Top

山好きなへっぽこ歳の差夫婦が通りますよ。(ただいまお山に行くペースが著しく低下中)
by mumaro_2
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
日々のことやお山のことをぼんやりと書いております。



へっぽこ山登りの記録

■南アルプス
 ・鳳凰三山
 ・烏帽子岳・小河内岳
 ・仙丈ヶ岳
 ・尾高山
 ・日向山
■中央アルプス
 ・木曽駒ヶ岳
 ・越百山(7合目まで)
■八ヶ岳
 ・天狗岳
 ・編笠山・権現岳
 ・北横岳
 ・麦草峠~白駒池
 ・北八ヶ岳(麦草峠~坪庭~雨池)
 ・車山(夏期)
 ・車山(冬期)
 ・坪庭(冬期)
 ・美ヶ原
■奥秩父
 ・瑞牆山
 ・金峰山
 ・大菩薩嶺
■南信州
 ・大川入山
 ・南沢山(冬期)
 ・蛇峠山(無雪期)
 ・蛇峠山(冬期)
■静岡の山
 ・八紘嶺
 ・秋葉山
 ・蕎麦粒山
 ・竜ヶ石山
 ・尉ヶ峰
 ・枯山
 ・越前岳
 ・獅子ヶ鼻トレッキングコース
■愛知の山
 ・岩古谷山
 ・明神山
 ・乳岩峡
 ・鳳来寺山
 ・石巻山
 ・獅子岩
■関西の山
 ・御在所岳
 ・国見岳
 ・鎌ヶ岳
 ・霊仙山
 ・倶留尊山・曽爾高原
■丹沢
 ・鍋割山

≪山ごはん・外ごはん≫



お気に入りリンク

a journey
酔っ払ライダーのブログ
KEN’S NEWS Iターン梨農家の日々
浜松のんびりブログ
のらりくらりと。
light * airy
気ままにのんびり
ぱんだ屋の朝焼け!夕焼け!パンを焼け!
Colors of the Wind
つくねは「たれ」、こころは「しお」


フォロー中のブログ
マルコの気ままな日記
日菓のあれこれ
ピラタスの丘ペンション村ブログ
かぎしっぽ通り
SCRAPBOOK*|エ...
Animal Skin ...
山日和 -今日も いぃ天気-
sousouka
ファブリック帯目線なキモ...
山へ行こうよ クマと一緒に!
山おんなBiyori
inondo 山梨県富士...
お山歩日記
女一人放浪の旅からハ-フ...
light*airy
ひねもすのたり。
カテゴリ
日常
山登り
アウトドア
お出掛け
星撮り
美味しいもの
レシピのような
山道具
移住のはなし
検索
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
more...
その他のジャンル
タグ
(16)
記事ランキング
ブログパーツ
ブログジャンル
ライフログ
"WD-Lazycat1" Skin by
Animal Skin
【南アルプス】鳳凰三山 2012年9月4~6日(テント2泊) 【3】 朝焼けの薬師岳


鳳凰三山レポ、その3です。


【その1】はこちら

【その2】はこちら


南御室小屋のテン場にて、一日目の夜を過ごした我ら。

二日目は鳳凰三山をぐるりと周り、また南御室小屋に戻ってもう一泊する予定。

ということで、テントは張りっぱなしで出かけます。


**************************************


さて、山の朝といえばご来光。

薬師岳の手前まで行けば樹林帯を抜けるので、ぱっと視界が開けるとのこと。

そこまで、コースタイムで1時間半弱。

朝のぼやぼやした体で、真っ暗な樹林帯を歩くのに少々不安を感じた私は

早めの行動を心がけようと思いましてね・・・

(うっかり途中の樹林帯で日が出てしまうと悲しいしね)


d0071563_18225100.jpg

午前3時頃起床。

朝ごはんで火を使うと何かと面倒なので、

ザックにつめてきた瀕死のロールパン(マーガリン入り)をもさもさ食べる・・・。

そして、3時半過ぎ、かる~くしたザックで、いざ出動。


**************************************


ヘッデンの灯りだけを頼りに、薬師岳を目指す。

事前に他の方のブログなどで下調べしたところ、小屋の裏から早速急登が続く、と。

・・・確かに!

でも、あとから気付いたのだけど・・・

私たちが歩いた、その急登ルートとは別に

「無雪期ルート」と書かれたルートを発見(´ε`;)

※といっても、ほんの数メートルのことだしね・・・

危険箇所というわけでもなかったし。(結果オーライ



真っ暗で怖くて心細いのを除けば、樹林帯の中は歩きやすいルート。

寝起きの体も思いの外しっかり動いてくれて、コースタイムよりやや早めに

森林限界を越えた・・・・・・・



その先には。


d0071563_1822135.jpg

わ・・・・・!!!

夜から朝へのグラデーション。

何度見ても本当に美しくて、騒いだりはしないけど、

心の中では小さい私が一生懸命ワッショイワッショイする瞬間。


d0071563_18221976.jpg

「樹林帯を抜けると いっぺんに世界が変わる」

そう書いていた人がいたけど、まさに そうだ。

ここは、砂払岳。

辺りはまだ真っ暗で写真に写せるほどではなかったけど、

花崗岩の白い砂地が一面に広がっていて、まるで砂浜のよう。


d0071563_18222616.jpg

早く!早く山頂へ行こう!

気ばかり焦るけど、落ち着いて・・・

まだ静まり返っている薬師小屋の前を通過し、山頂を目指します。


d0071563_18223155.jpg

砂払岳からも見えていたけど、薬師岳山頂手前で改めて富士山とご対面。

綺麗に見えてる。今日も、良い一日になりそう。


そして
d0071563_18224183.jpg


d0071563_18223771.jpg

朝5時の薬師岳山頂。

静寂の世界・・・・・・

みんなも早くおいでよ。

今日がもうはじまるよ。


d0071563_1822445.jpg

山頂の先の岩場から朝日を眺めてみる・・・

が、この場所からだと

富士山がちょうど大きな岩に隠れてしまい、見えなくなってしまう(´;ω;`)

というわけで、山頂から少し下ったところまで戻ってみる。


d0071563_18224871.jpg

少しずつ、大きくなっていく赤い灯。

おはよう世界。


d0071563_18225492.jpg


d0071563_18225776.jpg

稜線に出て、すっかり冷えてしまった体が

少しずつだけど、温もっていくよ。

太陽の灯は、本当にありがたいね。

そんなことを改めて感じる、山の朝。


d0071563_1823127.jpg

間近に見える白峰三山も、朝日を受けて。


d0071563_1823419.jpg

そして富士山。

会えてよかった、このふわふわの雲海を泳いで、向こう側まで行けそうだよ。


d0071563_182388.jpg

ご来光を無事に拝み、再び薬師岳山頂へ。

少しずつ、人が増えてきたね。

あそこで佇んでいる人は、夜叉神からの登りで二度会い、

その後南御室小屋でも会ったおじさま。

結局この後も地蔵岳の辺りで会い、最終日にもまた二度すれ違ったという。

よっぽど縁のある方だったんだなぁ(^^ゞ

(でもたまにそういう人いるよね。一回の山行で何度も会う人。)




薬師岳から先の稜線では、ずっと白峰三山がすぐ近くに。
d0071563_18231293.jpg

北岳。日本NO.2のお山。

北岳もお花の種類が豊富だと言いますよね。


d0071563_20205547.jpg

そのお隣、間ノ岳。


d0071563_2021225.jpg

そして農鳥岳。

いつか、この三座を縦走してみたいな・・・

8kmほども続くという、高度3,000mの稜線をつらつら歩いてみたい。



それはそうと。

農鳥岳って、あんなおぼっちゃま君の頭みたいになってたっけ(@_@)



d0071563_22541490.jpg

そして反対側には八ヶ岳の姿も。

いいねぇ、またあちらにも行きたいね。(先月行ったばかりだけどさ



d0071563_22525196.jpg

さぁ、視点を これからゆく先へと戻します。

薬師岳を出発し、次に目指すは観音岳。


d0071563_22532818.jpg

テン場で一緒だった、某大学登山部のみなさん。

北岳まで行くと言っていたっけ・・・ どうかお気を付けて!



d0071563_22545668.jpg

ではでは、次回へ続きます。

おやすみなさい☆彡






【  主にオットが書く 身麻呂 in はまぞうブログ(浜松・静岡情報サイト) は コチラ~】






[PR]
Top▲ | by mumaro_2 | 2012-09-13 22:55 | 山登り
<< 【南アルプス】鳳凰三山 201... | ページトップ | 【南アルプス】鳳凰三山 201... >>