一番元気が出るよ。

・・・そうおっしゃっているそうです。



そういう方々はもちろん単独ではなく、ご夫婦やお仲間で登られるそうだけど

年を重ねてもそうやって自分のペースで山登りが出来るって、いいなぁ・・・。



私たちもそうなれるかな?う~ん、どうだろう?

そうなれると信じて、今の内から足腰を鍛えておこう(`・ω・´)

(・・・とか言いつつ慢性的な運動不足ですが・・・;)




それでは、次のお山を楽しみに☆また毎日頑張ります。

今回も読んで下さってありがとうございました~^^




久方振りにコメントOPEN中。

身麻呂の情報はこちらをご覧下さい♪


d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2011-07-21 18:55 | 山登り
乳岩峡を巡る。 2011年7月5日 その2


こんにちは、嫁っこです。

今日はお休み・・・ そして、台風接近中であります。

朝から雨がよく降る降る・・・ 大きな被害が出ないと良いのですが(´-`;)



さて、先日の乳岩峡歩きの続きをupしようかなと。

「その1」はコチラ。


これから乳岩をぐるっと周遊してきます。


順路に沿って進んでいくと・・・

早速!

d0071563_10345042.jpg

で、でかい・・・((((゚д゚;))))アワワワワ

カメラに収まりきらないほどの大きな岩が出現。

真ん中の辺りにオットがちい~~さく写っていますが、わかりますか?

d0071563_10345497.jpg

岩と岩の間にかけられた階段を、ずーっと登っていきます。

d0071563_10345612.jpg

階段は、少しずつ急になり・・・途中からハシゴに!

それも、ほぼ垂直!?(゜ロ゜)

日頃の運動不足が祟り・・・ わたくし、腕がちょっとプルプル。

(情けなし・・・)

そして結構な高度。高所恐怖症というわけではないけど・・・

下を見ると、少しヒヤッとしてしまいます。スリリング~。


d0071563_10345997.jpg

岩と岩の隙間から、光が射している・・・

あともう少し、登っていきますよ。

d0071563_1035440.jpg

その前にふと横を見れば、こちらも・・・石仏さまなのかな?

何かが彫ってあるような・・・。それにしても、随分と古いもののようだね。

歴史を感じますなぁ・・・。


d0071563_1035775.jpg

テクテク。オットが先をゆきます。


d0071563_1035989.jpg

オットのオレンジの尻を見上げながら・・・!

これまた急なハシゴを登ります。

岩と岩の隙間を よいしょっ! と抜けるわけだけど、結構キツイ。

体の大きな男性だったら、難儀するだろうなぁ~。


・・・と、この場所が 「通天洞」 になるのかな?

胎内くぐりとも言われるそうですね。


d0071563_10351350.jpg

岩の間をすり抜け・・・ あぁ、明るい場所に出た。


d0071563_10351667.jpg

木漏れ日が優しい。そして風が気持ちいい~。

下界は蒸し蒸しして暑いけど、やはり山に来るといいね。



さて、先へ進むと・・・・・

d0071563_10351856.jpg

向こう側にぽっかり、白ーい空間が見える。

遠くから見た時、あまりにのっぺりとした白だったので

なぜか雪渓に見えてしまい、「何故に!?」と思ってしまった(^^ゞ



でも、近付いてみたら・・・・・



d0071563_10352286.jpg

ここが・・・・・



d0071563_10352515.jpg

通天門 でした♪

極楽門とも呼ばれる、岩のアーチ。迫力満点!

向こう側に見えているのは、そう、明神山です。

2年前に登ったけど、こうして見るとあんなにゴツゴツした山だったんだね・・・。

確かに私たちが歩いたコースにも鎖場が何箇所かあったけど。

今こうして見えているのは直登コースなんだろうね。



d0071563_10352812.jpg

せっかくなので、よじよじと近くの岩に・・・

(情けないことにここで水筒を落とし、岩の上をゴロリンコしました。
無事救出したけど)


d0071563_10353185.jpg

通天門で、明神山とツーショットヽ(´▽`*)ノ

また登りに行くからね~~~。



・・・ところで、乳岩の標高は675m。

ちょうどこの辺りをウロウロしていた時、オットが

「う~ん、はっきりしない道だけど、ここから頂上まで行けるのかなぁ・・・」

という道(のようなもの)を見つけていました。

頂上へのルートはちゃんと記されていないけど、登りたい人は

勝手に登っていってるのかなぁ・・・ なんて二人で話していましたが、

下山後に管理人のおじさんと出会った時に尋ねてみたら、どうやらそういうことらしいです。

ちゃんとしたルートではないけど、やっぱり登りたい人は頂上まで行くんだ、と。



「だいたい山登りする人っつーのは、人が行かないところに行くのがいいもんだから、ね」

と言っていたおじさん。



・・・確かに。私たちはそこまでの技術も根性もないけど、

気持ちだけは分かるなぁ・・・(笑)




d0071563_10354152.jpg

さて、門を過ぎたら今度は下っていきます。

道中、いくつかの洞窟を見かけました。


d0071563_10354457.jpg

オットが、 「昔修行に使われてた岩屋なのかなぁ・・・」 とぽつり。


d0071563_11282619.jpg

確かに、石仏さまもたくさんあるね・・・。

どんな方が彫ったんだろうねぇ 過去に想いを馳せる私たち。




そしてこのあと、大きな鍾乳洞でもっとたくさんの観音さまに出会うのでした。

それは・・・ また次回(^^ゞ




今回もお付き合い頂き、ありがとうございましたっm(__)m




d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2011-07-19 11:34 | 山登り
乳岩峡を巡る。 2011年7月5日 その1


こんばんは、嫁っこです。

先週の乳岩峡レポ! を、ようやく書こうかと(^^ゞ

また、亀ほどの遅さで更新します・・・多分。

どうぞ、ごゆるりと ご覧になって下さいませませ。



■ 乳岩峡(ちいわきょう)

鳳来峡より更に内陸部にある全長4kmの峡谷で、

国指定の名勝、および天然記念物となっているとか。

この峡谷のシンボルでもある乳岩山は、標高670mにも及ぶ岩山です。




d0071563_20262488.jpg

さぁ、ここからスタート。

・・・の、前に。

d0071563_20254691.jpg

横に、大きな案内があります。

ははぁ、しゃくなげコースなんていうのもあるんだね。

今回はちょっと遅めスタートだったからこのままのコースで行くけど

しゃくなげの時期に、一度歩いてみたいなぁ。

d0071563_2026024.jpg

そして案内所もアリ。

登り始める時は無人だったけど、下ってきた時には

管理人らしきおじいさんがいて、色々とお話を聞かせてくれました。




さぁ、今度こそ スタート。

d0071563_20491876.jpg

最初は川沿いをテクテク歩く。

以前は、明神山に登りに来た時に、ここを歩いたんだった。

あの時は・・・雨上がりだったんだっけ?なんだか妙に滑りやすくなっていて

下ってきてから私が一人で スッテンコロリ したんだよ・・・。

あぁ、情けない思い出。



オレンジの派手パンを着用したファンキーな夫が歩いている、この岩。

なんと一枚岩で、幅4~9メートル、長さ100メートルもあるらしいのです・・・!

川の流れによって侵食されて、面白い形になっていました。でこぼこ。

ちなみに、桟敷岩というそうです。



d0071563_2026738.jpg

水が澄んでいて、ほんっと~~~うに、きれい。

そういえば、以前勤めていた職場の上司が、休みの日にここへ来て

川へ飛び込んだとか・・・言ってたような気が・・・(^^ゞ



d0071563_202691.jpg

さて、緑鮮やかな登山道を歩いていきます。

今日も暑い暑い・・・ でも、木陰だし、時折すーっと吹いていく風が

すごく心地いい♪



d0071563_20261332.jpg

「わくわくドキドキ」 か・・・ (゚∀゚)


d0071563_20261929.jpg

じゃあテンション上げて、わくわくドキドキしに行かんと!

(うつむき加減で背を丸めて歩く嫁っこ)



さて、少し進むと小さな橋があるのですが・・・

d0071563_20262730.jpg


ややっ、

う、後ろ・・・・・



ばかでっかい岩が見えとるがな!!∑(゚д゚)




思わずびっくり。あれが乳岩かぁ~~~・・・。

あれは・・・いますね。神様が。




d0071563_20262981.jpg

おっと、岩を見上げて恐れおののいた後に視線を落とすと

見慣れないお花が。

ん、先日どこかで見たカエデの花に似ているけど・・・葉っぱが全然違うからなぁ。

なんだろう???




d0071563_2026336.jpg

あ、分岐がありました。

ここで、明神山へのルートと、乳岩へのルートが分かれています。

少し登ると、

d0071563_20263916.jpg

おぉ~~~・・・・・。

オットが写してくれましたが、全然岩が入りきれません。

早速、巨岩の出現。



d0071563_20263749.jpg

石仏さまもいる。男性のようだけど・・・何の神様なんだろうか。








d0071563_2172670.jpg

また別の場所には、不自然なほどにたくさんのケルン・・・。

この上には、クライミングする人のための金具(未だに名前知らない・・・)があり

もしかして、どなたか亡くなられたのかな・・・なんて・・・。

わからないけど。

でも、山を歩いていると、そういう「石碑」を見かけること、ありますよね。

その度に、はっとして、一体どんな方だったんだろうとか、

いろんなことが頭の中をぐるぐると巡ります。



d0071563_2312296.jpg

・・・さぁ。ここから巨大な乳岩にお邪魔しますよっ。

続きは・・・ 次回! です! いつもこんな進み具合でスミマセン!




では、おやすみなさい・・・☆彡





ただいま 低空飛行中につき コメントclose中。

嫁っこに御用の方は、左の猫さんをクリック!!

もしくは こちら まで♪


d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2011-07-14 23:13 | 山登り
| ページトップ |