Top

山好きなへっぽこ歳の差夫婦が通りますよ。(ただいまお山に行くペースが著しく低下中)
by mumaro_2
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
日々のことやお山のことをぼんやりと書いております。



へっぽこ山登りの記録

■南アルプス
 ・鳳凰三山
 ・烏帽子岳・小河内岳
 ・仙丈ヶ岳
 ・尾高山
 ・日向山
■中央アルプス
 ・木曽駒ヶ岳
 ・越百山(7合目まで)
■八ヶ岳
 ・天狗岳
 ・編笠山・権現岳
 ・北横岳
 ・麦草峠~白駒池
 ・北八ヶ岳(麦草峠~坪庭~雨池)
 ・車山(夏期)
 ・車山(冬期)
 ・坪庭(冬期)
 ・美ヶ原
■奥秩父
 ・瑞牆山
 ・金峰山
 ・大菩薩嶺
■南信州
 ・大川入山
 ・南沢山(冬期)
 ・蛇峠山(無雪期)
 ・蛇峠山(冬期)
■静岡の山
 ・八紘嶺
 ・秋葉山
 ・蕎麦粒山
 ・竜ヶ石山
 ・尉ヶ峰
 ・枯山
 ・越前岳
 ・獅子ヶ鼻トレッキングコース
■愛知の山
 ・岩古谷山
 ・明神山
 ・乳岩峡
 ・鳳来寺山
 ・石巻山
 ・獅子岩
■関西の山
 ・御在所岳
 ・国見岳
 ・鎌ヶ岳
 ・霊仙山
 ・倶留尊山・曽爾高原
■丹沢
 ・鍋割山

≪山ごはん・外ごはん≫



お気に入りリンク

a journey
酔っ払ライダーのブログ
KEN’S NEWS Iターン梨農家の日々
浜松のんびりブログ
のらりくらりと。
light * airy
気ままにのんびり
ぱんだ屋の朝焼け!夕焼け!パンを焼け!
Colors of the Wind
つくねは「たれ」、こころは「しお」


フォロー中のブログ
マルコの気ままな日記
日菓のあれこれ
ピラタスの丘ペンション村ブログ
かぎしっぽ通り
SCRAPBOOK*|エ...
Animal Skin ...
山日和 -今日も いぃ天気-
sousouka
ファブリック帯目線なキモ...
山へ行こうよ クマと一緒に!
山おんなBiyori
inondo 山梨県富士...
お山歩日記
女一人放浪の旅からハ-フ...
light*airy
ひねもすのたり。
カテゴリ
日常
山登り
アウトドア
お出掛け
星撮り
美味しいもの
レシピのような
山道具
移住のはなし
検索
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
more...
その他のジャンル
タグ
(16)
記事ランキング
ブログパーツ
ブログジャンル
ライフログ
"WD-Lazycat1" Skin by
Animal Skin
<   2013年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
夏よこのまま終わるなよ。



d0071563_22185354.jpg


「夏の旬は七月だ。

八月にもなると、もう夏も黄昏の気配がする。」




毎年思い出す、この言葉。

今日で七月が終わるわけだが・・・

instaのお友達から




「今年の七月は夏っぽくなかったね」




という言葉を投げかけられた。

あぁ、言われてみれば、そうかもしれんね。

黄昏の気配漂う八月に期待を込めよう。







七月最終日、といえば。

私事でありますが(ってこのブログ内容の98%がそうなのでありますが)

実家の父がいよいよ今日で退職するそうな。




「八月から、さすらいのギャンブラーに俺はなる」

的な発言をしていたのだけど



「浜名湖しか行かんだで、全然さすらわんら」



とあっけなく母にダメ出しをされておったことよ。






グッデイ・グッバイ 七月!!







【  主にオットが書く 身麻呂 in はまぞうブログ(浜松・静岡情報サイト) は コチラ~】






[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2013-07-31 22:32 | 日常
おやすみ雨の夜。



d0071563_227467.jpg

ラジオから平成の歌が2、3曲立て続けに流れ

おや、何やら様子がおかしい と思ったら

AMからFMに変えられとったという・・・。

(高校野球があるからちょっと変更あるでね)



いやぁそれにしても雨です。

朝から本当によく降ります。



明日は休日で、午後に予定があるだけなので

朝寝坊は決定事項。

というわけで今夜は久々に夜更かしでも、と、思ったが





どねむい(゜∀。)





ねる。おやすいみん。







【  主にオットが書く 身麻呂 in はまぞうブログ(浜松・静岡情報サイト) は コチラ~】






[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2013-07-29 22:42 | 日常
ルバーブジャム。



d0071563_17392182.jpg

先日、長野の富士見町へ行って参りやした。

久々に我が家のホーム(と勝手に呼んでいる)蔦木宿で車中泊をして

翌朝は売店をウロウロ。

すると・・・  見つけましたよ。



d0071563_17392333.jpg

THE ルバーブ。



この時季、長野や山梨へ行くと見かけますのう。

今までは「このフキみたいなやつどうやって食べるんだ・・・」

と、買ったことがなかったんだけど

去年、ルバーブが出回る時季を過ぎてから

「ジャムにすると美味しいらしい」 という話を耳にしまして。




今年こそ買おう! と意気込んでいたのですよ・・・。




d0071563_17392540.jpg

ザクザク切って、砂糖をまぶし、汁が出てくるのを待つ・・・。

実際包丁入れた時に思ったけど、これ結構かったいのよね。

そんなに長時間火を通さなくてもオケ!っていろんなところに書いてあるんだけど

ほんとに大丈夫~~? と、半信半疑・・・




d0071563_17392654.jpg

さて、いい感じに汁が出たところで、これを火にかけます。

(大体一時間ほど放置してました。)



d0071563_17392835.jpg

あっ ぐつぐつなってきた。

少し火を弱めて、5分経つか経たないかくらいで鍋の中をのぞく。

と、



d0071563_17393113.jpg

お~~~ なかなかのくったり具合!!

これはこれは、と火を止める。



d0071563_17393350.jpg

くったりしたルバーブをざるに上げて、汁と分けまする~。



d0071563_17393545.jpg

この汁だけをもう一度火にかけて・・・



d0071563_17393784.jpg

そこにルバーブをわさっと入れてざっと混ぜる。

で、完成!!



d0071563_17393986.jpg

赤くてきれいな色のルバーブジャム。

お砂糖少ししか入れてないけど・・・ どんなもんだろうと一口食べてみると




おぉ、これは・・・ 甘酸っぱい。あんずみたいなお味!

ちょっと火を入れただけでふわっとなめらか。

初めての味、食感に ちと感動であります(・∀・)この辺では買えないしね。

ビン二つ分できたから、実家におすそ分けしようかな~。




そういえば。

あとから調べたんだけど、ルバーブって

ビタミンC、カルシウム、繊維が多く含まれることから美肌効果も期待できる

らしい、です。・・・ビバ美肌!!





おまけ。

d0071563_17394118.jpg

飯島町の道の駅では、今年はもう買えないと諦めていた赤紫蘇を

ひと袋だけ発見したので、むんずと掴んで買ってきましたよ!



以前作ったしそジュース (過去記事:http://mumaro2.exblog.jp/19062982/) を

またまた作れてなんとも幸せな気分なのでありました。






【  主にオットが書く 身麻呂 in はまぞうブログ(浜松・静岡情報サイト) は コチラ~】






[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2013-07-27 18:14 | レシピのような
夏の蛇峠山 2013年7月9日 その4。 【完結編】



蛇峠山のんびりハイクの続きを・・・ようやく書きます。


過去記事
↓ ↓ ↓

【夏の蛇峠山 2013年7月9日 その1。 はこちら】

【夏の蛇峠山 2013年7月9日 その2。 はこちら】

【夏の蛇峠山 2013年7月9日 その3。 はこちら】



山頂でアイキャンフライ→ガッシャーンという流れのあと

ぞろぞろと下山をはじめた私たち。

d0071563_10322613.jpg

登りでは登山道を歩いたけど、下りは林道を。

( この白いお花はなんだっけ(´・ω・`) )


d0071563_10323943.jpg

登山道とは違ったお花が見られるんですよね。

・・・と思ったけど、今回はまだ時季が早かったようで

以前見かけたコオニユリやホトトギスなど・・・

記憶にあったお花は見かけなかったなぁ。




あ、でも虫は

カラスアゲハらしき蝶を見かけました。

今回はちょっと写真撮れなかったな~残念。

ちなみに毎年会いたくなる、私の大好きな蝶 アサギマダラ。

会えたのかどうか・・・

えぇ、結果から言うと、会えましたよ。

でも、ほんの一瞬。

まだ上の方の、鉄塔やレーダーが立ち並ぶ中で

足元を見ると小さな影が不自然に ふわっ と視界に入り

ハッとして上を見上げると



ひ~~~~らひらひらひらひらひら



あの特徴のある飛び方。ちょっと小さめだったけど

今年も(一応)アサギマダラに会うことができました。

しかしもっと近くでゆっくりしていけばよかったのにぃ。

あっという間にいなくなってしまいましたよ・・・ またどこかで!



d0071563_10324328.jpg

話が長くなりました。

何度も見かけたこのお方は、ツマグロヒョウモン、かね。

小さな体でパタパタと元気に飛び回りますのう。



d0071563_10325930.jpg

林道はあまり木陰もなく、暑いかなと思ったけど

時折爽やかな風が吹いて、思いのほか涼しい。

でも、足元には夏のコントラスト。影がくっきり。



d0071563_1033124.jpg

眺めているだけで楽しくなるね~。





さて、みんなでワイワイとおしゃべりをしながら下り

馬の背のあたりまでやってきましたよ。

・・・と、おや、馬の背の丘の上で、手を振る人が。



d0071563_1033415.jpg

膝が不調で今回上まで一緒に行けなかったMさん!

ただいま~~~ 帰ってきましたよ~~~。



d0071563_10413925.jpg

あの上で、みんなで一緒にお昼ごはんを食べる予定なんです。

というわけで、列をなしてMさんの元へと向かいます。



d0071563_10414126.jpg

しかし 何度歩いてもこの道は気持ちがいいね。



d0071563_10414497.jpg

空まで続いているようなこの感じ。

いや~・・・ 夏ですな(この言葉、一日に何度つぶやいたことか)。




そんなこんな、あちこちパシャパシャしながら上まで行きますと、

そこには・・・!




d0071563_10414660.jpg

なっ!?Σ(゚∀゚ )



な、何やら 屋根ができとる・・・!!



d0071563_10414879.jpg

なんと、Mさんが空いた時間で買い出しをしたり

タープやテーブルを設置したりと、あれこれ準備して下さっていたのでした。

スゲー!!



d0071563_10415017.jpg

というわけで、木陰のない馬の背でも 快適にお昼ごはんをとらせて頂きました・・・

今回のメンバーは2人×3組なので、各自好きなものを、ということになっとりまして。



d0071563_10415244.jpg

我が家は簡単に・・・

お中元のハム(・∀・)と、コーンとミックスビーンズをささっと炒めて

d0071563_10415866.jpg

パンにはさんでケチャップ&マスタード。

レタスを忘れた・・・_| ̄|○ (食べてから気付いた)

でも、美味しかった!



d0071563_1041541.jpg

食後はいつものオットによるコーヒータイム。

ドリップパックは、最近お気に入りのコーヒー屋さんがサービスでつけてくれたもの。

中身が入っていない、パックだけの状態なので 

いつものようにオットが現地でゴリゴリ挽いた粉を中にザザザッと。

出先で使うのにとても便利ですわ。



d0071563_10424076.jpg

さて・・・

ごはんを食べてひとしきり遊んで、車までもうちょっと。

林道を歩いて下ります。



d0071563_10424693.jpg

途中、目の前に大川入山がどどーんと見れる場所があって、



d0071563_10425044.jpg

やはりいい形をしてらっさる。

山頂付近のなだらかな稜線が恋しいですわ。



d0071563_10425992.jpg

最後の林道にて、登りでは気付かなかった小さな紫陽花を見かけまして

オットが写真を撮る横から割り込んでパシャッ(迷惑な奴だら)。



d0071563_1043368.jpg

もりもりボリューミーな紫陽花もいいけど

山の中でひっそりと咲く小さな紫陽花も可愛い。



d0071563_1042559.jpg

さて、無事に車まで帰りつき、大人の遠足は終了したのでありました。

(このあとまだ温泉に寄ってキャイキャイしたんですけどね(・∀・))

仲間と天気に恵まれ、とても楽しい山歩きでした~。

一緒に歩いた皆様ありがとう!またよろしくお願いします☆





【  主にオットが書く 身麻呂 in はまぞうブログ(浜松・静岡情報サイト) は コチラ~】






[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2013-07-26 11:05 | 山登り
間食完食。



昨夜のこと。

午後10時頃、小腹が空いたと言ってアイスを食べはじめるオット。

それにつられて・・・・・




いや~ こんな時間だけど、食べていいかねぇ。

いや~ いいこたないんだがさ。




とかなんとか考えながら、我慢しきれず

私もアイスを取り出し、ふたを パカッ と開ける。




すると、内ぶたにこんな言葉が。

d0071563_21162279.jpg





・・・そう、そうじゃんね!やっぱそうだら~




間食の罪悪感に打ち勝ちました(・∀・)ムッシャムッシャ







【  主にオットが書く 身麻呂 in はまぞうブログ(浜松・静岡情報サイト) は コチラ~】






[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2013-07-21 21:19 | 日常
夏の蛇峠山 2013年7月9日 その3。



先日の蛇峠山のんびり歩き。その3を書いていきますよ。


【夏の蛇峠山 2013年7月9日 その1。   はこちら】

【夏の蛇峠山 2013年7月9日 その2。   はこちら】



d0071563_13471690.jpg

足元に咲くアザミはひそやかで可愛い。

ぼんやり歩いているとうっかり見過ごしてしまいそう。

あちこちへカメラのレンズを向けながら、

ここでも相変わらず亀ペースな私であります・・・。




さて、かっちょいいレーダーや鉄塔の間を通り抜け

山頂を目指す我々。

そこで待ち受けていたものとは・・・・・ッ




d0071563_13472054.jpg

THE 藪こぎ。



d0071563_13472385.jpg

余裕のあるところでは写真も撮れるが・・・

これ・・・ 去年よりすごくなってないかい??(;゚Д゚)

笹の背、女性の平均身長を誇る私に追いつけ追い越せ状態ですよ。






そんなこんなで、笹に埋もれながらも辿り着いたのがこちら。

d0071563_13472594.jpg

蛇峠山の山頂であります。

(三角点はすぐ近くの別の所ね)

お疲れ様どえす。



d0071563_13472779.jpg

いやぁ、暑いね!夏の空だね!

なんて言いながらあたりを眺めていたら、ふと思い出したよ。

かまきりりゅうじ を。




「おう、なつだぜ。おれはげんきだぜ。」




懐かしいのう。

現代で言ったらスギちゃんか?




かまをふりかざす すがた

わくわく わくわくするほど きまってるぜぇ ワイルドだ(ry




d0071563_13473371.jpg

ハイ、記念撮影!




最初はおとなしく・・・




で、もういっちょ!

d0071563_13473530.jpg

デヤアアァ



※お顔しっかり写ってたので一応隠してみた。



・・・・・・お友達の旦那さん(右端)、スゴッ!!(((゜Д゜;)))




え、ちなみに、私一番跳べてないじゃん・・・!!




_| ̄|○




お次は私がカメラマン、そしてもう一人のお友達が入って・・・

d0071563_13473899.jpg

アイ キャン フライ !!!




・・・・・((((;゚Д゚)))) 旦那さんやっぱりスゲエェ




d0071563_13473951.jpg

跳ぶ度に ガッシャーン! という不安な音を立てる展望台で

ひとしきり遊んだ大人5人組・・・


ゼェゼェ・・・・・




おもしろかった☆




d0071563_13474449.jpg

満足したら、来た道を戻っていきますよ・・・

真ん中のあたりに、ちぃーちゃく見えるピンクのザックが

お友達と私であります。また埋もれとるがな。




d0071563_13474733.jpg

藪こぎから脱出し、広々した場所へ帰還。

風も心地いいね。どこまでも歩けそう・・・(な、気分




d0071563_13474917.jpg

山の風景というのはやはり、どこを撮っても絵になりますな。

それぞれの山に、それぞれの個性があって。

天候もそうだが誰と行くかによって印象が変わってくるものです。



d0071563_1348034.jpg

さて、楽しんだところでそろそろ下りましょうか・・・

おしゃべりなどしつつ、のんびりテクテクですよ。



d0071563_13475266.jpg

木陰ではおだやかな緑が揺れる。

夏の日差しが遮られてほっとするひとときですのう。



d0071563_13475467.jpg

葉の上では、トンボが休憩していたり。




トンボといえば。

ここのところ、あちこちでハグロトンボを見かけるようになりましたわ。

羽が真っ黒いの。結構な低空飛行でパタパタと動き回るので

いつか踏んづけてしまわないかしら・・・。

(トンボもそんなにマヌケではないとは思うが。)






・・・・・そうそう!

レーダー群を抜けた辺りで見かけたこの木。

これ何だかわかんない。

d0071563_13481873.jpg

葉っぱ?それとも花・・・?


d0071563_13482615.jpg

初めて見ました。

謎だわ~。




さて、次回はようやく最終回・・・です(・∀・)






【  主にオットが書く 身麻呂 in はまぞうブログ(浜松・静岡情報サイト) は コチラ~】






[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2013-07-19 21:37 | 山登り
夏の蛇峠山 2013年7月9日 その2。



先日の蛇峠山のんびり歩き。その2です。


【夏の蛇峠山 2013年7月9日 その1。   はこちら】



d0071563_143314.jpg

登山道と林道が、所々で交わる蛇峠山。

我が家の場合、登りは登山道、下りは林道・・・というパターン多し。




d0071563_1433354.jpg

夏山の緑がとても鮮やか。

木陰が気持ちいいですね~ 風がヒュウと吹けばまた最高。



d0071563_1433580.jpg

コアジサイ? 小さく繊細な姿がとても可愛らしい。



d0071563_14333220.jpg

そしてふと足元を見ると・・・ ギンリョウソウの群生が!

お友達とオットは先に気付いてたらしいんだけど

私はしばらく歩いてから気付きましたわ・・・。

半透明の白い姿は、何度見ても不思議な雰囲気だのう。

別名ユウレイタケ。真っ暗な森で出くわしたらちょっとこわそう。





まっくらも~り~の~ 闇の中~で~は~

きの~う~は あ~した~~ まっくらくらーいくらい




・・・(・∀・)ナツカシー




d0071563_1433869.jpg

色々なものを眺めながら、おしゃべりをしながら進むが・・・

久々の山、登りはやっぱり息が切れるわ~ヽ(´Д`;)ノ

ゼヘー






途中、登山道と林道の分岐に出た時に

「あぁそういえばここにオダマキがあったなぁ」 と思い

探してみると・・・



d0071563_14333584.jpg

あ、あった。けど、開いてない。

まだこれからかね~。

ちなみに少しあとから来たオットも

「そういえば前ここにオダマキあったよね」

とまったく同じことを言っていたのですた。




d0071563_14333753.jpg

さて、登山道が終わり 人工物がぽこぽこ立ち並ぶ山頂付近にやってきましたよ。

作業中のみなさま、お疲れ様です!




d0071563_14333943.jpg

このあたりにも、オダマキなどお花が咲いているのです。




d0071563_14334169.jpg

ヒメトラノオは、まだちょっと早かったみたい。

でも、この優しいグラデーション。好きですわ。




そしてこの背景は、

d0071563_14334320.jpg

こんな風景。広々、とても気持ちがいい場所です。




d0071563_14334533.jpg

このあたりまで来ると・・・

今回は、アサギマダラに会えるだろうか?

そわそわ、キョロキョロしてしまいますな~。




続きはまた次回|д゚)






【  主にオットが書く 身麻呂 in はまぞうブログ(浜松・静岡情報サイト) は コチラ~】






[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2013-07-17 16:34 | 山登り
三連休最終日。



d0071563_2159222.jpg

午前のラジオ、「氷川きよし節」では

きよしカルタのあまりのブラックさに衝撃を受け




午後のラジオ、「どうですか歌謡曲」のリクエストで

大塚愛のさくらんぼが流れて大いなる違和感を勝手に感じていた




そんな、三連休最終日。




たくさんのお客さまにご来店頂きました。

本当にありがとうございます・・・!

特に土曜と日曜は、お昼で蕎麦が売り切れてしまい

夜はご予約のお客さまのみ、ということになってしまいますた・・・

スミマセン・・・_| ̄|○




そんな、嬉しい悲鳴でヘロヘロ状態であっても

空があまりにきれいだと、ほんの一瞬でも心がほっとするのであります。

さぁ頑張れよ。おう頑張るよ。




そして頑張ったよ。

(自分へのご褒美と称して、晩御飯のあとお菓子バリボリ)




明日の予定 : 放心。




オヤスミナサイ。







【  主にオットが書く 身麻呂 in はまぞうブログ(浜松・静岡情報サイト) は コチラ~】






[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2013-07-15 22:07 | 日常
夏の蛇峠山 2013年7月9日 その1。



d0071563_1722119.jpg

夏空の下、みんなで歩いた蛇峠山のお話。




今回は、いつものお友達夫婦と 更に

仲間が二人増えまして(!)

六人でゆく山行となりました。




※しかし残念ながら、六人のうちお一人が

直前に膝を痛めてしまったとのことで・・・

最初と最後はご一緒したものの、山自体は五人で登ってきたのでした。

で、このことが のちのサプライズにつながるわけですが・・・

詳しいお話はまた、のちほど( ^ω^)




d0071563_17221366.jpg

治部坂高原の駐車場ではなく、馬の背でもなく。

別荘地を上っていったところにある小さな駐車スペースに車を停め

そこから出発するのが我が家の定番。




d0071563_17221674.jpg

私たちの歩き方は、基本的に 超のんびり・・・。

人数が増えれば、なおのこと。

写真を撮り、おしゃべりをし、出会った植物や虫たちのことを話し・・・

だからこそ、行程が楽なお山を選ぶが吉。



(健脚さんにとっては、非常に物足りないであろう・・・)



d0071563_17221883.jpg

前の週には、天気をすごく心配していて

「あ~火曜日の天気、浜松はわりといいのに長野南部は雨かも」

なんて話していたのだけど

実際は、山登りの前に梅雨が明け、そして当日はばっちり晴れました。

そうなると、暑さが心配なのだけど・・・



d0071563_17222787.jpg

でも、山の暑さは心地がいい。

眩しい日の光。待っていたよ、この季節を!

どこもかしこも、きらきらなのであります。



(とはいえ、無理は禁物ね。こまめに水分補給!)



d0071563_1722198.jpg

このお花、何だかわからなくて毎年首をかしげているんだけど・・・

なんとかショウマ、とかいうのに似てる、ような気がする。

でも違うかも。いろんな種類があってようわからんです。



d0071563_17222158.jpg

名は分からずとも、この繊細な佇まいが好きだわ。



d0071563_17222548.jpg

アザミは色鮮やかに。そして虫たちに好かれる。



d0071563_17222920.jpg

林道から、緑あふれる登山道に入り

そして少し登っていけば・・・・・



d0071563_17224163.jpg

「ここは○○」


はい、馬の背に着きました。

ここは周りが開けていて、とても気持ちがよいところ。



d0071563_17223188.jpg

目の前には、お隣さんの大川入山。

あちらにもまた登りたいな~と思いつつ、行けてないわ。



馬の背の先まで行けば、南・中央アルプスがきれいに見えるんだけど・・・

この日は 遠くの景色がちともやもや。

さすがに冬のようには、ね。いきませんけれども。



d0071563_1722338.jpg

でも、この小高い丘は、何度来ても清々しく

お気に入りなのです。



d0071563_17223988.jpg

はい、電子基準点での自撮りも忘れずに(恒例)。



d0071563_17224672.jpg

ちなみに、電子基準点の全体像。こんな感じです。

さすがにもう見慣れたけど、お山の中に人工的なものが

ぽこっとあると、なんとも不思議で 面白いですのう。



d0071563_17224471.jpg

そしてそんな人工物の足元には、可愛らしい花々が。

こちらはウツボグサ。



もうすこ~しあとになると、もっといろんなお花がちゃんと咲くのよね。

何かと見所の多い、楽しめるお山です。




では今回はここまで!その2に続きます( ^ω^)










[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2013-07-12 14:12 | 山登り
新たな仲間と、蛇峠山へ。



d0071563_15395198.jpg

ようやく、行ってまいりました 久々のお山。

行き先は・・・ これで何度目?南信州の蛇峠山。

冬はラッセル、夏はお花や虫たちと戯れる。

お気に入りのお山です。



d0071563_15395392.jpg

今回は、新たな山仲間も一緒に・・・!



d0071563_15395664.jpg

梅雨が明け、やってきた夏はやはりいつも眩しい。

鮮やかなコントラスト、目の奥に鈍痛を感じるのだよ・・・。



d0071563_15395827.jpg

最後には、 えっ まさか!? な、嬉しいサプライズもあり( ^ω^)

とてもとても、楽しい一日でした。



詳細は、また改めて!






【  主にオットが書く 身麻呂 in はまぞうブログ(浜松・静岡情報サイト) は コチラ~】






[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2013-07-10 15:45 | 山登り
| ページトップ |