Top

山好きなへっぽこ歳の差夫婦が通りますよ。(ただいまお山に行くペースが著しく低下中)
by mumaro_2
プロフィール
日々のことやお山のことをぼんやりと書いております。



へっぽこ山登りの記録

■南アルプス
 ・鳳凰三山
 ・烏帽子岳・小河内岳
 ・仙丈ヶ岳
 ・尾高山
 ・日向山
■中央アルプス
 ・木曽駒ヶ岳
 ・越百山(7合目まで)
■八ヶ岳
 ・天狗岳
 ・編笠山・権現岳
 ・北横岳
 ・麦草峠~白駒池
 ・北八ヶ岳(麦草峠~坪庭~雨池)
 ・車山(夏期)
 ・車山(冬期)
 ・坪庭(冬期)
 ・美ヶ原
■奥秩父
 ・瑞牆山
 ・金峰山
 ・大菩薩嶺
■南信州
 ・大川入山
 ・南沢山(冬期)
 ・蛇峠山(無雪期)
 ・蛇峠山(冬期)
■静岡の山
 ・八紘嶺
 ・秋葉山
 ・蕎麦粒山
 ・竜ヶ石山
 ・尉ヶ峰
 ・枯山
 ・越前岳
 ・獅子ヶ鼻トレッキングコース
■愛知の山
 ・岩古谷山
 ・明神山
 ・乳岩峡
 ・鳳来寺山
 ・石巻山
 ・獅子岩
■関西の山
 ・御在所岳
 ・国見岳
 ・鎌ヶ岳
 ・霊仙山
 ・倶留尊山・曽爾高原
■丹沢
 ・鍋割山

≪山ごはん・外ごはん≫



お気に入りリンク

a journey
酔っ払ライダーのブログ
KEN’S NEWS Iターン梨農家の日々
浜松のんびりブログ
のらりくらりと。
light * airy
気ままにのんびり
ぱんだ屋の朝焼け!夕焼け!パンを焼け!
Colors of the Wind
つくねは「たれ」、こころは「しお」


フォロー中のブログ
マルコの気ままな日記
日菓のあれこれ
ピラタスの丘ペンション村ブログ
かぎしっぽ通り
SCRAPBOOK*|エ...
Animal Skin ...
山日和 -今日も いぃ天気-
sousouka
ファブリック帯目線なキモ...
山へ行こうよ クマと一緒に!
山おんなBiyori
inondo 山梨県富士...
お山歩日記
女一人放浪の旅からハ-フ...
light*airy
ひねもすのたり。
カテゴリ
日常
山登り
アウトドア
お出掛け
星撮り
美味しいもの
レシピのような
山道具
移住のはなし
検索
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
more...
その他のジャンル
タグ
(16)
記事ランキング
ブログパーツ
ブログジャンル
ライフログ
"WD-Lazycat1" Skin by
Animal Skin
<   2010年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
旧増富中学校 【工藤耀日美術館】
こんばんは、嫁っこです。

昨日こっそりと、ブログタイトルとスキンを変えてみました・・・^^



・・・さて、今回はとある美術館のご紹介。

山梨県北杜市にある 『工藤耀日美術館』 をご存知でしょうか??

工藤耀日(てるひ)さんという墨彩画家が、

今は廃校となってしまった旧増富中学校校舎全体を、美術館として活用しているんです。

実はここ、今年6月に 瑞牆山 に登った時に立ち寄ったのですが

私たちも最初から知っていたわけじゃなくて、途中で寄った「みずがき湖ビジターセンター」で

教えていただいたんです。




「ここから近いし、すっごくいいところだから、是非行ってみて^^」

と。




そういえば、瑞牆山方面からビジターセンターへ行く途中、

そういう名前の看板を見たような・・・。

じゃあちょっと、行ってみようか!!





d0071563_223650.jpg


あっ、そうそう、この看板。

ここから少し細い道に入って・・・




d0071563_2235258.jpg


ずんずん進む。青い空が眩しい。




そして数分後。





d0071563_2242132.jpg


旧増富中学校に到着。

わー・・・ 昔ながらの木造の校舎だ。そしてものすごく静か。

いい場所にあるんだなぁ・・・。




d0071563_2255070.jpg



d0071563_2264162.jpg


ドキドキ・・・ 階段を登りながら、なんだかやけに緊張してしまう。




d0071563_2271724.jpg


正面入り口。ここからお邪魔します。

こちらの美術館は、入場無料。

戸をガラガラ・・・ と開けて入っていくと、すぐ隣の「職員室」から

女性が出てきました。

「どうぞごゆっくり見ていって下さい」

とのこと。

後で知ったんだけど、この女性は工藤耀日さんの奥様だそう。





スリッパをお借りして、上がらせて頂く。

廊下や教室のあちこちに、工藤耀日さんの作品が展示されていました。

墨彩画、って一体どんな感じ? と思ったのですが

水墨画が更に力強くカラフルになったような・・・!!

勝手なこと言ってスミマセン、でも何だかそんな印象でした。

ものすごく生命力に溢れた絵ばかり。

武田信玄や中国がテーマのものが多かったなぁ。





こちらのHPで紹介されています。是非見てみて下さいませ→『八ヶ岳ジャーナル』





d0071563_22164112.jpg


絵画はもちろん、もうひとつ嬉しいのは・・・ なんといっても、廃校舎の雰囲気。

これはもう、美術館全体の空間としての魅力ですよね。




d0071563_22181510.jpg


この教室で、どんな子供たちが勉強していたのかな・・・。




d0071563_2218502.jpg


あちらこちらにピアノやエレクトーンなどの楽器、

それに本棚の中の本までがそのままに残されていて・・・。

どの部屋もキレイにお掃除されていて、ぴかぴか。

今でもここで子供たちが過ごしていたって不思議ではないくらいです。





d0071563_22203565.jpg


木の廊下は、歩くとギシギシ音がする。

静かな校舎に足音が響きます・・・。

このときの客は、私たちだけだったようです。






d0071563_22212611.jpg


校舎内を一通り見た後、先ほどの女性(奥様)がやってきて・・・

「奥の体育館も是非見ていって下さい」

と言っていかれた。






一体何があるんだろう??





と、靴を履き替え、体育館の重い扉を開けると・・・






なんとそこには、体育館の壁中に展示された、巨大な絵画が・・・!!

壁の端から端まで描かれた絵は、波と女性がカラフルに力強く描かれていて、

全体の長さはなんと40m越え。

そして体育館の真正面には日本三大桜のひとつ、「神代桜」の絵。

見事な枝振り。そして繊細な花びら。





そんなダイナミックな絵画たちに囲まれ、圧倒されていると・・・

おや、誰かいらっしゃる。

あれは・・・ なんと、工藤耀日さんご本人!!

ちょうど新作を描いてらっしゃるところでした。

近くにある神代桜の話や絵画の話など・・・色々とお話をして下さいました。

とても素敵な方でした^^





しばらくお話をした後、「また遊びに来ます」と行って、体育館を出た私たち。

なんだか・・・ パワーをたくさん頂けたような気持ちになりました。






d0071563_22322311.jpg


最後に、校庭にて「選手宣誓!」のポーズ♪

ビジターセンターのおばさまに言われた通り、本当に素晴らしいところでした。

非日常空間に迷い込んだような気持ちで。

またいつか、訪れてみたい場所です。

皆さまも、北杜市に行かれた際には是非^^




d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2010-11-26 20:15 | お出掛け
奈良の室生寺へ。
こんばんは、嫁っこです。

今週は、長いな・・・ 祝日がある関係で、久々の7連勤です。

あと一日!明日頑張れば休みだ~っ(木曜からまた仕事だけど)。





さてさて、今日は、先日行った室生寺の写真をupしようかと・・・^^




d0071563_2234292.gif


室生寺(むろうじ) ・・・奈良県宇陀市にある真言宗室生寺派大本山の寺院。

「女人高野」という名前をよく聞くけど、これは

女人禁制だった高野山に対し、女性の参詣が許されていたことからそう呼ばれているそうです。




宗教のことは難しい・・・。

個人的には、古代史が好きなので神様の方に興味があるんだけど

でも、ご本尊の釈迦如来、すごく有難いお顔で。

やっぱり仏様のお顔を見ると、どことなくほっとする。そんな気がする。

そういえば、以前サライでみうらじゅんさんが仏像について書いてたなぁ。

あれはおもしろかったなー。仏像をフィギュア感覚で考える、とかいう。

仏像について詳しくなくても、「こうなってるんだ!」と素直に感心してしまう。

わかりやすいしねぇ。。。




d0071563_22414512.jpg


それはそうと、室生寺の紅葉は、本当に素晴らしかったわけで・・・




d0071563_2245451.jpg


山では黄色い葉っぱばかりを見ていた気がするので・・・




d0071563_22481875.jpg


この真っ赤っ赤!!な葉っぱたちに感激♪




d0071563_22475024.jpg


おぉ、でも黄色いイチョウもキレイだわ。





d0071563_22471378.jpg


そうそう、ちゃんと口もゆすいでね・・・ 柄も流してね・・・。





d0071563_2249496.jpg


千社札、味があって大好きです。

ちなみに・・・ 浜松北部のお寺巡りをすると、

とある外人さん(らしき名前)の千社札を多くみかけます(笑)

この人、あちこち行ってるんだなぁ・・・と不思議な感動を覚えます。





d0071563_22515333.jpg


一番左のお人・・・ なんとも言えない表情で、ついつい見入ってしまいました。

みんな、お布団に潜ってるみたいなかわいさ。





d0071563_22531870.jpg


なかなかのバランス!これはケルン??

三途の川の河原で子供が積む石?





d0071563_22575282.jpg


倶留尊山の後で、この登り・・・。

ちょっとだけ、足にきました。

年配の方は、休みながらゆっくりのんびり。





d0071563_22551266.jpg


なんとなくほのぼのする書き方ですな。

「おかえり」って、平仮名で書いてあるところがいい。





d0071563_2255472.jpg


天気はいまひとつだったけど、紅葉はまさに見ごろで、観光客も結構多かったなぁ。

みんなあちこちで記念撮影をしてる。

私のカメラにいろんな人の顔が写ってるように、

どなたかのカメラにも、私たちのマヌケ面がおさめられていることでしょう(笑)





d0071563_22572349.jpg


人が多く、ざわざわとはしていたけど、やっぱりお寺というものは

落ち着きのある空間でありまして・・・





d0071563_2303059.jpg


自然と、話し方も静かになってしまう私なのでした。

屋根の苔むした感じ、たまらない。





仏様の有難いお顔を拝み、紅葉を満喫した私たち。

ちなみに・・・・・



d0071563_231941.jpg


オットは赤い服、私は黄色い服。

本当にたまたまなんだけど、ちょうど秋の色を着てきていたのでありました。

ちょっと、嬉しく思う。。。







おまけ。

d0071563_2342746.jpg


室生寺を出て・・・ オットの母がこちらの草もちが大好きだということなので

お土産用と、自分たち用、計2パック買ってみました。



d0071563_2351156.jpg


見るからに美味しそうな草もち6個入り!

・・・4つしかないのは、写真を撮る前にがっついてしまったからです(笑)

もっちもちで、やわらか~くて、ものすごく美味でした♪






室生寺は、シャクナゲも有名だそうですね。

お寺の中のあちこちで、シャクナゲの葉をみかけました。

いい時期に来たら、キレイだろうな~。

また楽しみが増えました♪





d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2010-11-22 23:06 | お出掛け
倶留尊山・曽爾高原を歩く その2。
こんばんは、嫁っこです~。

倶留尊山&曽爾高原レポの続きです^^



d0071563_20203841.gif


ガスガスの中、山頂に着いた私たち。




わー、お疲れ様ー。と、少しだけ休憩・・・ のつもりが




d0071563_20215942.gif


なぜこんなに残念なことに??(゚д゚;)




これ、別に踊っているわけでも、狂ったわけでもなく・・・

山頂で、二人一緒に「飛んだところ」を写真におさめようとしたわけでありまして。

セルフタイマーで何度か挑戦したものの、失敗続き~。

まっ、いいかっ。またの機会に頑張ってみよう。





ちなみに、山頂からの展望は・・・

d0071563_20333055.gif


見事なまでにまっしろけっけ。

・・・・・よし、すぐに下ろうー;





d0071563_20355471.gif


もやもやとしつつ、幻想的な森の中を再び歩く。


d0071563_20353682.gif


オット撮影。

歩きながら、ついつい足元の落ち葉に目がいってしまうねぇ。





そうそう、登りの時写真を撮り忘れてたけど・・・

d0071563_203967.gif


二本ボソの手前にあるのはこういう建物。(入山料を払うところね)

行きに通過したときには無人だったので、横にあるポストに入山料を入れていったけど

帰りに通ったら建物の中におばちゃまがいました。



「あ~ 千円入ってたけどアンタらだったんだね」

ということで、こんな券をくれました。



d0071563_20411262.gif


記念にもなるからどうぞ、って。

ありがたく頂戴しました^^




ところで、おばちゃまに

「今日はこんな天気になっちゃって、残念ですぅ」

という話をしていた時のこと。

おばちゃまの口から

「でもこんな日は、午後から雲がぱーっと晴れて天気が良くなることもあるからねぇ」

という頼もしい言葉が・・・!!




わー もうちょっとでお昼だし、ほんとにそうなったらいいなー。

と、少しの希望を胸に・・・





d0071563_20445879.gif


真っ白けの中を下る・・・。





d0071563_20451981.gif


すごいよ・・・ 登りで見えていた曽爾高原が、真っ白だよ・・・。

おばちゃーん、ほんとに晴れる??





この辺りで、2組の登山客とすれ違いました。

おじさまグループと、おばさまグループ。

そのどちらとも、 「今日は天気がいまひとつですね~」 という会話を交わす。

そしてオットがすかさず、

「上で聞いたんですが、こういう日は午後からぱーっと晴れることもあるみたいですよ」

と。

そして皆さん

「そうなるといいね~」

と笑う。








・・・・・・・が、

残念なことに



この後、雨が降り出したのでした。







    ガッデム (゚д゚)







最初はたいした雨じゃなかったので、レインジャケットだけを着た私。

でも・・・だんだんと雨は大粒になり・・・

気がつけば、ズボンの横から後ろにかけてびっしょりに。




ひょえー!




遅いと思いつつも、慌ててレインパンツをはく私・・・。

さ、さむッ。

しかも、いつもの山ズボンじゃないから、乾きが悪い。

実は私たち、なんだかんだ言って山で雨に降られたことがないのです。

それなのに・・・

普通のズボンをはいてきたこの日に限って、なぜ、雨・・・。

しかも元々雨の予報はなかったのに~。





曽爾高原の辺りまで下ってくると、歩いてる人たちもみんなハイキングの格好。

(そりゃそうか)

カッパを持ってきていないのか、そのままの服で歩いていたり、

傘をさして歩いていたり・・・ いろいろ。

そんな中、私は全身ピンク色になって駆け下りていくのでした・・・。

(私のカッパは上下ピンク!!)





d0071563_2054415.gif


でも、雨が降り始めたらガスが晴れてきた!?

曽爾高原がだいぶ見えてきましたよ♪





そしてテケテケ歩いてるうちに、あっという間に下へ降りてきました。

d0071563_20585510.gif


下ってくる人はガスの中・・・。

もっくもっくー。




d0071563_2101295.gif


結局すっきり晴れたススキ野原は見られなかったけど・・・

ガスがかかった曽爾高原も、なかなかに幻想的で・・・

いい景色に出会えたなぁ、と大満足♪




d0071563_2122611.gif


登った時間が早かったせいか、人も少なくて

静かな山歩きでした。




d0071563_2114873.gif


さぁ、帰ろうか。




d0071563_212891.gif


ありがとう、曽爾高原!! by オット







・・・・・ ちなみにお昼頃に駐車場に戻ったわけなんだけど、

朝は私たちの車一台だけだったのが・・・


なんと、ほぼ満車状態になっていました。


うひょ~、すごいな曽爾高原。

こんな天気なのにこの人出。人気だねぃ。




いつか、日に照らされるふわふわのススキたちにも会ってみたいなぁ・・・。




以上、へっぽこな山レポにお付き合い頂きまして、ありがとうございました♪

次回は室生寺の紅葉編かな~。




d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2010-11-20 21:06 | 山登り
倶留尊山・曽爾高原を歩く その1。
こんばんは、嫁っこです。

先日の山レポを、ちまちまと書いていこうと思います。






2010年11月15日(火) 天気:曇りのち雨

■倶留尊山(くろそやま) 標高1,037.3m

日本三百名山のひとつ。

奈良県曽爾村にある曽爾高原からのルートで登りました。




浜松の自宅を出発してからここへ曽爾村に来るまで・・・

いろいろと残念なことがあったのは先日書いた通りですが

( 残念すぎる旅、その顛末。 )

朝8時過ぎ、現地に無事到着した私たち。




d0071563_2043776.gif


有料駐車場(600円)に停めます。

ひろ~い駐車場に、車は私たちの一台だけ・・・ ぽつねん。

倶留尊山まで行く人はどのくらいかわからないけど、曽爾高原はかなり人気らしいので

もっと遅い時間になるとここもいっぱいになるのかな~?





さぁ、頑張っていきまっしょ。





d0071563_2045256.gif


駐車場の隅の階段を上がっていくと、もう目の前は曽爾高原!!

ススキはもう終わりかけだけど・・・ 広いなぁ~!




d0071563_20454210.gif


計画では、日に照らされるススキを眺めながらの山歩き・・・

だったんだけど、

あいにくこの日は雲が多く・・・ ずっと曇りっぱなし。

でも、良いではないか。なかなか。




d0071563_20471130.gif


秋の終わりのちょっとくすんだ色も、落ち着きがあっていいものですな。

おや、あちらに見えているのはこれから登る二本ボソのあたりかな?




d0071563_20483865.gif


山の斜面も一面、晩秋の色味。




d0071563_2049641.gif


私たちが行った前日まで、「曽爾高原 山灯り」というものが催されていたそうです。

お亀池周辺の灯篭に火が灯されるんですって

キレイだっただろうな~^^




d0071563_20505171.gif


さぁ、だんだんと上へ登っていきますよ。

なかなかに長い階段を登ります。

階段というのは。。。 やっぱり普通に山を登るよりも疲れますのぅ。

歩幅が合わんのだ。

テッ テケ・・・ テケッ  も、もしや歩き方が下手なだけ!?





d0071563_20542724.gif


オットが写真を撮っている・・・。

今回は、私のデジイチをオットに貸し出してみた。

安物のカメラで申し訳ないけど、色々撮ってくれていたなぁ。





d0071563_20553655.gif


オット撮影。

上から曽爾高原を見下ろしてみる。

遠くの山まで見える・・・。





d0071563_20561380.gif


鎧岳、兜岳、国見山・・・ あのあたりも行ってみたい~!

すごく個性的な容貌でした。実際見ると。





d0071563_2057435.gif


稜線を歩いて、二本ボソというピークを目指しますよぅ。





d0071563_2058158.gif


やっぱり稜線歩きは気持ちがいい。

でも、これで真っ青な空が広がっていたら、もっと気持ちがいいだろうね。

私たち、すっかりガースー夫婦になってもうた。。。

晴れ夫婦復活の日は来るのだろうか?? うーむ。





d0071563_20594545.gif


樹林帯に入る直前、高原にほんの少しだけ日が射してくれたっ。

もうちょっと・・・ く~っ、残念。

ぱーっと雲が晴れるのを期待したけど無理そうだわ。





d0071563_2105527.gif


さぁ、途中からは静かな樹林帯を歩きますよ。

この辺りはもう落ち葉だらけ。ふわふわサクサクの道。

無意味に落ち葉を足で 「ザッ ザッ」 とやりながら歩きたくなる!

子供の頃、よくやったような気がする・・・。

結局、何年経ってもやることは変わってないのか、私は^^;






d0071563_2115125.gif


そしてしばらく歩き・・・ 二本ボソに到着!(変わった名前だなぁ)

ガスの中に見えているのが倶留尊山だ~。結構近いぞ。

そうそう、倶留尊山は私有地なので、入山料500円を支払わねばならぬのだ。

二本ボソの手前に建物があって、そこで支払います。

人がいない場合は、建物の前のポストにお金を入れていきますよん。





d0071563_2153168.gif


倶留尊山への道も、ふかふか落ち葉の道♪

なんだか公園の中を歩いているような・・・ そんな錯覚が・・・。

でも途中、よくよく見たら右側が崖になっておりましたよ。

ガスガスだったから、高度感はあまりなかったけども。





d0071563_217910.gif


今回は、ニッカ風のズボンをはいてきた私。

実はこれ・・・ 山用ではないのですっ。

普段履きで、主に仕事でよくはくのですが

化繊で軽くて動きやすいから、ちょっとした山歩きだったらいいかも!!と思って

はりきってはいてきたわけであります。

でも、これが後々・・・ またしても残念な結果を生むことになろうとは・・・

あ、いやいやそれはまた次回・・・。





d0071563_21103449.gif


山頂近くなってくると、だんだん道も狭く急登になってきました。

おぉ・・・ この登りはへっぽこな私のヒザに来る・・・!

途中から写真を撮るのをやめて、登るのに集中。

ちょっとした岩場も出現。




そしてようやく、





d0071563_2115990.gif


山頂~~~~~ お??



へっぽこ夫婦が アホ になった!?

ここで一体何が・・・・・!!??







・・・・・・ってなわけで次回へ続きます(笑)





d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2010-11-19 20:52 | 山登り
大川入山 その3。 ~山ごはんは味噌ラーメン~
こんばんは~、嫁っこです。

日帰りの山登りなのに、その3まで来てしまいました・・・^^;

どうもすみません。

今回が最後っ!山ごはん編です。




前回、ガスガスの山頂に着いた私たち。

あまりの寒さに、記念写真を撮って、行動食を少しもしゃもしゃと食べて

とっとと下ることにしますた。



d0071563_19135923.jpg


さて、行こう! ここは寒い!!

ある程度行ったところでごはんにしよう!!



d0071563_19174342.jpg


いつもは下りが超遅い私ですが・・・

このときばかりは 走るように下ってしまいました。

下りやすい道だった、というのもあるんだけど。

いや、別にね、体はそんなに寒くはなかったのですよ。

ただ・・・ 手のかじかみ方が尋常じゃなかった(li゚Д゚)




自業自得ではあるんだけど、あったか手袋・・・必要だよなぁ。

今使ってるのは普通の防水ので、特別保温性に優れているというわけではないので・・・。

次までの課題です。




d0071563_1923463.jpg



木々の向こうに見えているのが山頂。おぉ、結構下ってきたなぁ。

下りは楽々~。

山頂からの下りで、3、4組くらいの登山客とすれ違いました。

みんな寒そう。

交わす言葉も、「寒いですね~!」ばっかり^^;

最後にすれ違ったオジサマは、お鼻がテカテカしていたよ。

おっと!私も鼻水でテカテカだったよ。





d0071563_19242275.jpg


樹林帯の中を歩くのは、ひたすらに安心するのう。

遠くに見えているオット、見えますか?

実は・・・ 山スカートをはいています!!

厳密に言うと山スカではないのだけど。

でも「あったかい!」とオットは大満足♪

最近ではいろんな服屋さんでダウンやフリースのラップスカートが出ていますねぇ。

ほんと、こういうのは普段の生活でも役立ちますもんね。






・・・さて!

行きで通過した1616mピークにて、お昼ごはんにします!!


d0071563_19275619.jpg


既にスタンバイされているモンベルのドリッパー。

今回も豆をミルでガリガリひいて、コーヒーを淹れます。



ガリガリという音が お山に響く~。



非常に落ち着く、良い音です。






オットがコーヒーを淹れている間に、私はごはんの準備。


d0071563_19351650.jpg


・味噌味のケイちゃん

・チンしたじゃがいも

・キャベツ

・コーン

・マルタイラーメン



以上の材料で簡単味噌ラーメン♪



d0071563_19391180.jpg


ぐつぐつ・・・ いいニオイ!!

お腹空いた~!!




d0071563_19393962.jpg


野菜にある程度火が通ったところで(といってもキャベツぐらいだけど)、

ラーメン投入~。

こないだ家でやったとき、「味付けはケイちゃんだけでもいいかも」なんて書いたけど

結局マルタイラーメンの粉末スープを一人分だけ入れました。

そうしたら・・・ バッチリ!うまっ。




それぞれのカップに取って、ガツガツ食べました。

うまーい あったかーい 最高♪♪

お腹いっぱい頂きました^^






ごはん休憩中、単独の男性が通りかかりまして

一緒に休憩しながら少しお話をしたのですが、

浜松から来たと言うと

「私は昔浜北に住んでましてね・・・」と。(今は別のところにお住まいだそう)

まぁー なんという偶然!

「実は私も浜北の出なんですよ~」とオット。

しばし地元の話で盛り上がっていたのでした^^





時々、山でこういう偶然があります。

以前仙丈ヶ岳に登ったときも、休憩中にお話をしたご夫婦は東京の方だったんだけど

「私、浜松だったら龍潭寺に行ったことがあるわ」

と奥様。

えぇ~!龍潭寺はうちのすぐ近くですよ~~!! って、お互いびっくり。

浜松でまさかいきなり龍潭寺の名前が出てくるとは思わなかった~。





さてさてっ。

しばしの世間話の後、単独のオジサマは先に下りてゆかれて・・・

私たちも、行きますか。




d0071563_2019161.jpg


ここから先も、特に難所のない下り。

でも、だからこそやけに長く感じたりもする・・・。




d0071563_20193987.jpg


でも登り同様、紅葉に目を奪われまして。

黄色もすごくキレイ。私のラッキーカラーだわ。




d0071563_20201260.jpg


あれ、あんな変な木、登りでは気付かなかった。

穴が開いてる。

魚の頭みたいね。もしくは恐竜の模型。

そんなことを考えながら、ずんずん下る・・・。




d0071563_20212267.jpg


一箇所だけ、「ぽっ」と火がついたような色。




d0071563_20214987.jpg


そして・・・ ここまで戻ってくれば、登山口はもうすぐそこだー。





d0071563_2022141.jpg


登山口に到着~っ。

またしても!ものすごい勢いでコースタイムをオーバー^^;

でも楽しかった~。





山頂からのクリアな景色は見られなかったけど

紅葉は満喫できたし、山ごはんは美味しかったし、大満足!!

所々で展望が開けていたし、歩きやすい道ばかりだし

大川入山、良いお山だなぁ・・・。




帰りは、こまどりの湯でひとっ風呂浴びて帰宅しました♪

ここのお湯、すごく好きです~。

つるっとぬるっとして。以前一度来てお気に入りに^^




行ってきたばかりですが次のお山も楽しみだわん。

今回も私の山レポにお付き合い頂きありがとうございましたっ!



d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2010-11-07 20:26 | 山登り
大川入山 その2。 ~山頂だよ~
こんばんは~、嫁っこです。

11月2日の大川入山レポの続きですっ。




前回は最初のピーク、横岳に着いたところで終わっていましたね。

(全然進まないレポですみません^^;)



d0071563_20455981.jpg


可愛いチビっこの木の横を通り過ぎ・・・

ずんずん進みますよ。




d0071563_2047073.jpg


穏やかな道を行きます。

おー、この辺はもう枯れておるなぁ。



なんて思っていると。


d0071563_20473415.jpg


おぉ、またしても!

美しい紅葉が所々で見られて、テンションが上がってしまう私たち。




紅葉の前で・・・


d0071563_20482718.jpg


飛ぶ!



はっはっはー。

楽しそうだなぁ、オット。



d0071563_20492291.jpg


道の脇にはリンドウさんがいたり。

閉じちゃってるけど・・・ まぁなんと可愛らしいのだろう。




そしてそして。

d0071563_2321028.jpg


ここが1616mのピークなのね。




d0071563_2334980.jpg


おぉ~ ここもなかなか素晴らしい眺め♪

この山は所々で展望が開けるから、全然飽きないな~。




さてさて、先に進もうか・・・。

d0071563_238461.jpg


オット撮影。

※設定の関係で、紅葉が不思議な色になっていますがあしからず。

先に見えているのが大川入山。

うむ・・・ まだまだ、遠い・・・ように見える。

なぜこんなに遠いかというと、

それは・・・

私が鈍足だからです・・・(´д`;)



あはは・・・ まぁ、いいか・・・。





d0071563_23153750.jpg


あっ、可愛い葉っぱ。

オットが発見しました^^ ハートです!

可愛くってちょっと元気出た~。





d0071563_2316491.jpg


途中、アップダウンを繰り返し・・・

最後に大きく下って、




d0071563_23191370.jpg


そして登る!!





その後・・・


d0071563_23202017.jpg


樹林帯を抜け、山頂へ続く稜線に出ました~!!




d0071563_2321940.jpg


この辺りは、


「錦秋ですのぅ~(´▽`)」


と言いながら歩いた私たち。。。



いやぁ、深まる秋、ですよ。

気温は平地で言うところの冬だけど。




d0071563_23232293.jpg


ザ・熊笹♪



d0071563_23262572.jpg


広々、すごく気持ちの良い稜線歩きです!

でも・・・ さすがに風強いっ。




しかも、この手前から・・・

ガスがどんどん出てきまして;

気付けば山頂付近が真っ白に・・・!




d0071563_2325087.jpg


単独の男性に抜かれた・・・。

(前の方を歩いてるちっさい人影がそうです)

あぁ、もうあんなところまで行かれてしもうた。

まぁ私の場合、よっぽどのことがない限り抜くことはないでっす。

自慢じゃないけど。




d0071563_23265442.jpg


可愛い真っ赤な実♪

これ何だったかなー・・・ と思って調べてみたら、どうやらツルリンドウらしいです。

あらあら、こんな実だったかしら。




d0071563_23275257.jpg


そしてこの辺りに来ると・・・ 霜柱が大量出現!!

どおりで寒いと思ったよ・・・。

でも、不思議と体はそんなに寒くない(着込んでるからね)。

寒いのは・・・ 手だ! かじかむ~。




d0071563_23284972.jpg


山頂のすぐ手前。

そういえばどこかのブログで、「山頂手前に大きな枯木がある」

って書いてあったなぁ・・・。

これかな? と、通り過ぎてから気付く私^^;




本当にその通りで、

この後すぐ・・・




d0071563_23295647.jpg


大川入山 登頂~~~♪



d0071563_23302423.jpg


こういう案内板があると、個人的にはとっても嬉しい。

こういうのがないと、山座同定にまったく自信がないもので。

でも、肝心の展望は・・・




d0071563_23312775.jpg


あっ、見える?

・・・ あ、いや、見えないよ・・・


またしても、ガースーです。



まぁ、いいのさ。途中で良い景色をたくさん見られたから。




それにしても・・・ すごい風!

天狗岳の時に比べたらたいしたことないけど、でもすごい風だっ。


d0071563_2332416.jpg


ビョオオオオオォ~・・・



オットが、「寒い!寒い!」と騒ぎ、慌ててザックから防寒具を出していたなぁ。



本当は山頂でラーメン作って食べよう、って言ってたけど

この様子ではちょっと厳しいな・・・ということで、



d0071563_23375323.jpg


おつとめ品のソイジョイ(笑)などの行動食で少しお腹を落ち着かせることに。

むぅ・・・ 思ってたよりかたい食べ物なんだね、コレって。

でも美味しかった。




・・・さて、これから頑張って下る!!




・・・・・・でも長くなるので次に続きます!!^^;

次は下り&山ごはん編でござい~。



d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2010-11-05 20:53 | 山登り
大川入山 その1。 ~紅葉~
こんにちは、嫁っこです。

さてさて・・・ 11月2日(火)に行ってきた、

大川入山のレポをちまちま書いていきたいと思います^^



【大川入山(おおかわいりやま)】 標高1,907.7m ※信州百名山

中央アルプスの南端。

長野県阿智村と平谷村の境にあります。




私たちが登ったのは、「冶部坂峠の登山口 ~ 横岳 ~ 大川入山」を往復する

冶部坂峠コース。

緑の☆のあたりが登山口、オレンジの☆が山頂です。

※登山口はもうちょっと西かな・・・ 大ざっぱでスミマセン。

標高差は約670m、距離は往復で約10.6km。



実はここ、オットがお店のお客様から教えて頂いたお山でして。

「いい山だから一度行ってみて」 と^^

今回は紅葉もなかなか期待できそうだし、

天気は少し心配だけど、頑張って行ってみよー ということになりました。




浜松市北区の自宅からは、車で約2時間。

朝4時過ぎに出発して、オットの運転で(またしても)スッテケテーと行きます。




d0071563_13584763.jpg

今日の天気は、曇りの予報。

確かに・・・ 道中、ガースー。

そして私は相変わらず、助手席で爆睡・・・。



でもだんだんと、



d0071563_1401833.jpg


明るくなってきて・・・ あれ、雲が晴れた!?



d0071563_1404566.jpg


6時過ぎ、平谷村の道の駅に着いた頃には、朝日が射してきました。

あらら~ 山肌の紅葉が日に照らされて、キレイではないですか♪

これはお天気少し期待できるかも??

ちなみにこの時の気温、1℃。

・・・さぶい。




d0071563_142794.jpg


冶部坂峠を越え・・・

冶部坂高原スキー場近くに、「こまくさ」のピンク色の看板があるので、そこを左に曲がり・・・

駐車場に到着!!

ここに車を停めて、レッツラゴー。



d0071563_1482882.jpg


駐車場の隅に登山道の入り口があります。

キーンと冷えた空気。息は真っ白。鼻息も真っ白。ムフー。

オットはベストも着込んで出発です!

このとき、朝7時。




d0071563_1495439.jpg


ほんの少しだけ歩いて・・・



d0071563_14101368.jpg


ここが登山口。

テケテケ歩きながら、ひとまずは横岳を目指そう~。



d0071563_1411938.jpg


やわらかな朝日の中、歩いていきます。

静かだなぁ・・・。

一応車は、私たちの他に3台停まってたけど、登山者の車かな?




d0071563_14182118.jpg


日が出てきて、どんどん明るくなってきた!

そして数分歩き、沢にかかる橋を越えた後・・・




d0071563_14193116.jpg


急登の尾根道に出ました。

あちこち根っこが張り出した道。

でも思いのほか歩きづらいことはなく、疲れもあまりなかった。




そうそう、この辺りはイワウチワの群生地だそうで・・・

d0071563_14213965.jpg


この葉っぱかな?(違ってたらゴメンナサイー)

イワウチワは、今年の5月に中央アルプスの越百山ではじめて見て

すっごく可愛かったな~♪

ここは、いい時期にくれば楽しいだろうな。

山のお花は、小さくて可愛らしくて大好きです。





・・・と、そんなことをつらつら思いながら、更に進んでいくと・・・






ややっ



d0071563_14234146.jpg


キレイに色づいた木々が姿を現しはじめました・・・!




d0071563_14243976.jpg


わー、すごい・・・ 見事な美しさ!!




d0071563_142510100.jpg


朝日に透けて・・・




d0071563_14253699.jpg


落ち葉も輝いて・・・




d0071563_14255825.jpg


赤も、黄色も キレイ。




d0071563_1446347.jpg


足元も、あまりにキレイで踏む場所に困るくらい。(オット:談)




d0071563_1427011.jpg


はしゃぎすぎてなかなか先に進めない、私たち二人連れ。

ヒャアヒャア言いながら写真を撮り撮り。

今回も、コースタイム大幅オーバーは必至!!




d0071563_14281630.jpg


でもきっとそのぐらいの価値はある。

せっかく来たんだから、のんびりゆっくり楽しもうではないか・・・。

時間には余裕があるのだからね。




d0071563_1429072.jpg


どこを見ても色鮮やかで、頭の中がぐるぐるする。




d0071563_14293583.jpg


山肌も、所々ではあるけれど、ハッキリした色が見えて

このぽちぽちと紅葉した感じ、なかなか良いではないですか。




d0071563_14302427.jpg


写真を撮っていたらキリがない・・・

そろそろカメラをしまおうか、と思っても、またすぐ取り出してしまう私。




d0071563_1431563.jpg


基本的にはじめの急登を過ぎれば、わりと緩やかな道だったけど・・・

また少し登ったり。




そうこうしているうちに、




d0071563_1432128.jpg


私たちが目指す、大川入山が見えてきた!!

うーん、まだまだ遠いね・・・。

でも、こんな小さな人間の足でも、トコトコ歩いて・・・

あんなところまで行ける、というのがすごいなぁといつも思ってしまう。

さぁ、頑張って行くよ。




d0071563_14334881.jpg


わー、開けたところに出ましたー!!




d0071563_14463394.jpg


あの辺が中央アルプスかなっ?

南駒・空木岳・木曽駒あたり??

もう上の方は真っ白^^キレイだ~。

来年は・・・ 空木岳も登ってみたいな~。



d0071563_14483457.jpg


オット撮影。

あの辺りが南アルプス?

聖・・・赤石・・・ うーん、違ってるかも。

いいなぁ、赤石岳も登ってみたいな。

憧れの山が多すぎて。これは何年経っても楽しめそうー。




d0071563_14514797.jpg


山の重なりがとてもキレイ・・・。

あぁ、紅葉の次は眺望に目を奪われて、また足が止まってしまった(笑)




d0071563_14538100.jpg


このあたりまで来ると、やたらと暑くなってきた・・・。

私の山ズボンは、ひざ下で切り離し出来るタイプなので

ハーフパンツにして、その上にラップスカートで歩くことに。




さぁ、行こう。

横岳ピークはもうすぐだー。



d0071563_14583033.jpg


そして・・・ ここが最初のピーク、横岳。1,574m。

ここは展望がないので、休憩はせず先に進むことに。

次は1616ピークだ~。




・・・と、長くなってしまったので、続きは次回へ続きます!

もしよろしければまたお付き合い下さい♪



d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2010-11-04 11:36 | 山登り
大川入山行ってきました。
こんばんは、嫁っこです。


d0071563_20181188.jpg

長野県阿智村の大川入山に行ってきたよ。 by おかか先生




いや~行ってきました。ケガも事故もなく、無事に。

お天気が心配だったけど・・・



d0071563_20193857.jpg


紅葉も美しく・・・



d0071563_20203456.jpg


雨にも降られることなく、わりと穏やかな(稜線以外は)山登りになりました・・・!!




ひゃっほー。




オットが撮った写真のデータをまだPCに移してないので

それをして・・・

明日辺り、山レポをちまちまと書いていこうかなと思います♪



またよろしければ、お付き合い下さいませ^^




d0071563_19554234.gif





[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2010-11-03 20:22 | 山登り
山の準備中。
d0071563_21525847.jpg

こんばんは、嫁っこです。

浜松は、風は強かったけど良い天気になりました!

(写真は浜名湖)




さぁ明日は山だ。

長野県阿智村の大川入山に登ります。

しっかし…

天気が微妙のようで。

曇りで、風が相当強いらしい。

今年はどうもよくないなぁ…(^_^;)



明日は午前3時起き。

頑張って行ってきまーす!
[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2010-11-01 21:52 | 日常
| ページトップ |