Top

山好きなへっぽこ歳の差夫婦が通りますよ。(ただいまお山に行くペースが著しく低下中)
by mumaro_2
プロフィール
日々のことやお山のことをぼんやりと書いております。



へっぽこ山登りの記録

■南アルプス
 ・鳳凰三山
 ・烏帽子岳・小河内岳
 ・仙丈ヶ岳
 ・尾高山
 ・日向山
■中央アルプス
 ・木曽駒ヶ岳
 ・越百山(7合目まで)
■八ヶ岳
 ・天狗岳
 ・編笠山・権現岳
 ・北横岳
 ・麦草峠~白駒池
 ・北八ヶ岳(麦草峠~坪庭~雨池)
 ・車山(夏期)
 ・車山(冬期)
 ・坪庭(冬期)
 ・美ヶ原
■奥秩父
 ・瑞牆山
 ・金峰山
 ・大菩薩嶺
■南信州
 ・大川入山
 ・南沢山(冬期)
 ・蛇峠山(無雪期)
 ・蛇峠山(冬期)
■静岡の山
 ・八紘嶺
 ・秋葉山
 ・蕎麦粒山
 ・竜ヶ石山
 ・尉ヶ峰
 ・枯山
 ・越前岳
 ・獅子ヶ鼻トレッキングコース
■愛知の山
 ・岩古谷山
 ・明神山
 ・乳岩峡
 ・鳳来寺山
 ・石巻山
 ・獅子岩
■関西の山
 ・御在所岳
 ・国見岳
 ・鎌ヶ岳
 ・霊仙山
 ・倶留尊山・曽爾高原
■丹沢
 ・鍋割山

≪山ごはん・外ごはん≫



お気に入りリンク

a journey
酔っ払ライダーのブログ
KEN’S NEWS Iターン梨農家の日々
浜松のんびりブログ
のらりくらりと。
light * airy
気ままにのんびり
ぱんだ屋の朝焼け!夕焼け!パンを焼け!
Colors of the Wind
つくねは「たれ」、こころは「しお」


フォロー中のブログ
マルコの気ままな日記
日菓のあれこれ
ピラタスの丘ペンション村ブログ
かぎしっぽ通り
SCRAPBOOK*|エ...
Animal Skin ...
山日和 -今日も いぃ天気-
sousouka
ファブリック帯目線なキモ...
山へ行こうよ クマと一緒に!
山おんなBiyori
inondo 山梨県富士...
お山歩日記
女一人放浪の旅からハ-フ...
light*airy
ひねもすのたり。
カテゴリ
日常
山登り
アウトドア
お出掛け
星撮り
美味しいもの
レシピのような
山道具
移住のはなし
検索
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
more...
その他のジャンル
タグ
(16)
記事ランキング
ブログパーツ
ブログジャンル
ライフログ
"WD-Lazycat1" Skin by
Animal Skin
<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
お山の準備。
d0071563_23493041.jpg


こんばんは、春が近いせいか最近やたら眠い嫁っこです。

もう…あと何分かで3月に突入かぁ。早いものですのぅ。



さて、先日もチラと書きましたが、

身麻呂では明日3月1日(火)、2日(水)と二連休を頂きます。

私たち夫婦は、明日はちょいと探し物があって木曽方面へ。

そして明後日は…雪の山へ♪

天気が心配ではあるけど、水曜は何とか回復するかな〜?といったところ。



そういうわけで、今日は帰りにスーパーやら100均やらに寄り

山ごはん用の食材を調達してきました。

基本的に…軽いもの、日持ちするもの、調理時間が短いもの、

水をあまりたくさん使わないもの、無駄が出ないもの

…そしてなおかつオイシイもの♪(これ大事よね)

そういうものを選ぶのですが、

日帰りで登る場合は、お肉(冷凍したもの)や野菜なんかも持っていけるので嬉しいo(^-^)o

とりあえず今回は、明日の夜は車中泊で自炊だからその分と、

翌日山で食べるお昼ごはんの分。

2食分だけ用意していく予定。美味しく出来るといいな〜。



…ではっ、今日はもう寝るとします。

おやすみなさいませ☆



[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2011-02-28 23:49 | 日常
豊橋市・石巻山 ゆるゆるハイク♪ その2。


こんにちは、服が焦げそうなくらいストーブに接近している嫁っこです。

たった2時間の日帰りハイクなのに引っ張っちゃってすみません、石巻山レポその2です♪



標高358m、下社から歩いてもさっくり登れる山。

でもその山頂は・・・



d0071563_1724476.jpg


d0071563_17242519.jpg


なかなかの迫力だったわけで・・・。



巨大な岩の上に小さな人間がちんまり乗っかってるようなイメージ。

いや、イメージじゃなくてもうそのまんまなんだけども。

決して広いとは言えない山頂、さっきの大量の小学生たち、

みんないっぺんに山頂に立ったのかなぁ・・・(゚゚;)

足元は、崖。低山といえどあなどれない迫力。




d0071563_17291366.jpg


でもさすがに展望は良い!!

この日はかなり霞んでたけど・・・。 春が近いんだのう。




d0071563_1730499.jpg


やや広くなったところには先客がいらしたので、私たちは反対側の岩の上で小休止♪

(といっても、少し座っただけか)



d0071563_17305983.jpg


やー、今日は午後から天気が崩れると聞いたが、なかなかに良い天気でないの。

そして・・・ 暑い。これはほんとに2月の日差しだろうか・・・。むむ。




少し経ち、先客さんが下山していかれたので、ひとまず記念撮影。

普通に撮るのと・・・ やっぱりここは飛びましょうよ~ ということで挑戦したものの

d0071563_1732478.jpg


あ、失敗してもうた(゚▽゚;) 飛ぼうとして一度沈んだところでした(笑)




そうこうしてるうちに、また別の方が登ってきたので・・・しばしお話をしたのですが

その方はなんと、月に一度はここへ登りに来るんだそうです。

理由は・・・ 「エネルギーをもらいに」 とのこと。

私は全然知らなかったのですが、ここ石巻山はパワースポットとして人気があるんですって。

さすが霊山・・・ あの幾つものお堂、そして険しい山容、確かに厳かな雰囲気が漂っているわ。

その方は、毎月ここでエネルギーチャージ!をしているせいか

どことなくハッピーオーラが漂っているような、とても明るい方でした。




あ、そういえば・・・ その方にこんな話を聞きました。




「ここに登りに来る人って、少し変わった雰囲気の方が多いんですよ~

ボクなんかこの間、見ず知らずの女性に

あなたはネバーエンディングストーリーを観た方がいいわね

・・・って言われましてね」




・・・・・(# ̄m ̄)ブッ!




初対面の方の前で吹いた瞬間でした・・・ スイマセン。

いやぁ、それはおもしろい方だなぁ~~~。

一体どういう意味なのかはサッパリだけど(笑)




そんな感じでワハハと少し話をした後、私たちは下山することに。

下山したら・・・ ランチが待っている!!




d0071563_17453634.jpg


上社まで下ったところで、登りで通らなかった道を歩いてみる。

すると、



d0071563_17464063.jpg


あらら、こんなところに立派な地図が・・・

って、よーく見ると・・・



「なんだ、やっぱり下まで遊歩道続いてるじゃん!!」

ようやく気付いた私たちでした(苦笑)

本当に、何の下調べもなしに登ったものですから・・・お恥ずかしい限り。



d0071563_17483123.jpg


ここからか。 でも、バス停って・・・一体どこに出るんだろう?

まぁ、とりあえず下ってみよう。そんなに外れたところには出ないはずだから。




d0071563_17493656.jpg


とても歩きやすい遊歩道。登りもこの道を使えばよかった・・・ って今更だけど。

歩きやすいのとお腹が空いていたのとで、所々小走りで、あっという間に下山。




・・・すると、途中で!

d0071563_17511452.jpg


モグラくんに出会いました・・・^^

といっても、私が見たのはお尻だけ(笑)

オットが先に気付いて教えてくれたんだけど、私がカメラを構えたときには

もう土の中に潜っちゃってました~。




あ、そうそうそれと・・・

下山中、遊歩道のど真ん中でゴルフのクラブを構えた男性に出くわしました。

その方は、ゴルフのスイングをして遊びながら登るんだとか。

ん、やっぱり少し変わったことをする方が多いのか?な?(笑)

でもものすごく楽しそうに登っていかれました。(ちなみに年配の男性)

幸せそうだ・・・!!




さて、そんなこんなでコースタイムより早めの下山となったわけですが・・・

下った先は、私たちが車を停めた駐車場(下社)のすぐ近く!

ありゃ~行きでは気付かなかったわ~;

ちょうど大きな工事車両が停まってたので、見えにくかったというのもあるけど・・・。


d0071563_1813590.jpg

↑ちんまり咲いてた梅の花♪

とりあえず、たった2時間のミニハイクだったけど、お疲れ様でした。

なかなかに楽しいお山でした~^^

またフラリと遊びに行きたいと思いますっ。






ちなみにこの後、すぐ近くにある「ハニーガーデン」さんという喫茶店でランチを食べたのですが

山頂にいた先客さん、そして後からやってきた方を、ここで目撃(笑)

みなさんやっぱりここへ来るんだな~。

というよりいつ来てもここはお客さんがいっぱいだ。

石巻山へ登るときは、また来よう。。。。。




d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2011-02-09 17:55 | 山登り
豊橋市・石巻山 ゆるゆるハイク♪ その1。


こんばんは、椅子の上で正座をしながら記事を書く嫁っこです。

昨日、高らかに(?)

明日は長楽寺の梅を見に行きます宣言 をした私ですが・・・

えっと、梅は・・・ まだまだでした(;´Д`)

梅のトンネルの手前、駐車スペースから見上げた時点で、

「あ、ダメだ・・・ 全然だわ・・・」 という感じで、立ち去った私たちでした・・・。

また少ししたら、様子を見に行ってみたいと思います!





さて、梅宣言のほかにも、

尉ヶ峰に登る という計画も昨日書きましたが・・・ こちらも実は計画変更となりまして;




結局どこへ行ったかと言うと

豊橋市石巻町にある、石巻山 というお山に登ってきたのでした。


※赤アイコンは出発地、黄アイコンが山頂




■石巻山(いしまきさん) 標高358m

愛知県と静岡県の県境に連なる弓張山脈の南部である湖西連峰から西側に派生する尾根。
(by ウィキペディア先生)

実は今回、何の予備知識もない状態で

「そういえばあの辺りに石巻山ってあったよね・・・ ちょっと行ってみる?」

という、散歩の延長のような感じで行ってきたのですが・・・

いはやは、なかなかに味わい深い山です!石巻山!!

山で出会った方に聞いたり、後から調べたりしたのですが・・・

どうやらここでは山岳信仰が盛んだったようで、霊山として祀られているとか。

古代から神の山(ミワヤマ)と呼ばれる、パワースポットと呼ばれているとか。





しかし私たちは、最初はそんなことは何も知らず・・・

石巻神社の下社駐車場から、テクテクと歩き始めたのでした。

それも、 車道を・・・。

d0071563_22382097.jpg


ゆる~い傾斜の車道を、ひたすら歩く。

あれ・・・ ハイキングコースがあるって、何かで見たような見ないような。

みんなこうやって車道を歩いていくのかな?

なんて思いつつしばらく行くと



d0071563_22393047.jpg


お店や旅館が見えてきました。

あぁ、さっき道路に立ってた看板に、「旅館街」って書いてあったなぁ・・・ここがそうか!

駐車場や、公衆トイレもありました。

上社に参拝する方は、こっちに車を停めていくんだなぁ。

ここからの景色もなかなかのもの。

ずーっと展望がない林道を、ちまちまちまちま、少~しずつ高度を稼いできたけど

ここでぱっと開けて、「あぁ、意外と町が下に見えるなぁ」と小さな感動♪

そういえば後から知った話だけど、石巻山からの夜景ってなかなかいいらしいですよ^^




d0071563_22442567.jpg


さて、地図も知識もない私たちは、道標を頼りに進みます・・・

こっちが上社だね。




d0071563_22451587.jpg


上社手前の看板。うん・・・なかなか読み応えがある。

・・・ん? 左下に山頂の写真があるんだけど・・・




なんだか、ゴッツゴツ・・・(゚∀゚)

どうやら山頂付近は石灰岩で出来ているようです。

私、クライマーではないのですが(←ブログをご覧頂いてる方はご存知でしょうが)

ゴツゴツの岩山、何故か大好きです・・・!!

「おぉー 山頂こんなになってるのか!?これはなかなかすごいねー」

と、ややテンション高くオットと言葉を交わしつつ、上社にお参り。



d0071563_22492469.jpg


神様に、「おじゃまします」




石巻神社は、オオナムチノミコトを祀っているらしいんだけど、

石巻山もご神体として信仰するという、山岳信仰も合わせ持った霊山となっているそうです。

オオナムチ・・・ といえば、因幡のシロウサギと、出雲の国づくり?

あと・・・ その他もろもろ(雑ですみません。久々に古事記でも読もうかな・・・)





d0071563_2314862.jpg


ここから山頂まで、600m。もうすぐだね。




d0071563_2391682.jpg


なんだか爽やかな道♪ 日差しもあったかくて・・・2月とは思えない。




d0071563_23103862.jpg


やっぱり土の上を歩くのが一番いいですねぇ・・・。

(今日はここまでずっと舗装路だったので^^;)

なんだか「もう初夏なんじゃないか」と錯覚してしまうほど、爽やかです。




d0071563_23115577.jpg


そうそう、今回は、2011年初山スカ♪ です!

当初はアンチだった私ですが、こういうところ歩くには本当に楽^^

・・・ってスカートあんまり写ってませんが・・・;

ちなみに靴は、いつもの登山靴じゃなくて、コロンビアの「メトロトレイル」だったかな?

色にひとめぼれして買ってしまいました~。

ちゃんとした登山向けじゃないけど、今回のような里山歩きや普段使いに良さそう♪





さて、登山道ですが・・・

d0071563_23151595.jpg


上社を過ぎてすぐ、そのまま山頂へ行く道と、奥の院を経て山頂へ行く道の分岐がありまして。

私たちは、 「奥の院、経てみる?」 ということで、

こちらを選んだのでした。(言葉の使い方間違っとるがな。失敬失敬)

上の写真の、奥に見えている赤いお堂が奥の院です。

こちらでも、「おじゃまします」とごあいさつ。





そしてこの先。

d0071563_2317980.jpg


緑のトンネルを抜けると、その先にも小さなお堂があったのですが・・・

なんとここには





d0071563_231815100.jpg


どどーん。

とてつもなく大きな岩。

下のほうにちっさく見えてる青いのが私です。




おぉ~!!出てきたねぇ~岩!! と思わずテンションが上がってしまう・・・

・・・でもその前にっ、小さなお堂にもちゃんと手を合わせて。




d0071563_2319412.jpg


その奥にももう一つお堂。

お堂がある度、「二度おじぎをして・・・二拍手して・・・それから・・・」とやるので

何度目かになるとやや適当になってしまいがちだけど・・・いかんいかん、

山にお邪魔するのだからあいさつはきちんと・・・。




d0071563_2321652.jpg


お堂の中に、こ~んな可愛らしい鏡餅(だよね?)もあって、ほっこりしてしまう。





さてここからは!

d0071563_23214562.jpg


やや足場の悪い登山道に変わります。

そうよ・・・ いくらゆるハイクとはいっても、多少こういうところがないとつまんないもんね^^;

わしわしと登っていると、上からものすごくにぎやかな声。

なんと、元気な元気な小学生たちが大量に下山してきましたっ。

みんな「こんにちはー!」とあいさつをして去っていく。エライのう、下まで気を付けていくのだよ!





d0071563_23271613.jpg


途中、蛇穴を発見。長い年月を掛けて石灰岩が風化水蝕されてできたものらしい。

奥行きは13mあるとか・・・ ほえ~。

ちなみにこの先には、「ダイダラボッチの足跡」という看板が立っていたけど、どれだかわからなかった(涙)

関係ないけど・・・ 浜名湖はダイダラボッチが地面に「おっと!」と手をついた時に出来たそうですね。





d0071563_23314474.jpg


さぁ、山頂はもう近い!!

やたらと大きな岩の周りをぐるりと巻いて、登っていきます。




「だから石巻山っていうのかねぇ?」 と歩きながら思いついたことをオットに言ってみたけど

「・・・さぁ?」 で終わってもうた。本当は何なんだろ~。




そして、鎖場、はしごを過ぎると・・・

d0071563_23331464.jpg


そこは山頂だった・・・ (by 川端○成) すいません、遊んじゃって。




・・・と、中途半端ですみません。かなり眠くなった上に長くなってしまったので・・・

明日に続きます!短時間ハイクなのにひっぱっちゃってスミマセン~;

続きももしよかったら見て下さいっ♪♪




d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2011-02-08 23:22 | 山登り
蛇峠山 へっぽこスノーハイク 【2011.2.1】 その3。


こんばんは、寝不足気味のせいか

珍しく頭痛に襲われている嫁っこです。




・・・さて!蛇峠山レポその3。これでようやく完結です。

日帰りなのにやたら引っ張りまくりですみません(毎度のことながら)。




前回、山頂手前の展望台で、北・中央・南アルプスの素晴らしい景色と出会い

うまうまラーメンを作って食べ、その後下山しはじめた私たち。

途中、登りで通らなかった馬の背の方を通ることにしました。




d0071563_18353260.jpg


もりっとした小高い丘のようなところ。

あれは気持ちよさそうだー♪



d0071563_1836111.jpg


あの向こうはどうなっているのか・・・?

ワクワクです。それにしても本当に良い天気だなぁとしみじみしながら。




そして、登りきると・・・




d0071563_18373019.jpg


おぉ~~~!!

以前登った大川入山が目の前に ドーン!!

何度見ても、キレイな山だなぁ・・・。見事な風貌です。




ちょうどいい場所にベンチもあって、これは天気のいい日に

お弁当でも食べたら最高でしょうね^^♪



d0071563_184006.jpg


あ、上のと同じような写真になってしまった(苦笑)




まふまふでふかふかの新雪を見たオット・・・ 

ここで、遊びはじめます。




d0071563_1841751.jpg

「ひゃっほ~~~!!」



d0071563_18413549.jpg

「ぼふっ」




d0071563_18415378.jpg

「あぁ~ 気持ちいいなぁ~~~!

ご満悦のオット。





「やってみん!」 と言われた私。

最初は 「え~私はせっかくだけどやめとくわ・・・」 と言っていたんだけど

(ザックをおろすのが面倒だった^^;)

でも・・・ 目の前で楽しそうな光景を見たら、やらないわけにはいかないっ!





というわけで





d0071563_18435823.gif

「わほほ~い♪」



・・・たったこれだけなのにGIFアニメ(笑)

オットが連写でうまく撮ってくれたので・・・^^;



かなり腰がひけてるけど、た の し か っ た♪




d0071563_18452574.jpg


「さぁ これが私の人型です」

サングラスの下ではここぞとばかりに どや顔。




d0071563_18461912.jpg


おや、オットが何かはじめた・・・




d0071563_1847110.jpg


自分の影を、自分の型にはめようとしているわ(笑)

なにやってんだか・・・




と、言いつつ




d0071563_18481214.jpg


真似る私でした(笑)




d0071563_18484348.jpg


雪遊びのあと。

後から来るであろう、展望台で出会ったグループさんたちはきっと

「あいつらやりやがったな」

と思うだろうね。あっはっは(゚▽゚*)





d0071563_1850422.jpg


さて、そろそろ帰ろう。




d0071563_1851952.jpg


まるで傘のようになった雪のかたまり。

遊歩道を抜けて林道に出て、ざくざく歩いたら駐車場はすぐそこ。




d0071563_1852163.jpg


人生3度目のスノーハイク。まだまだです・・・。



d0071563_18523527.jpg


スノーシューも、背負って歩いていた時間が長かったけど・・・



d0071563_18531472.jpg


ややヘロヘロになりつつも、楽しんでこれてほっと一安心♪

あと、ケガもなくて本当によかった~。





今回のへっぽこ山レポ。

お付き合い頂きまして、ありがとうございました!

次はどこのお山を目指そうかな~~??

考えるのもまた楽し♪♪




それでは、またっ^^




d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2011-02-05 18:55 | 山登り
蛇峠山 へっぽこスノーハイク 【2011.2.1】 その2。


こんばんは、嫁っこです。

今回は、蛇峠山レポの続きをお送りいたします・・・ よろしければお付き合い下さい♪



d0071563_21144100.jpg


樹林帯を抜けた後、すこーんと開けた場所に出た私たち。



d0071563_21143518.jpg


レーダーだとか電波塔だとか。背の高い人工物がたくさんです。

そして上を見上げると青空が本当に眩しい。




そして、


あ、暑い・・・ (;´Д`A



でも山頂はもう近い・・・ と、思う、んだけど。

とにかく、先へ進みます。






・・・と、ここで、またしても


d0071563_21175799.jpg


ラッセラーラッセラー♪



※ねぶたでも、ましてや猫ひろしでもございません。すいません。



ふっかいねぇ・・・。 オットで膝上の高さの積雪。

私が歩くと腰の辺りまで埋まる。

・・・ここでこそ、スノーシュー出すべきだった?^^; 今更ですが・・・。




でも何とか少しずつでも先へ進み、また背の高い人工物を発見!

これは・・・!?

d0071563_21211630.jpg


THE 雨量レーダー。




・・・ む~ん。




山頂はどこになるんだろうか。





d0071563_21223240.jpg


あぁ、あっちだわ・・・。

向こうに鉄塔のようなものが見えてる。あっちの方が山頂になるんだわ。

時間はすでに12時過ぎ。お昼も作って食べんとかんし・・・。

どうする?ここまでで良しとする??

とオットと相談していたら、展望台で休憩していたらしき単独の男性がこちらへやってきました。

あっ、私たちより少し先に入山していった方だわ。トレースの主様!




「この積雪はちょっとしんどかったですね~」とお互い話す。

でも私たちはあなた様のトレースのおかげでだいぶ楽させて頂きました・・・!

と心の中でお礼を言う。あ、もちろん口に出しても言ったけど^^;

この男性も、山頂までは行かずに下山するとのこと。

「じゃあ私らもそうしよう!!」 と即決。




d0071563_21263183.jpg


「それでは、お気を付けて!」

爽やかに去っていく男性。こっそり後姿を激写。ふふ。

ちなみにこの男性も、私たちと同じく浜松から来たそうです。

勝手に親近感♪





さて、私たちも展望台でお昼にしましょうか。

d0071563_21293297.jpg


わー、なんだか向こうにすごい景色が・・・!




d0071563_21301013.jpg


中央・北アルプス。若干雲かかってますのう。




d0071563_2130356.jpg


南アルプス。 ※クリックで拡大します。

おぉー!!こっちはバッチリ♪



d0071563_21311369.jpg


あれは私の大好きな仙丈ヶ岳♪

・・・だよね?合ってるよね?(違ってたらものすごい恥ずかしいわね)

山座同定は非常に苦手です。案内があっても「え?あれがそう?違う?」って感じで。

ハズカシやー。




d0071563_21323526.jpg


さぁ!ごはんを作って食べて、出来るだけ早く下ろうかっ!

今回は200円の激安ミニ椅子を連れてきました。




お昼ごはんは・・・

d0071563_21365227.jpg


小籠包(しょうろんぽう)入り野菜ラーメン♪




以前、大川入山でも似たようなのを作ったんだけど

簡単だし美味しいしで、すっかりハマってしまいました(゚∀゚*)


↑以前作ったのはコレね。ケイちゃん(味付き鶏肉)と野菜とラーメン。



d0071563_21404369.jpg


野菜は毎度のことながら、既にレンジでチン!して持ってきているので

調理時間はかなり短縮されます。

ひと煮立ちさせて、ラーメンを投入してぐつぐつやったらもう食べられます♪



d0071563_21422310.jpg


あ、麺がない上に野菜があんまりないような写真になってしまった。

今回の具は、小籠包、白菜、じゃがいも、エリンギ、コーンです!

家にあったものを適当につめてきただけだけど、美味しい~~~大満足♪♪




さて、お腹が満たされたところでようやく少し余裕が出てきたので

d0071563_21433410.jpg


忘れずに記念撮影♪

今回はうまく飛べず、地に足をつけた状態にて撮影しております。あしからず。





・・・と、私たちが写真をカシャコンカシャコン撮っていると

何やらにぎやかな女性たちの声・・・!

はっと気が付くと、50~60歳代くらいのグループが近くまでいらしてました~。

えっと、確か6、7人くらいだったかな?男性も女性もどちらもいたのだけど

もう、女性陣の楽しげなこと・・・!やはり女性はパワフルです☆

こちらのグループは全員スノーシュー。

ということは・・・ 登りで私たちが必死にラッセルしたところも、だいぶ踏み固められてるでせう。

これは少し楽できるかも・・・。





さぁさぁ、元気な皆さまに軽くご挨拶をして、頑張って下っていきましょうー。

d0071563_214823100.jpg


「わーいっ」


オット、元気です・・・!




d0071563_2154575.jpg


「わっほー」


私も、元気です・・・!

あれ、私ズボン下がってきてない?なんか足が短く見える気が・・・。

(それは元々、というツッコミはナシでお願いします。笑)




d0071563_21551731.jpg


下りは、見事に踏み固められたトレースをガスガス歩いていきました。

周りの木々にぽこぽこと丸くついた雪がかわいい。

こういう大き目の花がついた木みたいで。




d0071563_21565429.jpg


快調に進みます・・・ が、ワタクシ何度かずっこけました。







・・・そして!

登りで通らなかった馬の背を通って下山したわけなんですが・・・

ここで・・・






d0071563_2201193.jpg


「ひゃっほーい!!」

雪遊びしてきちゃいました(*´∀`*)



※掛け声のわりに、体勢がへっぽこですいません。




この先のお話は・・・ 次回に続きます♪





d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2011-02-03 21:34 | 山登り
蛇峠山 へっぽこスノーハイク 【2011.2.1】 その1。


こんにちは、嫁っこです。

身麻呂は本日2月2日もお休みを頂いていますm(__)m

明日から営業となります。よろしくお願いしますっ。





さぁ、昨日行って参りました蛇峠山のスノーハイクレポを書いていこうかと。




d0071563_1425524.gif

【蛇峠山(じゃとうげやま)】 標高1,664m



場所は長野県最南部、下伊那郡平谷村と阿智村、阿南町の境になるんですね。

なんとなんと、私は今日初めて知ったのですが、この蛇峠山は

深田久弥氏(『日本百名山』の著者)が山頂を踏んだ最後の山だそうです。

(ちなみに最後に登ったのは茅ヶ岳で、登山中に脳卒中で倒れ、亡くなったとのこと。)

d0071563_1425524.gif




さてさて、私たちは当日午前5時過ぎに自宅を出発。

そして8時過ぎに治部坂スキー場に到着し、南にある別荘地を車でずーんと進んでいきます。

下のスキー場から登る方も多いとは思うけど、私たち初心者は途中の橋まで車で行きます!

・・・が、橋まで車で行く途中、



左の前後輪が側溝にすっぽりハマる
アクシデント発生(゚д゚;;)




うちのオット、青森で暮らした経験があるから雪道に慣れてるし、山道も得意なはずなのに・・・

な、なぜ!!??

オットが車を押して、私がアクセルを踏んで・・・ とあれこれ頑張ってみたものの

私たち二人では車を助け出すことが出来ず・・・

結局・・・ JAF、ヘルプ!! ということで助けを呼んだわけでした。

ほんと、すいません・・・。お世話おかけしました・・・。





さぁここで一時間のロス。

橋まで行き、支度をしたら早速出発します!!

時は既に10時をまわっている。。。



d0071563_1431456.jpg


タント号、お疲れ様・・・ ここでしばし休んでいてくれぃ!


d0071563_14313285.jpg


おっと、ここまで除雪車が入ってくれていたのはとってもありがたい、が、

集めた雪が橋の上にもっさりと。




さてここで2つ目のアクシデント発生。

このもっさりとした雪を「よいしょっ」と越えるわけですが、

それ自体は別にたいしたことはないんだけども、

出発してわずか5秒、私の片方のストックの
バスケットが外れました・・・!(゚д゚;;)


d0071563_14361151.jpg


画像はお借りしてきたものですが。

どこ行った!?と探してみたものの、1mほどの高さの雪の中、

奥深くに取り残されちゃったんでしょうね・・・ 見つからず断念しました。

ア、アホです。ほんとすいません。




バスケットなくてもなんとかなるわ、ということで気を取り直して出発です。




d0071563_14382711.jpg


静かな林道をさくさく、スノーシューで歩いていきます。

前日もかなり降ったようですな、新雪がとってもふわふわもこもこです!

私たちの前に、単独の男性がアイゼンで入っていかれたので

そのトレースを頼りに進む我ら初心者二人連れ。ありがたい・・・。




d0071563_144088.jpg


この日は天気も最高!!

これでもかというくらいに晴れてくれて、思わずにんまり。

去年、どこへ行ってもガスガスだったのに比べ、今年は調子がいい♪



d0071563_14411465.jpg


さて、この後・・・

遊歩道と林道の分岐に差し掛かったのですが・・・



アイゼンの男性は遊歩道を行ったらしく、トレースがあったのですが、

見る限りしょっぱなからなかなかの傾斜。

このスノーシューではちょっとキツイ、かもね・・・。

ということで、少々迷ったけども、トレースのない林道を行くことに決定。

そして、その先で・・・

深雪ラッセル、初体験 したわけで・・・。

スノーシューを着けても、一番深いところで足の付け根くらいまで沈む。

更に、抜群の天気、無風・・・ すなわち、汗だくです。

オットと交代しながら、なんとかかんとか進んだけど、

もはや修行以外の何物でも・・・ないと・・・ 身に沁みたのでありました。

みなさん大変な思いをして冬山に行ってるんだなぁ・・・。



d0071563_1532530.jpg


トレースのない道に、うさぎがぴょこぴょこ跳んだ跡だけがありまして。

「こんな雪じゃあ、うさぎだって大変であろう」 とオット。

うさぎの跡、 『うさうさラッセル』 と勝手に命名。




非常に長く感じた林道をとりあえず抜け、

d0071563_1545249.jpg


遊歩道との分岐に到着! あっちに見えるのが馬の背か?

なんて気持ち良さそうな場所なんだ!



d0071563_1554580.jpg


そして後ろにはゲートが。無雪期や、雪が少ない時はここまで車で来れるらしいです。




さて、この先ですが・・・

d0071563_15643100.jpg


やや傾斜のある(私にはそのように感じられた)樹林帯を進むわけですが・・・

少し進んだところで、オットと相談。

「これ・・・ スノーシューよりアイゼンの方が歩きやすいんじゃない?」

「うん・・・ そうかもね・・・」

ということで




さらばスノーシュー、そしてこんにちはアイゼン(軽)。




d0071563_1583559.jpg


ザックに無理やりスノーシューをつけて、6本爪軽アイゼンを装着!



d0071563_1591393.jpg


ザクザクと、慣れない雪道を黙々と登る。。。

非常にやわらかい雪だからか、それとも技術が伴わないからか(後者の割合が大きいですな)

最初のうちは恐ろしいくらいに滑る。

そこで、「こうすると楽かも」だとか、「そういえば本にこう書いてあったような」だとか

あれこれ歩き方を試しながら登っていくわけです。

そして、しばらく登り、ワタクシようやく

「あぁ、キックステップってこういうことか」 と理解した次第。

基本中の基本、キックステップ、かろうじて習得!?

いやはや何ともお恥ずかしい限り。

でもやっぱり実際やってみないとわからないものですね・・・^^;

経験者と一緒に行って、あれこれ教わるのが一番いいんだろうけどもね・・・。あはは。




d0071563_15155915.jpg


はー、でもなかなかに楽しい!!

相変わらず汗ダラダラだけど、テンション上がってきます。




d0071563_15163475.jpg


「わーい」



d0071563_1516507.jpg


「ひゃっほーい」



・・・って、意味不明なポーズとって遊んでるから






「こけっ」


こうなるんですけどね(・ω・;)





あ、でも「こけっ」としていたのは私だけではないですよ。

d0071563_15184914.jpg


「ずでーん」

・・・オットがハマっている!!

それを激写しながら、後ろでアヒャアヒャ言って笑っている私。ふふ。






d0071563_15201275.jpg


さぁ、改めて気合を入れて、先へ進みます。

上の写真の右上あたり、木々が邪魔で見えにくいんだけど・・・

鉄塔のようなものがいくつか見えてきました。あの辺りが山頂のはず!

もうひと頑張り!!




d0071563_15295850.jpg


再び樹林帯に入る・・・ 黙々と登る。



d0071563_15305180.jpg


山に登ってるといつも思う。

木々のトンネルの先に、少しだけ見える青空ってなんて魅力的なんだー。

あそこまで行ったら、すごい世界が広がってるかも!?とワクワクするのです。





そして、

d0071563_15315061.jpg


おぉ!やっと抜けたよー(ノ^∇^)ノ゚

雪の上には、またしても「うさうさラッセル」が。




d0071563_15325670.jpg


電波塔やらレーダーやら、いろんなものが見えてきました。

山頂はもう近い・・・ はず!?




・・・ 長くなってしまったので、次回へ続きますっ!




d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2011-02-02 15:21 | 山登り
南信州 蛇峠山へ。。。 ~とりあえず編~


今日の日中歩いた分の筋肉痛が

もう既に出始めている感が否めない。。。

そんな嫁っこです。どうもこんばんは。





本日、行って参りました・・・

長野県阿智村の 蛇峠山(じゃとうげやま)(1664m) に♪

d0071563_22404547.jpg


実は今回、入山前からハプニングが発生したり

登りの最中にも何かと計算違いな事態が発生したりで・・・

ピークを踏めず 帰って参りました。



d0071563_22434146.jpg


冬山一年生、色々と勉強させられることばかりでした。




でも・・・

d0071563_22425748.jpg


天気が味方してくれたおかげで、たくさん楽しんでこれました♪♪




またまた、毎度のごとく今回も写真を大量に撮ってきてしまったので

(これがまた楽しいんだよね)

明日以降、何回かに分けて書いていきたいと思います!!





よろしければ、ご覧になって下さいね~~(^o^)




d0071563_22463333.jpg


「こけっ」





・・・ また、私の残念ぶりが明るみに出てしまうかもしれないけど・・・。




d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2011-02-01 22:47 | 山登り
| ページトップ |